RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.03
18
渡良瀬遊水地は、栃木・群馬・埼玉・茨城の四県にまたがっています。
この地を訪れれば「一気に四県をサイクリングしたことになるのではないか!また地元千葉とCR経由で帰れば東京も含め、一都五県を制覇できる」というお買い得感ありありライドにでかけました。

我が家から最短距離で利根川CRに入り北上して渡良瀬遊水地まで行き、帰りは江戸川CRで戻るという計画を立てました。
しかし、江戸川CRが現在工事中ということで迂回させられる箇所があるという情報を入手し、ちょっと足を伸ばして荒川CR経由で戻ることにします。
とにもかくにもロングライドなので、早朝4時過ぎに家を出ます。

天気予報では、日中は暖かくなるということでしたが、さすがにこの時刻では寒いです。
真冬装備で出て正解でした。日が昇って気温が上がってきたらウインドブレーカーで調節することにします。

真っ暗な街を蘇我に向け走り出します。
まだ始発が動いていないので、新聞配達のバイクくらいにしか遭いません。ぼんやり光る大きな月のもと、ひとりペダルを漕いでゆきます。
蘇我から青葉の森公園方面に右折。ひとつめのトンネルは自転車通行禁止なのでちょっと登って降りてトンネル越え、ふたつめのトンネルは歩道を通ります。

国道125号、国道51号を通過。ずっとまっすぐ進みます。
ここまでの道はとにかく信号が多くて、先に進めません。アベレージスピードも低く距離の感覚と時間がマッチングしません。

それと今回、GARMIN EDGE500に給電システムを導入しました。
EDGE500は、300kmほどでバッテリーがなくなります。その際充電しなおさなければならないのですが、普通のケーブルで充電するとそれまでのデーターがその時点までで保存されてしまいます。
つまり充電したところから、新しいデーターとして新たに計測が始まるのです。同じ日に走ったデーターが分割してしまうということです。分割してもなんら問題はないのですが、なんとなくすっきりしません。
また、充電しなおす時は自転車に乗れません。昼食時などの長い休憩時間に充電すれば問題ないのですが、なかなかタイミングが合わなかったりしてわずらわしいかったりします。

データーが保存されずに給電だけ出来るケーブルというのもが売られています。そのケーブルを使えば走りながら充電でき、データーもひとつにまとまります。
普通のケーブルを自分で改造して給電だけできるケーブルに改造する方も多いようですが、「不器用な男」代表のような私には到底無理な相談。
100円ショップでケーブルが売っている時代に、一本2千円という高価な品物でありますがポチッとしてしまいました。

出発して1時間くらいは、なんら問題なく働いていた給電システム。しかし途中でピーという音とともに「電源が抜けたよ」みたいな(英語が不案内)メッセージがでます。
「おかしいな?ケーブルが抜けたか?」と確認するも異常なしです。改めて給電状態にして走りだし、5分くらい走るとまたピー。

なんなんだろう??
不具合か???

そのたびにケーブルを引っこ抜いたり入れたりなんかしていて、これもまた時間がロスする原因でした。
もうあんまりピーピーいうので、ケーブルは外しちゃいます。

国道296号と交差して左折。勝田台入口交差点を右折して直進、県道4号に入ります。

川霧に浮かぶ日の出
140317a.jpg


しばらく進むと利根川にでます。
時刻は6時半。すでに渋滞している栄橋を渡って、茨城県へ。

140317b.jpg


ここから利根川CR。茨城側を走るのは初めてです。

140317c.jpg


CRは車が来なくて平和ですが、単調で個人的には苦手です。
利根川CR,茨城側は砂利道もなく走りやすいです。

と思っていたら、分かれ道に出ちゃいました。
ちょうど犬を散歩させていた方に、道を聞くと細道の方がそうだということでした。

こんな細道もCR
140317d.jpg


で、その先は未舗装・・・
140317e.jpg


200mくらいでしょうか。また舗装路の戻りました。
その後もまっすぐと続く道です。通る自転車も人もなく前も後ろも誰もいない状態が続きます。

利根川は鬼怒川と分岐して、CRも終了です。
千葉県側を行けばもっと行けたのかなあ?

