RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.09
19
酷暑が続いた夏もやっと衰えを見せ始め、自転車シーズン到来。
チャレンジしてみたかった伊豆半島一周を自転車で走破する、いわゆる「伊豆イチ」に行ってきました。
結果から申し上げますと、コテンパンにやられズタボロになって帰ってきました。

私が連休を取れるのは月に二回。
9月か10月の連休に決行しようと計画していました。
連休は月曜、火曜になるため、仕事終わりの日曜日の夜に家を出て月曜日に走り、火曜日は休息日とするつもりです。

先週の月曜日は天気は持つものの、日曜日の夜が雨の予報だったので断念。
今週も台風18号が日本列島を襲い諦めていたのですが、月曜の夕方には台風が通過して火曜は台風一過の好天に恵まれるということだったので、月曜の夜に家を出て火曜に走ることにしました。

考えてみれば仕事が終わったその脚で自転車に乗るよりも、月曜の昼間にたっぷり休養して臨んだ方がよいような気がします。
台風が通り過ぎる間、お昼寝をして体調を整え、20時に電車に乗り込みました。

当初、小田原には最終電車でゆけばいいかと思っていたのですが、それでは到着が午前1時半。支度をして走り出すのが午前2時になってしまいます。
「西伊豆はきびしい」ということは聞いていたので、午前2時出発では伊豆半島を一周できたとしても、家に帰る電車がないなんていうことにもなりかねません。
そもそもなぜ終電で着けばいいかという発想になったかというと、仕事が終わって少しでも仮眠したいということを考えたからです。
昼間にたっぷり休めたので、早めに家を出た方が安心ではないかというわけです。

祭日の夜なので、電車はそれほど混んでいませんでした。
台風の影響で東海道線のダイヤは乱れていましたが、ほどなく電車は到着して最終車両に自転車置き場を確保。ガラガラの車内で出発を待っていました。
すると車内のアナウンスが「後ろ5両は平塚で車両を切り離します」と。

慌てて先頭車両に移動します。この電車15両編成なんですけど・・・。
で、先頭車両は結構混んでいるんですね。自転車置き場は確保できましたが、座席には座れずに平塚まで立ったままでした。
移動するんじゃなかった。

23時。小田原に到着。
130917b.jpg


輪行袋から自転車を出して組み立てて、とりあえずコンビニへ。

セブンイレブン 小田原城山1丁目店にて、ウーロン茶1L、おにぎり、ブラックサンダー2個。
ボトルにウーロン茶を補充して、おにぎりをほおばりブラックサンダーは補給食として確保しておきます。

23時30分、スタートします。

小田原城が闇に浮かんでいました
130917c.jpg


国道135号をひた走るだけなので、道に迷うこともありません。
ただ暗い。街灯がない区間は本当に真っ暗です。

EL540頼り
130917e.jpg


月がきれいに出ていました
130917d.jpg


夜、自転車で走ったことは何度かありますが、月がこんなにきれいに出ていたことは初めてです。
そして、星の美しいこと。

熱海辺りで夜空を見上げたら、我が家から見る数倍の星が光り輝いていたので感動しました。
しかし、下田へ向かうにつれその量は増えてゆきます。こんなにたくさんの星を見たのは本当に久しぶりです。
なんどか立ち止まって星空を眺めていました。流れ星も見えました。

とにかく暗いので、ライトに照らされた先を進むしかありません。
登っていても、どのくらいの斜度でどこまで続くのかということが、イマイチわかりません。
わからないから良いのか、ただ淡々と進行してゆくだけです。

たまに車が脇を通り抜けてゆきますが、ほとんど交通量はありません。
昼間ならば絶景なんだろうなと思われる海の景色もよく見えません。
ガードレールが低くて自転車に乗っているとちょっと怖いです。
たぶん断崖だろうなというところを走るわけですから。

