RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.08
27
本日はいろいろと所用があるので、朝練ライドです。
7時頃には家に帰っていたいので、4時起床。
しかし、暗いです。真っ暗です。ちょっと前までは4時には薄明るかったのに。

で、二度寝しちゃいます。
起きたら4時40分。夜が明け始めていました。
チャッチャと支度して、5時スタート。

今日のテーマは、ぐらのGIOS VECCHIOのインプレです。
GIOS VECCHIOを購入して3年になりますが、今更ながらのインプレ。というか、私がGIOS VECCHIOにちゃんと乗るのも初めてです。
クロモリフレームってどうなの?とかチェーンリングが48-34って走りやすい??とかいう疑問が気になっていたからです。

インプレは、私の愛車ピンチェレ号ことBianchi VIA NIRONE 7 ALu Carbonとの比較です。ピンチェレ号はアルミバイクでフォークとチェーンステーのみがカーボン。ホイールはRS80です。
RS80というホイールも、アルミリムにカーボンラッピングをしたハイブリットホイール。ハイブリットなフレームにハイブリットなホイールでなんとも中途半端なピンチェレ号。

一方のGIOS VECCHIOは、フォークも含めてクロモリ。ホイールはデフォでついていたオリジナルで、RS80と比べるとズッシリくる重さを持っています。
車体自体を持ち比べても、やっぱピンチェレ号の方が明らかに軽いです。
普段、ぐらが乗っているGIOS VECCHIOなので、ポジションは若干合っていないかもしれませんがぐらは女性としては大柄なので私は男性としては小柄なので、シートポストを上げただけでほぼ問題なく乗れました。

さて、そんな条件を踏まえて走ってみます。
まずはいつもの農免道路から、市原中央高校脇林道へ。

朝日とともに走る
130826a.jpg


平地は、ピンチェレ号とほぼ変わらない乗り味。よくクロモリは乗り心地が良いとききますが、あまり変化を感じません。
ただし、ピンチェレ号はデフォのホイール・R500からRS80に変更しています。R500からRS80に変えた時、格段に乗り心地が良くなりました。それを考慮すればノーマルのアルミバイクよりは乗り味がマイルドなのかもしれません。
GIOS VECCHIOにRS80をはかせたら、さらに乗り心地が良くなるのでしょうし。
また、持った感じでは断然GIOS VECCHIOが重いのに、走って重さを感じなかったのもクロモリの特性でしょうか?

朝もやが幻想的
130826b.jpg


牛久まできて、ウグイスラインの基点・原田へ。
ここから、ちょっと長い登りです。

登りに関して。
平地で感じなかった重さも、登りになれば影響するんだろうという予想をしていました。
しかし、実際に登ってみればこれも変化なし。
正直良くわからないです。もしかしたらピンチェレ号よりタイムが落ちているのかもしれませんが、もしそうだとしても微々たるものでしょう。
体感的にはかわりませんでした。

稲刈りももう始まっています
130826c.jpg


実はGIOS VECCHIOに試乗してみたいと思った一番の理由は、チェーンリングが48-34だからでした。
ピンチェレ号はコンパクトクランクの50-34です。
私がアウターで走っているとき、ほとんど17T以上のギアしか使っていません。それ以下の5速は下り以外ではまったく出番なしです。
つまりほとんどやや斜めがけ状態で自転車を漕いでいる感じです。

しかし、前が48ならもっと下のギアも使えるのではないか??という考えがフツフツとわきあがり、48ってどんなんだろう??と気になってきたのです。
そういえばGIOS VECCHIOは48だったなということを思い出して今回の試乗と相成ったわけです。

で、どうだった?48って。

これはいいです。
普通に走っているときは、大体チェーンがスプロケの真ん中辺りにいます。
かといって、下りで重いギアにしても踏み切ることもないし、登りの場合もコンパクトクランクよりも更に軽いわけですから、いつもならインナーに落とす場面でもアウターのまま乗り切れちゃうこともあります。
ロングライドしている方の自転車に48を導入されているのをお見受けしますが、やっぱり乗りやすくなりますね。
ただ、シマノ純正に48という設定がないのがねえ・・・。
GIOS VECCHIOはスプロケはTIAGRAでクランクがスギノ。でも変速はスパッと決まります。ピンチェレ号の105よりもいいくらいに。だからスギノでも問題ないのかも。

田んぼに朝日が降り注ぐ
130826d.jpg


GIOS VECCHIOといえば、Wレバー。
ぐらはほとんどギアを変速しないまま自転車に乗り続けています。今回、私も乗ってみて少し気持ちがわかりましたね。
っていうか、STIを知ってる私だからなお更そう感じるのだと思うのですが。ぐらは初めからこれなんで、どうなんでしょうか?

ここでシフトアップして加速だ!というところでSTIより2テンポ遅れます。
よくDi2にすると、こまめに変速するようになると聞きます。つまりボタンに触れるだけで変速するので、思った瞬間に変速してるというのです。
つまりSTIでも変速を躊躇してしまっている場面があるということです。Wレバーならばその壁は山よりも高くなります。

実際、変速するの面倒だからちょっと辛い坂もがんばっちゃうとか、ちょっとペダル軽いけどケイデンス上げてスピードアップするというシーンもなきにしもあらずです。
慣れればなんてことないんじゃないか?と思っていたのですが、最後までめんどくさかったです。

AKB登ってから、大仏通りに入って帰ってきました。

仕上げに秋元牧場
130826e.jpg


朝から大仏通りは、競輪選手?の練習会で集団走行していました。

本日の走行は、53km。
GIOS VECCHIO、なかなかいいバイクでした。
やっぱり48のアウターリングは魅力ですねえ。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

ぐりさま

48のチェーンリングですか…。

試したいと思いますが、
シマノには無いのですね。

ちょっと、残念。

私の貧脚では、機材云々より、
気分良くマッタリ。
それ以上は必要なさそうです。

kuroさん、こんにちは。
48、シマノから出してもらいたいですね^ ^でもスギノでもいい感じですよ^ ^

No title

ぐりさん、シマノでも新型6800アルテなら46ー36ってのが確か有りましたよ!

pentaさん、こんにちは。
新アルテですか!11速ならなお乗りやすいですね^ ^遠い未来の次期バイクには48導入したいなあ^ ^

No title

お二人で自転車を共有できるなんて、羨ましい。(^_^)
フロント48はMTBコンポと一緒なので、スピードよりもユックリと楽に走るのに適してるのかもしれませんね。クロモリの乗り心地も、マイルドでいいということなので、長い距離を走りやすいセットなんでしょう。
WレバーをSTIに変えて、ホイールも軽いのに変えたら素晴らしいバイクになりそうですね。(^_^)

nobsun3さん、こんにちは。
48はMTB用なんですね^^;シマノお得意の「互換性がない」じゃなければいいのですが^^;