ここで終点
140317f.jpg


ここからちょっと住宅街をぬけて、県道58号に入ります。
CRに飽きていたので、ちょうど良かったです。

県道58号から県道252号に入り、国道354号を左折します。
ここはトラック街道。後ろにプレッシャーを感じながらキコキコ行きます。

関宿城が見えた
140317g.jpg


ここからまたCRに復帰します。
トラックに追われながら走るのは、精神的に疲れます。CRにこころ洗われます。が、これも長いと飽きちゃうんです。やっぱり南房総の田舎道って自転車天国だなあとひとりごち。

渡良瀬川に入っていました。古河坂東自転車道。
140317h.jpg


川は良く見えないのですが、藪の中や枯れた湿地?みたいな所を走って行きます。
もう着いてもいいんじゃないか?とGPS地図で確認するともう渡良瀬遊水地の脇でした。

ハートの形の谷中湖
140317i.jpg


なぜか水がなかったです
140317j.jpg


写真ではわかりずらいですが、看板には栃木県の文字が
140317k.jpg


向かいの県道9号沿いは群馬県
140317l.jpg


この看板の道路の反対側は栃木県
140317m.jpg


100mくらい先の「道の駅きたかわべ」は埼玉県
140317n.jpg


さて、ここから荒川へ向かいます。
県道46号を行きます。
なんとなくお腹が空いたので、どこかお昼を食べるところはないかと探しながら走りますが、お店があまりないです。
東武伊勢崎線・加須駅があったので駅前なら何かあるだろうといってみても空振り。
県道38号を走っていて「もうコンビニでもいいか。でもコンビニもないし」と思っていたときにお蕎麦屋さんを発見します。

そば万
140317o.jpg


カツ重そば
140317p.jpg


がっつり食べて勇気100倍です。

昼食中、EDGE500を充電します。
エラーなく順調に充電できています。やっぱりどこか接触がわるいのかな?などと考えながらもひとつの仮説を思い浮かべました。

「もしかして、充電が100%完了すると電源が切れるということで警告音が鳴るのかな?」
普通のケーブルで充電しても、100%充電が完了すると勝手に電源が落ちるようになっています。
「もしそうだとすれば、給電しながら走っていて、警告音がなったときに充電100%だったらその可能性がある」

ここからはまた給電しながら走ってみました。
で、小一時間でまたピーっと鳴りました。さっそく充電が何%か見てみると「100%」。
「そうか、そうだったのか」

っていうか、これってそういう仕様で、とっくに皆さんご存知のことだったのでしょうか?
まあとにかく、スタート時は普通に使って充電が乏しくなってきたら給電を始めるということで問題ないようです。

さて県道27号に入って、荒川を越えて荒川CRへ。

さくら堤公園辺りから入ります
140317q.jpg


菜の花も咲いていました
140317r.jpg


この日は向かい風なことが多かったのですが、荒川CRに入った途端強めの向かい風です。
天気予報では、行きも帰りも向かい風っぽかったのですが、こんなに強いとは。
しかし、前に進まなければいつまでも我が家にたどり着かないので、地道に進むしかないのです。

ホンダエアポート
140317s.jpg


さすがに荒川CRは自転車乗りのメッカですね。
すれ違う自転車も多いし、ローディーの方に2台抜かされました。
向かい風でヘロヘロの私にはついてゆくこともでません。また、羽根蔵橋で重いギアでガンガン漕いでいるクロスバイクのお兄さんにもぶち抜かれて置いていかれました。

戸田橋付近で東京都に入ります。
これで一都五県制覇です。

工事中で迂回があるということで江戸川CRをさけ荒川CRにやってきたわけですが、こちらも途中迂回する場面がありました。
また、荒川CRは土手と河川敷の上下二本道が場合があるのですが、どちらを走ればいいのか良くわかりません。

景色がいいので土手を走っていればいきなり行き止まりになるし、河川敷を走っていると砂利道になって土手に階段で上がらされたりと。
慣れている人は器用に上がったり下がったりするのでしょうが、初めて走る身にはなんとも難解であります。

CRのいけないところは、補給が思うようにいかないということもあります。
すっかりボトルは空だけど、自販機ひとつないという状況は真夏なら生死にかかわります。
土手の上を走りながら、自販機ないかなとキョロキョロしますが、あっても土手から降りられません。
運よく土手の出口に近い場所に自販機を見つけて、赤コーラを一気飲みしました。

