RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.07
09
梅雨が思いのほか早く明けてしまいました。
梅雨明けは雨が降ることが少なくなるので、自転車乗りには朗報かもしれません。
が、近年の夏の暑さは異常です。これだけ暑いと日中に自転車に乗ることで、熱中症にやられてしまう確立がグンと上がってしまいます。
そういう意味では、冬の方がまだ自転車に乗るにはいい環境なのかもしれません。防寒だけしっかりすれば、病気にかかることはないのですから。

予定としては、梅雨の晴れ間のまだ暑さが厳しくない時に、千葉県の上のほうをぐるっとまわってみようかなと思っていました。
梅雨は明けてしまいましたが、とりあえず走ってみることにします。

計画では、市原の我が家を出発して船橋、市川を通過して松戸、野田辺りから利根川沿いに銚子の手前まで来て、気になる農道があったのでそれに乗って多古、八街くらいから帰ってこようかなと。
でも、せっかく野田まで行くのなら千葉県の先っぽである関宿まで行ってみたくなりました。もともと千葉県の北の方には、あまり行く機会がないのでこの時ばかりと。
千葉県の先っぽまで行くとすれば、銚子まで足を伸ばしてみようかなんて考えてみたりして。

ということは、ロングライドなので出発は午前0時です。
仕事が終わってから、ちょいと仮眠しておにぎりをお腹に納めてからコストコで買ったなんちゃってアミノバイタル4000を一服。

さて出発。というところで、ライトのバッテリー残量不足の赤サインが出てるじゃないですか。
もう一度家に戻って、電池を新品と交換して再スタートです。

終電は終わっている時間でしたが、相変わらず闊歩している逆走ママチャリなどをかわしながら、船橋方面へ進行してゆきます。
走っていると涼しくて、止まるとちょっと暑いかなというなかなか快適なライドです。
街灯もあるので、EL540一灯体制で十分です。

千葉から第二湾岸に入ります、稲毛の浜では深夜にもかかわらず花火の炸裂音が響いておりました。
花輪インターを過ぎて、国道14号へ。ここは「千葉→直江津」の時に、信号引っかかりまくったので今回は、西船橋の先「中山競馬場入口」交差点で左折。県道180号、県道263号を通って「市川広小路」交差点まででる作戦です。

確かに国道14号よりは信号に引っかからないですが、こちらからの方が距離が長いです。こちらからでも、まったく信号に引っかからないということでもないので、結局かかる時間は同じかもしれません。
「市川広小路」から県道1号・松戸街道をゆきます。ここからはちょっとアップダウンが続く道です。

出発から2時間くらいたったので、ちょっと補給しておきます。
午前2時11分 ファミマ東京医科歯科大学店にて「紙パックウーロン茶1L」を買って、家から持ってきたおにぎり一個を食べます。

車も少ないし、涼しいしで順調に走ってゆきます。
県道1号は国道6号・水戸街道を越えると、県道5号・流山街道と名前を変えます。
松戸駅を通過して、北上します。常磐自動車道の流山IC辺りから、街灯のない真っ暗闇。ここからジェントス355BとEL540の二灯体制。

県道5号が終わって、商店街のような場所を経由して県道17号へ入ります。

午前2時くらいまでは夜という感じで、3時を過ぎるともうすぐ朝かなと思えてきます。その合間、午前2時から3時はまさに丑三つどき。怪しい時間です。
そんな時に、目の前に非現実的な光景が現れます。

130708b.jpg


お祭りでしょうか?
それまでの静まり返った街の様子から一変して、提灯が並んだ街道をゆくのはなにか不思議な世界に迷い込んだかのような感覚でした。

さて、そろそろ走っていて「関宿」という文字を見るようになってきます。
もうゴールは近いか?と思いながら走っていますが、なかなか着きません。
だんだん空もしらんできて、鳥のさえずりも聞こえてきました。

まだか?まだ着かんのか??とペダルをこぎこぎしていますと、やっと「関宿博物館2km」の看板を発見。
午前4時半前に到着です。

130708c.jpg


さて、ここから利根川を下ります。
利根川CRまで出て、ひたすら走ります。ちょうど「海まで120km」の看板がありました。あ~120kmかあ・・・。

そして。CRには500mごとに海までの距離看板が出てきます。
それって、「まだまだ遠いぞ~」というプレッシャー以外のなにものでもないんですけど。

130708d.jpg


ずーーっと、こんな道です。
漕いでも漕いでも、同じ景色。

日の出。あの山は筑波山かな?
130708e.jpg


で、ずーーーーーーっと、ひたすらペダルをまわします。以上。

同じ景色。同じ景色。同じ景色。
どこのCRもそうかもしれませんが、アップダウンもなければ、カーブもない。3本ローラー気分でひたすら走るのみ。

20kmくらいそんな風に走っていたら、突然道が途絶えます。
ゴルフ場があって、ここで一旦CRは終わりです。

補給もしたかったので、県道7号に出てセブンイレブン野田三ツ堀店にておにぎり2つ。
時刻は午前5時45分ですが、すでに太陽光線がジリジリと肌を焼いてゆくのがわかるほどです。

