RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.12
04
たぶん個人的に紅葉が見納めになりそうなので、先週も行ったけど大福山へ。
今回はぐらも一緒なので、車載で高滝湖にデポします。

高滝湖には、広大な無料駐車場があります
131202b.jpg
131202c.jpg


9時に出発。
寒いかもと思って、真冬装備で挑んだものの太陽が出てちょっと暖かな予感。

千葉県射撃場は登らずに、清澄養老ラインに出ます。
131202d.jpg


山はパッチワークのように色づいています。
131202e.jpg


清澄養老ラインは適度なアップダウンで、サイクリングするにはいいのか?
私はこのアップダウンがあまり好きでないので、いつもは県道173号で登りっぱなしで月出まで行って、そこから県道172号で清澄養老ラインに戻るルートをとっています。
どちらから行くのが楽なのか?そもそも楽な道を走ることが正しいのか??

とにかく、今回は清澄養老ラインで養老渓谷駅へ。
131202g.jpg


なんだか賑わっております。
普段は人っ子ひとりいない駅なんですけど。

私達が駅に入ってゆくと、輪行で来たらしき若者2人と年配者1名がおりました。
ぐらがおばさんパワーで若者2名に話しかけていました。

東京から輪行で来たという二人。
自転車は私と同じビアンキ・ニローネの同じ年式と思われます。カラーもチェレステ。もう一人はジオス。私たちと同じ組み合わせでした。
これから五井まで走って、そこから輪行して帰るそうです。
そんな話をしてる間に、もう一方の年配者ローディーはいなくなっていました。

私たちは、ここから大福山を登る予定ですが、その前に「酪」に寄らなければ。


131202f.jpg


養老渓谷にあるパン屋さんです。
しかし、月曜火曜休み。それって、私達の休日とまるかぶりです。なんですが、紅葉の季節だけ無休で営業してるはずなんです。

今回はどうなのか??
営業はしていました。しかし、開店が11時。ただいまの時刻が10時。
1時間も待ってられません・・・。
ということで、今回もパスとなってしまいました。

気を取り直して、大福山クライム。

前回は青い橋からだったので、今回は赤い橋から。
そしたら、こんなものが出来ていました。

アートハウスあそうばら
131202h.jpg


なんだか最近アートな市原市。

大福山の紅葉のトンネルを抜けながらクライムスタート
131202i.jpg


大福山は初め勾配がありますが、それを越えてしまえば緩くなってきます。

がんばるぐら
131202j.jpg


紅葉もきれい
131202k.jpg


日陰は色づきが悪いですが、紅葉もそろそろ見頃をすぎるかなっていう感じでした。

足つきなしでぐらも登頂成功
131202l.jpg


山頂に大判焼きの出店があるかと思ったのですが、小屋すらありませんでした。
先週は確かに小屋はあったのですが・・・。

山頂の東屋も賑わってます
131202m.jpg


大判焼き屋がないなら、こんなとこにゃ用はないとさっさと下山です。

椿の花も満開
131202n.jpg


尾根伝いに降るのです
131202o.jpg
131202p.jpg


イチョウが日に照らされて輝いていました
131202a.jpg


県道32号に出て、久留里を目指します
131202q.jpg


こちらもノンビリとした田舎道。紅葉をした山を見ながらのライドです。

久留里の町に近づくと、お目当ての最中が売っている宝月堂さんへ。
131202r.jpg


ゆず風味の白餡の久留里城最中
131202z9.jpg


久留里には新井白石の居宅跡がありました。
131202s.jpg


なんでも青年時代数年住んでいたらしいです。
ここにくる途中に「白石」さんというお宅があって、ぐらが「子孫かなあ?」とぼけていました。

久留里といえば、水の街。

久留里の大井戸
131202u.jpg
131202w.jpg


地元の人の話では(ここでも地元のおばちゃんと井戸談義)、あちこちに井戸はあるけど、それぞれに少しづつ水が違うらしいです。
じゃあ、水道代はかかりませんねと問うと、パイプで引いてる家と引いていない家があるらしいです。引いていない家は水道を使っているらしい。

なんて、久留里の街をうろついてなかなかお昼にありつけないんです。
今回は、久留里ではちょっと有名なカレーうどんを食べようと思っているわけですが。

そのお店が久留里庵
131202x.jpg


TOKYOの長瀬くんも食べたとか
131202y.jpg


まあ、立ち食いそばや的な佇まい
131202z.jpg


立ち食いではありませんが、テーブルもありません。
店内にぐるっとカウンターがあって、そこで食べるみたいな。

メニューはいろいろありますが、一押しはカレーうどんみたいなので注文してみます。

大盛りと普通盛り
131202z1.jpg


普通盛りは一般的な普通盛りよりも少ないかも。
うどんは袋麺をゆでていました。カレーは家庭的なカレーですね。おかあさんのカレー。嫌いじゃないです、このカレー。ってか好きなタイプのドロっとしたカレー。

いわゆるB級グルメ的なおいしさ。
今度はカツカレーライスを食べたいなあ。

さて、ここからは帰るんですけど、もう一軒寄りたい店があるそうで・・・。

広木堂
131202z2.jpg


三万石最中と久留里城巻物なるお菓子をちょっといただきました
131202z8.jpg


この最中も久留里城最中に負けづ劣らず美味しいです。
そして、巻物もなかなかのお味ですよ。

久留里駅にちょっと寄ってから
131202z3.jpg


久留里街道を帰ります。
馬来田から県道168号に入って、緩いアップダウンの山道へ。
県道168号は私のお気に入りの道です。

131202z4.jpg


乗馬倶楽部もあります
131202z6.jpg


お馬さん
131202z5.jpg


ここから高滝湖はもうすぐ
131202z7.jpg


本日の走行は、52.4kmでした。
暖かく風もなく自転車日和の一日でした。こんな日が続けばいいのですが。

ぐらの本日の一句

「ゆずの香と ひろがるもみじ 大福山」

私も一句

「イチョウ野に 黄金(きん)の粉雪 降り積もる」


131202z11.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

連続での大福山登頂、お疲れ様でした。
大福山辺りの紅葉も終わりのようですね。
それにしても紅葉狩りというより、お菓子狩りですね。バックパックがパンパンになったのではないですか。(^_^)
このカレーうどんは、ごくごく普通の家で作るカレーうどんみたいですね。お店の構えがとても庶民的な感じですが、知らないとちょっと入り難そうな雰囲気もするかな。(^_^;)

nobsun3さん、こんばんわ。
リュックパンパンはいつものことです^^;
このお蕎麦屋はB級グルメ的にそこそこ有名らしいのですが、全く家庭のカレーうどんでしたね。まあ、そこが良いのかな?

No title

こんにちは。

大福山、紅葉もいいし道も良さそうですね。
今度行ってみよう!

グルメ的な情報、いつも感心させられます。

これも参考にしよう、っと…。

No title

kuroさん、こんにちは。
大福山は紅葉の時期以外は閑散としているので、自転車に乗るにはいいですよ^^お店が少ないので早めの補給が必要ですが^^;