RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.09
20
23時30分に小田原をスタートして、真っ暗な海岸線をひたすら走ってきました。
夜が明けて、5時に石廊崎バス停に到着。
国道136号に向かって走ってゆきます。

あいあい岬
130917k.jpg130917l.jpg


もう日の出の時間ですが、崖に阻まれて太陽は見えません。

県道16号と国道136号の交差する信号で止まっていると、近所の人が「お早いですね~、今日はいい天気になりますよ」と声をかけてくれました。
お早いというか、夜から走ってるんですけど。

国道136号は「マーガレットライン」と名づけられています。そのキュートな響きとは裏腹に厳しい道が続いてゆきます。
東伊豆は細かいアップダウンの道でしたが、南伊豆は長い登りがあって長く下るパターンです。

妻良湾
130917m.jpg130917n.jpg


妻良湾を過ぎると、急な登りがはじまりました。
林間の道を登って登ってピークを越えると下って、また登り返します。これの繰り返しです。

130917p.jpg


私はこの道を初めて走っているので、これがどこまで続くのかわからなくて、先もまったくみえないから心が折れそうになりました。
ボトルも残り少ないので、自販機があったら補給したのですが、自販機すらありません。
「まだ登るのお~」と泣きそうになっていたところに、夕日丘休憩所があって命拾いしました。

波勝岬
130917o.jpg


夕日丘休憩所には自販機があったので、ボトルにドリンクを補充してしばし絶景を眺めながら赤コーラで一息いれます。

夕日丘休憩所を過ぎると、一気に下って山岳地帯は終了。
海沿いのすばらしい景色を鑑賞しながら、走ります。やっぱりアップダウンですが、峠のような登りはありません。

富士山が見えて感動です 富士山はこの後ずっと見え隠れしてくれました
130917q.jpg


沿道にこんな彫刻がちょこちょこ出てくるんですけど。この道路は「彫刻ライン」と名づけられています。
130917r.jpg


西伊豆は入り江に人が住んでいて、入り江と入り江を繋ぐ道は絶壁で人が住めない環境のようです。
大きい入り江には大きな街が、小さい入り江には小さな集落があるという感じです。

130917s.jpg130917t.jpg


堂ヶ島を過ぎると、トンネル多発地帯に突入します。
トンネルがあるということは、山がちな地形であって登ったり下ったりというわけです。

130917v.jpg


結構山深いんです
130917w.jpg


箱庭のような港 安良里港
130917u.jpg


トンネル地帯を抜けると恋人岬 8時
130917x.jpg


天気も景色も最高です。
走っていると、富士山がどーんと見えます。

130917z.jpg130917z2.jpg


いい景色を目にする度に、止まって写真なんか撮っていると全然進まないんですけど・・・。

土肥の町に入って、国道136号から県道17号へ入ります。
土肥をすぎるとコンビニがないので、ここで補給しておきます。

そういえば、3時に河津のコンビニでカップ天ぷらそばを食べて以来、ちょこちょこブラックサンダーをつまんだくらいしか食べていませんでした。

セブンイレブン 伊豆市土肥店にて、富士宮やきそば ぬか漬3点盛り グリーンダカラ500ml ブラックサンダー 8時30分
ちょっとゆっくり休憩します。
実は太腿の筋肉が張っていました。ペダルを漕ぐ度にそれを感じていました。

でも、ここで休憩した後、回復。
腿の違和感もなく県道17号へ。

県道に入ってすぐに旅人岬。
130917z5.jpg130917z3.jpg


伊豆は岬だらけ也。
走り出して、しばらく進むとさっきいた旅人岬がもう眼下に見えます。

130917z6.jpg


また登ってます。林間コースです。
130917z7.jpg


ここにきてまた山岳地帯です。
ひたすら登ります。

碧の丘
130917z8.jpg130917z9.jpg


景色最高。脚ガクガク。

登りがあれば下りもありますよ
130917z10.jpg


当然上り返しますけど。

戸田港
130917z11.jpg


戸田はいい雰囲気の町です。
のんびりして雰囲気でいいなあ~なんて走っていたら、目の前に一直線に伸びる坂。10%じゃきかないでしょ、これ・・・。
ヒイコラ言いながら登るんです。