県道7号に戻り走ってゆくと、抜け道なのか車が水門のある細い通りに流れています。もしかして川沿いの道かな?とつられて曲がってみます。

やっぱりCRがあった。
130708f.jpg


眼下は緑の絨毯
130708g.jpg


調子よく走ったていたら・・・
130708h.jpg


あーあ、ここはどこなんだあ??地図では舗装か未舗装かまではわかりません。
スマホのGPSで確認しますと、目の前の橋が県道47号。結局また県道7号に戻って国道6号経由、県道170号・利根水郷ラインへ。

ここから県道と平行して走るCRを行きます。
この辺りは土手にCRがあって、その下を県道が並走しています。
で、ボトルが空になりかけています。

もちろんCR上にはコンビニはもとより自販機すらありません。
走っていて下の県道170号の脇に自販機が見えましたが、なんとなくスルーしてしまいました。
「今度の自販機で、絶対ジュース買うぞ!!」」心に誓ったものの、しばらくして現れたコンビニにはCRから降りる道がありません。
そうこうしているうちに、ボトルが空になってしまいます。

とにかくCRにいては永遠にジュースが買えないので、県道に降ります。
準備万端「自販機、来いや~」とペダルに力をこめますが、県道の向こう側には広がる田んぼ。その田んぼの向こう側の道には商店がありそうですが、そんな向こうまでは行きたくないです。

とにかく自販機ないかなあと、狭い道幅の県道の端を走るのですが、通勤時間帯で交通量もあって道路の邪魔者です。
それでもCRにも戻れず、今か今かと自販機を探しながらの走行です。

「利根川ゆうゆう公園」という看板が出てきました。公園なら自販機くらいあるだろうと安堵しましたが、この公園は河川敷にあるサッカー場で自販機の陰すらありませんでした。
空のボトルを舐めながら、やっとセブンイレブン印西相嶋店にたどり着いたのは、午前7時15分。
「玄米茶紙パック1L」と「サクレ」をゲット。ここまでの走行距離が140kmほどになったので「アミノバイタル2000」を投入します。

しかし暑い。まだ7時過ぎなんですけど・・・。
また景色が変わらない無限地獄のCRへと戻ります。
前も後ろも人っ子ひとりいないCR。ごくごく稀に歩いている人がいます。こんな暑い中ご苦労さんと心のなかでつぶやきますが、お互い様でしょうね。
唯一の景色の変化は橋です。「あの遠くに見える橋は何橋かなあ??」それがわかったところでなんてことはないのですが。

長門川公園には、夏の自転車乗りのオアシス・水道の蛇口があります
130708i.jpg


ここで一休み。午前8時まえ。
頭から水をかぶってクールダウンします。
屋根つきの東屋があって、久々の日陰に腰掛けて一息いれます。


灼熱のCRへ。
水道の水はすぐに乾いてしまいます。そしてまたボトルの残量が寂しくなってきます。
CR脇から生えている草いきれが、もわもわと私のまわりにまとわりついて離れません。
どこにも休めるような場所がないので、道端に自転車を倒して休憩。もちろん炎天下。

今度は、スマホのコンビニ検索アプリで周辺の店舗を検索しますが、該当店舗なしです。
佐原まで行かないとコンビニがないなんて。
のそのそと自転車を起こして、走り出すのです。

そして水郷大橋をくぐった先で佐原の街に出ます。
ファミリーマート香取佐原店。午前9時11分。

「おいしい水 富士山2L」と「白瓜と胡瓜の浅漬」
130708j.jpg


この組み合わせを「袋はいりません。箸もいりません」と買ってゆく私はきっと「今日一番の変なお客」でしょう。

とりあえず、水をごくごくと腹いっぱい飲み干して、お新香を一気食い。ボトルに水を一杯に満たしたら、残った水を頭からかけて空になったペットボトルを捨てます。
冷えた水を頭からかけると気持ちいいのですが、それは一瞬のことで、すぐに強烈な太陽光線が冷気を奪い去ってゆきます。

ここから少し国道356号を走りますが、道の駅・水の都さわらからまたCRが始まりますので、乗ります。
やはりなんといってもCRは信号がないし車も来ないので、安心して走っていられます。

香取神宮の一の鳥居
130708k.jpg


同じ景色が続くなか、突然ドーンと現れます。神々しいその姿は、確実に空気感が違っていました。
この風景に出会えただけで、今日来た甲斐がありました。

なのですが、この道の駅・水の都さわらからのCRの路面が悪いんです。
県道170号と平行するCRは概ね舗装も良く、水分補給の心配がなければ快適に走れました。
しかし、ここからは舗装が切れたか?と思われるような砂利道がしばしば出現します。
それでも我慢して走っていたのですが、とうとう諦めて国道356号へ。

