RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.01
25
Category : 自転車雑談
「じこまん2」 玉井雪雄 著 読みました。

140125.jpg

いわゆる自転車あるあるマンガです。

じこまん1を読んだとき、衝撃的におもしろくて「うん、あるある」と大きくうなずいた印象が強く残っていました。
その後、同じ作者で「自転車脳の人々」というムック本を立ち読みしたとき、なんだかつまらなくてもうネタ切れかと確信。(実はこの本、最初のマンガ以外はアシスタントの作だったらしいけど)
なので、じこまんの2巻が出ても、買う気はなかったのです。映画とかでもよくある続編がつまらないってやつだと。
が、ネットでの評判がすこぶる良いので気になって読んでみました。

で、私の感想。
たぶん「じこまん1」と同じくらいのクオリティーだと思うのです。
しかし、「じこまん1」を読んだ時の衝撃が大きかっただけに、本書は期待値が上がってしまったのかもしれません。

じこまん1が「あるある!!そうだよなあ~~」だとすると、じこまん2は「ああ、あるよね」といった具合ですね。
おもしろいとは思いますが、熱がないというか。
じこまん1は作者自身が初心者のときのエピソードが多かったのに対し、2ではある程度乗ってからの経験談が多いのかな。つまり、自転車に対する熱が初心者の時と比べて低い・・・というと語弊がありますね。冷静といったほうがいいか。

まあ、自分自身が自転車に対して初心者の頃より冷静というか落ち着いたので、そういう意味では「わかるわ~」なんですけどね。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

ぐりさま

私も読みましたよ。
感想としては、ぐりさんに同感です。
でも、「絵」が好きですね。
思わず、電車の中で噴き出しそうになりました。
で、今読んでいるのをご紹介すると…
「LONG RIDERS VOL1.5 ロングライドはじめました」
ばんざいさんというフレーム・ビルダー(?)の
記事で再勉強中です。

kuroさん、こんにちは。
じこまんは確かに面白いですね。
頭の中で音楽がループするなど、皆そうなんだと妙に納得したり^ ^
ロングライダーズは2.0まで読みました。超長距離走る人の自転車管理や考え方は独特でなるほどと思いますね。

No title

じこまん2。自分も買って読みました。
やはり感想としてはぐりさんと同じ、1よりは面白さのレベルは下がりましたが、自分の体験と重なり「あるある!」という面白さは変わりませんね。やはり慣れたのでしょうか。
こういうのは自分だけじゃないんだ、というような変な安心感もあったりします。
しかし、あの景色のいい場所が自殺の名所というのはちょっとショックでした。行き難くなっちゃいます。(^_^;)

No title

nobsun3さん、こんばんは。
あの自殺の名所って、あそこですねよ・・・。そうなんですかね。夜は走りたくなくなりました^^;