出会い岬
130917z12.jpg


景色を見ながら、脚を休めます。
しかし、まだまだ登りですよ。

ちょっと下ってもまた登り。

「もー、いい加減にして」

笑っちゃうくらい登って下って登って下って・・・。

井田トンネル
130917z13.jpg


このピークを越えて下ったら、またどうせ登るんでしょ。
そう思いながら、下ると大瀬崎。

ここからは海沿いの道で平坦でした。あー長かった。

130917z14.jpg


しかし、ここから向かい風。

富士山が癒しです
130917z15.jpg


淡島
130917z16.jpg


セブンイレブン 沼津内浦三津店にて、抹茶あずきバー 投入。11時20分
8時30分に焼きそば食べたきりですが、お腹が空きません。

っていうか、固形物を受け付けない感じです。
すでに200km以上走っているので、疲労が蓄積して胃まで血液が回らない状態なのでしょう。

長かった県道17号がやっと終わって、国道414号へ。
130917z17.jpg

道路は車で渋滞しています。

走りづらい国道で沼津駅へ。
当初の計画では、時間がなかったり疲労困憊していたらここから輪行する予定でした。

130917z18.jpg


しかし、時刻は12時10分。
時間はたっぷりあります。
脚はすっかり売り切れですけど。

ラスボス・箱根峠に向けヨロヨロと走り出します。

その前に、ボトルが空なので補給。ローソン沼津五月町店にて、麦茶1L 12時20分

交通量の激しい国道1号を車にあおられながら走って、三島を過ぎた辺りから登りが始まります。

130917z19.jpg


のんびりゆっくり登るんです。

写真を撮りながら、足つきしちゃいますよ
130917z20.jpg


しかし、長い。
脚が終わった状態で、箱根越えはきついです。

かなりヘロヘロです。
両手足がちょっとしびれてきます。

これはまずいなあと思って、日陰に吸い込まれてゆきます。
自転車を置いて、地面にへたり込みます。

やたらトンボが飛んでいて、秋なんだなあとしみじみ思ったりして。
スマホで現在位置を確認すると、ピークまであと5km。
5kmが永遠に感じます。

こうやってへたり込んでいても、峠には着かないので自転車に跨って走り出します。
ちょっと走ると山中城跡。

130917z21.jpg


また休憩。
また赤コーラ。

はあ~まだあと4km。

休憩しても登りが楽になるわけじゃないので、重い腰を上げて坂へ。
もう休憩しないぞと心に決めて、エッチラコッチラ。
あのカーブの先がゴールか?その向こうが峠かと何度も何度も念じながら、やっとたどり着きました。

箱根峠 14時20分
130917z22.jpg


ここから先は、もう登らなくていいんだという開放感に浸ります。

芦ノ湖
130917z23.jpg


観光客で賑わう元箱根を抜けて、旧道で帰ります。
旧道までの道もちょっと登るんですね・・・。

見晴らし茶屋から
130917z24.jpg


七曲は路面にたて溝の滑り止めが施されているので、注意が必要です
130917z25.jpg


三枚橋まで降りてきて、国道1号に合流。小田原までも下りです。

帰ってきたよ、小田原 15時30分
130917z26.jpg


小田原から伊豆半島をぐるっと一周して小田原に戻ってきました。
16時頃の電車に乗って輪行して、19時前に自宅に戻りました。

本日の走行距離は、274.68km。獲得標高、4,346m。

伊豆イチ。
かなり厳しい道のりでした。

東伊豆は、真っ暗の中を走ったので機会があればまたトライしてもいいかな。
石廊崎から先は長い登りと下りの繰り返し。景色はいいですが、脚には悪いです。

一つ一つの登りはたいしたことないはずですが、連続してくるところがどんどん脚を削られて徐々に消耗してゆきます。
春に行った「千葉→直江津」より疲労しました。

西伊豆は、電車が走っていないので何があっても自力で帰ってこなければなりません。
そのリスクもあります。

もし伊豆イチに行かれるのならば、反時計回りの方が楽なのかもしれません。
体力のあるうちに箱根、西伊豆をやっつけてしまえば、東伊豆は細かいアップダウンだけだし、鉄道も通っています。
しかし、反時計周りだと景色がイマイチかもしれませんが。

そして真夏は避けるべきです。
県道17号の山岳地帯には自販機ひとつありません。炎天下のなか、登り下りするには環境が悪すぎます。
夏以外の季節でも、計画的な補給が必要です。

今回、補給は記事にしたものの他に、アミノ酸4000サプリをスタート前、160km地点、200km地点、小田原ゴール地点の4回取りました。
効果があったのかどうかイマイチわかりませんが、翌日の疲労はそれほどでもなかったので効いているのでしょう。
ライド中、固形物が取れないまま補給が疎かになったのも、最後でバテた一因かもしれません。

西伊豆はこれで卒業ってことで、いいかなあ。



130917a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

伊豆イチ達成おめでとうございます\(^o^)/
それにしても274kmで獲得標高4,346mって・・・何ということでしょう^^;
伊豆イチってそんなに標高があるとはビックリです。
過酷なライドお疲れ様でした。

まるおさん、こんにちは。
伊豆は登ってるか下ってるかなので、標高獲得しまくりです^^;
標高の高い景色と低い景色、両方楽しめました^ ^

No title

伊豆イチ達成、おめでとうございます。
伊豆半島を一日で回るなんて、凄いとしか言いようがありません。伊豆は昔、何度か車で走った事はありますが、房総半島とはかなり印象が違う過酷なライドのようですね。本当にお疲れ様でした。
しかし、千葉ー直江津といい伊豆イチといい、最近のぐりさん、近寄りがたいオーラが出まくりですね。(^_^;)

nobsun3さん、こんばんは。
伊豆は房総とはまったく違って、アップダウンだらけです。ロングライドはゆっくり走らないといけないので、私の脚にあっています。

No title

ゴールおめでとうございます!
>またどうせ登るんでしょ。
実感しみじみです。
景色素晴らしいですね~走ってみたいです。
1/3づつぐらいで^^;

ひろさん、こんばんは。
西伊豆、景色最高です^ ^機会があれば行ってみてください。1/3づつ正解です^^;

No title

お疲れ様でした。

「景色はいいけど、脚には悪い」

実感がこもってますね。

ヒルクライム級のコースで、270kmですか…。

考えられません。
#でも、写真の景色がステキです。

No title

kuroさん、こんばんは。
天気も景色も良かったです。もう少しなだらかならいいコースなんですけどね^^;