久しぶりに見た自販機に吸い寄せられて赤コーラが飲みたかったのですが、マイナーなメーカーの自販機で炭酸飲料は「梅ソーダ」しかなく仕方なくゴクゴク。
水分とりすぎで、お腹はガポガポなのですが、喉は渇くので飲まないわけにはいきません。ますますお腹はガッポガポ。
こうなると胃液も薄まって、消化吸収能力も落ちるんだろうな。

しかし、国道に入ったので出るは出るは自販機やらコンビニやら。
安心して走れますね。

安心して走れるのはいいけれど、暑い暑い。
道路上は兎にも角にも炎天下。
そして、ここにきてもまっすぐな道です。
ずーーっと先まで、道路が続いていて地平線の彼方までまっすぐです。
CRよりは変化に富んだ景色ですが、同じような町並みが走馬灯のようにぐるぐると回転しているような感覚。

頭の中で流れる音楽。

♪ 君の行く道は~ 限りなく遠い~ だのにぃ~ なあ~ぜぇーー 歯を食いしばり~ 君は行くのかあ~ そんなにしてーまで~ ♪

リフレイン

リフレイン

リフレイン

鳴り響く問いに、私はなんて答えたらいいのだろうか?

「なぜだ??」

そう自分に問いだしたのでした。
その刹那、気力の糸がブチブチと音を立てて切れてゆくのが確かに聞こえたのです。

「銚子から輪行か?」

陽炎の揺らめくカントリーロードの先に、一体なにが待っているというのだ?

グラグラと揺れる気持ちは、確実に「銚子から輪行」へと固まり、とにかく銚子までがんばろうという一心で前へと進んでゆくのです。
意識は朦朧と、足だけが自動的に回転しても遅々として進まず、銚子はまだか?銚子はまだか?と頭の中で電光掲示板が流れてゆきます。

初めにあったファミレスでハンバーグを食べる。
そう決めました。コンビニの駐車場の隅ではなく、キンキンに冷えたファミレスのゆったりとしたシートに身体をうずめて、熱々のハンバーグをハフハフしながら食べるのだ。
そして、銚子から輪行。ビールを買って、ほろ酔い気分でウトウトしならが気づけば家に着いている。
なんて、素敵な旅でしょう。

そんな夢想をサドルの上でしていたら、ココス発見。
スーーーっと滑り込みます。

ココス 銚子松岸店 午前11時15分。

130708l.jpg


やっぱハンバーグだよね。
銚子からの時刻表を調べたり、ぐらに銚子から輪行する旨メールしたりして、ハンバーグを平らげます。

店を出ると、風がさわやか。
あれ?なんか涼しい風が吹いています。

とりあえず、銚子駅まで。
130708m.jpg


うーん、やっぱりちょっと涼しいかも。
涼しいところで休んだので、体力が回復したのかもしれません。

もうちょっと走ってみようかという気分になって、銚子から国道126号へ。
これまでど平坦だったのですが、アップダウンが始まります。
登りが結構辛いです。

すぐにコンビニにピットイン。
サンクス銚子三崎店 午後12時14分。
「南アルプス天然水 500ml」と「アクエリアス冷凍ペット490ml」

酷暑のときの秘密兵器を投入です。
冷凍してあるペットボトルをジャージの首根っこに挟んで、首の裏を冷やしてやる作戦です。

これは、リュックを背負っていないと出来ない技かもしれません。
コツはまっすぐ凍ったペットボトルを首に刺すのではなく、斜め横に刺して首後ろ全体に氷が当たるようにすると、冷却効果が上がります。
時より背中に溶けた水滴がツーーーっと流れるのもまた気持ち良し。

まあ、そんなことをしても暑いことにはかわりなく、モチベーションは下がりっぱなしなのですが・・・。
行ける所まで行って、輪行もやむなし。という気分のまま走り続けます。

やっと銚子のアップダウン地帯を抜けて、県道30号の海岸沿いの道へ。
この辺は追い風で、少し楽が出来ました。

しかし、ここもまた一直線道路。
地平線の彼方まで続く一本道です。
今日は灼熱の平地を、ひたすらに走っているなあ。

130708n.jpg


首の氷は次第に溶けて、溶けたジュースはボトルに移しかえます。
私はワンボトルなので、この首根っこ作戦展開中は必然的にツーボトルになって一石二鳥なのです。

凍ったペットボトルが溶け出すと、首の後ろから規則的な音がペダルを漕ぐ振動とリンクして鳴るのですが、それが電車に乗ってるような音で気分は輪行。
カチカチに凍っていたペットボトルも、1時間半くらいで溶けてしまいます。