荒川と隅田川の分岐 岩淵水門辺り
140317t.jpg


右に墨田川、左に荒川。その真ん中を走ります。

扇大橋辺りで土手も通行止め、河川敷も工事で砂利道という場所に遭遇してしまいます。
川脇の一般道路を走るしかないのですが、道幅が狭くて怖いです。
次の橋で対岸側に出て、CRへ入ります。

東京スカイツリー
140317u.jpg


しかし風が強いです。
辛抱ならんということで、堀切橋から一般道に入ります。
川沿いでない分、風も少し弱い感じです。

平和通りから奥戸街道、蔵前橋通りで市川橋を渡って千葉県に入ります。

ただいま千葉県
140317v.jpg


国道14号でららぽーとまで行き、船橋港で日が沈みます
140317w.jpg


幕張新都心を抜けて、千葉からは国道357号の一本裏道を通って19時半頃帰宅しました。

本日の走行は、257kmでした。

一都五県制覇というネタ的な興味本位で走ってきましたが、風と距離でヘロヘロライドでした。

半分以上CRを行きました。
CRは車が来なくて安全でアップダウンもないですが、デメリットもあります。
吹きっさらしなので風が強いことや補給しにくさ、一本道なので単調で飽きることなどです。整備が中途半端で迂回路がわかりづらい、どこかで工事しているということもあります。
やっぱり自分はCR苦手だなあと感じたのでした。




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

相変わらずの距離変態ぶりですね!お疲れ様です( ̄▽ ̄)
昔、加須に近い幸手というところに住んでいて、加須はうどんが有名らしくて食べに行ったことがありました。今度いった時には、お試しあれ♪

おかえりなさい〜
バックを増設したのはこのためだったんですね。県をまとめて制覇でお得感!走ると大変なので、読んで満足しました^^;
いつも思いますが、快適に走りたいのでCRはまっすぐ整備して欲しいですね。維持大変だとは思いますが…

No title

一都五県制覇ライド、お疲れ様でした。
しかし、何とも楽しそうな企画をよく考えますね。しかも全部自走とは恐れ入りました。
自分だったら野田とか柏辺りまで輪行して一都五県を巡るだろうな、なんて思いながら読ませていただきました。(^_^;)
ガーミンは給電するたびにデータが分割されてしまう面倒な仕様があるんですか。電池を使いきるほどの長時間走ったことがないので知りませんでした。
ところで、その走りながらの給電の電源はどうしたんですか?

お疲れさまでした

冒険王 ぐりさま

またまた想像できないライドでビックリですねぇ~。

荒川CRは、去年走ったので、
懐かしかったです。

それにしても、
凄い、凄すぎ...。

No title

にしやんさん、こんにちは。
加須ってうどんが名物なんですか!!加須駅近くにうどん屋さんがあったのですが、ちょっと入りづらい店構えだったのでスルーしてしまいました>_<今度行く機会があったら...ってないかも?

ひろさん、こんにちは。
バック増設はツールボトルのギューギュー具合に不安を感じた事と、やっぱり圧倒的な収納力の差ですかね。やっぱりビッグサドルバッグは便利です^ ^

nobsun3さん、こんにちは。
渡良瀬遊水池まで100km程度なので帰り輪行なら普通のサイクリングです^ ^電源はよくスマホなんかの予備バッテリーでUSBで給電出来るものです。

kuroさん、こんにちは。
CRメインでアップダウンがないコースなので難易度は低いです^^;
もっとCRが整備されていれば言うことなしなんですが^^;

No title

凄い!の一言ですね!
この距離を難なく走破してしまうなんて、私には不可能です〜
ガーミンも毎回充電する必要ないくらいですから•••^_^;
近場は行き尽くして、今年のぐりさんは何処へ向かうのでしょうか(笑)

pentaさん、こんにちは。
難ありライドでしたよ^^;命からがら帰ってきました。
今更ながら、南房総の自転車天国具合を思い知ったところです^ ^

一日で一都五県、なんだかお得感満載ですね~!

ところで一日最高で、何都府県くらい走覇できるもんでしょうね?

谷中湖スタートだったら、関東一都六県+αも軽々行けるかな?
なんか挑戦してみたくなりません??

悪魔の囁き… 笑)

No title

ぶっちょさん、こんばんは。
どのくらい回れるのでしょうね??そのミッション、ぶっちょさんに託しましょう^^