潮騒をききながら走って、トンネルを通過する時だけ明るくなって、トンネルを抜けると漆黒に国道をひた走ります。
感覚的には細かいアップダウンが続く感じで、苦しくもなくスピードも出てしまいます。夜間走行なのでなるべく抑え目にしなくては。

熱海 貫一お宮の像 0時30分
130917f.jpg


伊東に行くならこれです 1時20分
130917g.jpg

伊東から先、国道135号と県道109号の分岐があります。
国道ですら街灯がない区間があるので、県道はなおさら暗いんだろうから国道で行くべくだと思っていながら、ハンドルは県道109号へ。
やっぱりなんとなく海沿いを走ったほうが「伊豆イチ」らしいかなとか思ったりして。

しかし、県道に入った直後に後悔します。
真っ暗。街灯がまったくないです。
路面状態も国道の方が良かったです。

初め住宅街のようなところを抜けるのでまだ良かったのですが、川奈の駅を過ぎたあたりから林の中を走るようになります。
人の気配がない場所を走るのは怖いです。しかも丑三つ時ですから。
早く国道に出たいと願いつつ走ってゆくのです。

城ヶ崎つり橋の案内板が出てきますが、こんな真っ暗ななか見に行ってもしょうがないのでスルーします。
国道135号に復帰しました。
後で知ったのですが、県道109号ルートよりも国道135号ルートの方が100mよけい登らなくてはいけなかったようで、結果どちらのルートが良かったのかは微妙でした。真っ暗な県道を走るか、街灯があるであろう登る国道をゆくか。国道は車も通るしコンビニもあるし。

セブンイレブン 伊豆河津店にて、カップてんぷらソバ、ウーロン茶500mlを補給。3時10分。

下田には4時に到着
130917h.jpg


下田からは国道135号は国道136号へ名称変更。

この辺りでEL540のバッテリーインジケーターが赤く灯ります。
出かける前に新品の電池と交換してきたので、予備電池を持って出なかったのです。しかしインジケーターが点いてから1時間くらいは大丈夫らしいので、なんとか間に合うか?
EL540って4時間くらいしかもたないのか・・・。ハイにしてたからなあ。

4時といえば、ちょっと前ならば明るくなる時間だったのですが、最近は5時過ぎないと暗いです。
355Bと二灯でがんばってもらいましょう。

30分くらい走ると355Bよりも圧倒的に明るかったEL540が355Bと同じくらいの暗さになってしまいました。
しかし、その頃には夜も明け始めてきたので事なきを得ました。まあ355Bの予備電池は持っていたので大丈夫だったのですけど。

国道136号と県道16号の分岐に出ます。4時30分。
130917i.jpg


ここで一旦国道から離れて、県道16号で石廊崎を目指します。
はじめ海岸沿いを走っていましたが、徐々に登っていってヒルクライム状態に。

朝焼けが見えそうで、崖に邪魔されて見えないです。
それでも辺りは明るくなってきて、ライトはもう必要ないくらいです。
鳥の声をききながら登ってゆくと、ピークの石廊崎バス停に着きました。

石廊崎バス停 5時
130917j.jpg


ここから下って、また国道136号に合流します。
ここまでの走行距離が120km。

これまではいたって順調。普通のサイクリングです。
ここから西伊豆地帯へと脚を踏み入れてゆきます。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

おかえりなさい~
なんだかますます凄い事になってますね。
3部構成?のようなので続編を楽しみにしております。
まるでブルベの記事のよう・・w

ひろさん、こんにちは。
とにかく過酷なライドでした。なんとか二部構成位で収めたいと思っています。

No title

またどえりゃー事してますね~^^
東伊豆だけでも大変なのに1日で1周なんて変態度に磨きがかかってますww
西伊豆編も楽しみにしてます^^

まるおさん、こんにちは。
東伊豆は暗さにごまかされて、よく覚えていません^^;いや、西伊豆が厳しすぎて記憶の彼方かも(T_T)