セブンイレブン 横芝屋形店。午後1時36分。
「ガリガリ君 梨」と「C1000レモンウオーター凍結490ml」

冷却パワーでがんばります。
ここで「アミノバイタル2000」を再投入。

「一松海岸」まで行って、県道84号、茂原街道経由で帰ろうと思ったのですが、茂原街道のあの登りを思うとうんざりして「本納」という道路標識を見て反射的に五井本納線で帰ろうと思い立ち「白子」から県道31号へ。

県道31号は、クネクネと曲がった田舎道。こういう道の方が飽きませんね。
本納から県道21号・五井本納線。

もう地元感バリバリの道ですが、思ったよりアップダウンが厳しくバテます。
県道129号から瀬又に抜けて、村田川CRで帰ってきました。

村田川CR 夏草に侵食されている
130708o.jpg

村田川CRに入った辺りから、空からゴロゴロと音がしてヒヤヒヤしながら戻りましたが、結局雨には降られませんでした。
また、この辺りから心拍計の数値がおかしくてゆっくり走っているのに心拍200とか、結構がんばっているシーンで120とか。
なんなんでしょうか??

帰宅は午後4時半。本日の走行は、311kmでした。
実は、あわよくばもうちょっと距離走ろうかと目論んでいたのですが、昼間の酷暑でテンションがた落ちです。

一度落ちたテンションを上げるのは難しいです。
たぶん体力的にはまだ限界というところまで、追い込まれていなかった思われます。だけど「もういいや」と一度思ってしまうと、走る気力が萎えてもうそれでおしまい。

この酷暑の中、熱中症にならなかっただけ良しとしましょう。
しかし、もうしばらくは昼間は走れないかもしれませんね。

今回、スタートから朝日が昇るくらいまでが、一番快適ライドが出来ました。
夏はナイトライダーしかないか??


130708a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

凄いですね~!千葉県の半分をグルッと回ってしまうなんて…(^^;
確かにここ最近の夏は、日中は殺人的な暑さなので夜型ライドがいいのかもしれませんね。
でも夜に走るのって怖くないですか?
私、鳥目なもので…(^。^;)

No title

酷暑の中、よくぞご無事で。。。

ホントここ数日の暑さは自転車には危険すぎますよね。
脳ミソが湯豆腐になりそうな天気。。。

No title

pentaさん、こんにちは。
もういきなり夏本番ですね^^;本当に日中の暑さは掛け値なしに「危険」ですよね。明るいライトをつければ夜も平気ですよ^^

ぶっちょさん、こんにちは。
自転車というのは、条件によってまったく違った結果になるのが難しいところですね。
今回、風には比較的恵まれていたので、走れたのかもしれません。ロングライドは、秋までおあずけでしょうかね^^;

No title

ナイトライドが定番になりつつありますね!確かに早朝しか走れないくらいなら、夜走ったほうがいいかも。でも、すぐ眠くなっちゃいそう(。-_-。)

にしやんさん、こんばんは。
夜は意外と快適です。ガラガラの幹線道路で朝までに目的地に着いてしまえば、一日有効に使えます^ ^深夜の林道とかは遠慮したいですが^^;もちろん仮眠してから出かけましょう^ ^

No title

うひゃ~ この暑い中300㌔も走っちゃうなんてすごいですね~
今の時期はボトルの中身がなくなると死活問題ですから気をつけましょう 河川敷のサイクリングロードは デスロードに変わってますね

No title

激しくお疲れ様でした~
距離が長くなるとなんだか修行感が強くなりますよね。
どこまでも楽しく乗れるコツを知りたいものです^^;
「求むると 何故か出遭わぬ 赤コーラ」
「コンビニや 自販機・トイレは 一期一会」

No title

99RIDERさん、こんにちは。
サイクリングロード、それに並行する道も日陰一切なしのサンシャインロードでこんがりローストされてしまいますね^^;夏は近づいちゃいけなかったです^^;

ひろさん、こんにちは。
気候がよければ、楽しい時間が増えると思いますが、自転車というのは条件次第で良くも悪くもなりますね。
どうしてもコーラが飲みたいという瞬間がありますが、そういうときに限って自販機がないというのは自転車あるあるですね^^

No title

灼熱の中300km以上も走るなんて凄いなんてものではないですね。
この暑さの中でのライドは本当に厳しいし、ボトルが空になると命にも関わることにもなりかねないので、気をつけないといけませんね。本当にお疲れ様でした。
自分もしばらくは朝か夕方にご近所をポタポタする程度で楽しもうと思ってます。

No title

nobsun3さん、こんばんは。
この季節に、このコースで、この距離というのは、どこをとっても失敗でした^^;
まだ7月も半ばだというのに、この暑さ・・・。先が思いやられます。