RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.05
15
ロングライドがマイブームな私です。

ロングライドでベタなネタとして、東京から直江津まで一日で走るというものがあります。
ぐらのジオスを買った「サイクルハウス ジロ」にも「TRY360」という稲毛のお店から直江津まで一日で走る企画も毎年行われていますし、「直江津集合」という自転車ブログのオフ会も有名ですよね。こちらは集合時間までに着けばいいというルールです。

私も一丁、直江津まで行ってみようかという気がフツフツと湧いてきました。
まあ、我が家から直江津までは360kmほどなので、世のロングライドなローディーさんには入門的な距離なのかもしれません。しかし、私にとっては途方もない冒険なのです。これまでの最高走行距離は260kmほど。今回はプラス100kmなわけで、走りきれるかも怪しいものです。
これまでの不動峠房総クライムライドも「千葉→直江津」の予行練習的ライドでした。

実はこの「千葉→直江津」は去年の秋にやってやろうと思っていたのですが、個人的な所用が立て込んで実施できませんでした。
それに、ロングライドするには秋よりも春の方が向いているということもわかりました。

ゴールデンウイークから梅雨に入る前までは、日も長く気温もちょうど良いので自転車で走るには好条件です。
夏は猛暑でゲリラ豪雨なども最近では多いし、秋は日が短く、冬は寒くて山は凍結しているし。

ということは、5月か6月。
私は月に2回しか連休が取れないので、おのずと日程は限られます。しかも天気が良くなければいけないとなると、4回の連休のチャンスのうちのどれかにかけるしかないのです。
また、6月は梅雨になってしまうので、できれば5月のうちに行ってしまいたい。

また、今回は、はじめてのお泊りライドです。
「宿なんてその日の昼ごろ予約すればいいや」なんて当初は考えていたのですが、あたりをつけておいた宿の宿泊予約状況をネットで見てたら、どんどん埋まっていって満室になる勢いなんです。
そこで、とりあえず宿の予約だけいれて、週間天気予報で当日の天気が悪いようなら早めにキャンセルすることにします。
とはいうものの、週間天気予報が当てにならないのは皆さんもご存知ですよね。当日までなんだか微妙な雰囲気でしたが、行くことに決定しました。

今回の持ち物です。

ツールボックス
・携帯工具セット
・タイヤレバー ×2本
・CO2ボンベ ×1本
・ミッシングリンク
・パンク修理パッチ
・タイラップ  ×4本
・チューブ   ×2本(いつもは1本しか持っていません)

サドルバック
・予備電池 単四×4本 単三×4本
・カッパ 上下
・鍵
・ビニールテープ
・絆創膏
・アミノバイタル ×6個

リュック
・携帯・ガーミン用予備バッテリー&コード
・輪行袋
・ミニタオル&ティッシュ
・ズボン&長袖Tシャツ&下着
・財布
・携帯電話

ダウンチューブにミニポンプ装着済み。

着替えと輪行袋を宿に送ってしまえばリュックなしでも行けるかも?とも思いましたが、そうなるとなにがあってもリタイヤできないので、背負ってゆくことにしました。

130515a.jpg


サドルをDスパイダーからデフォで付いていたフィジークに変更しました。
というのは、このサドルじゃないと手持ちのサドルバックが付かないからです。出来るだけリュックの荷物を減らしたいので、サドルバックは強力な武器になります。
また、超硬いDスパイダーよりはフィジークのほうがお尻にもやさしいでしょうし。

ルートは、一番難易度が低いといわれているR17、R18コースです。
長野から先、R18野尻湖経由ではなく、飯山街道経由で行こうかと考えていたのですが、「千葉→直江津」ライド×2回経験のぶっちょさんの「飯山街道はきつくないですか?」というお言葉を受けて、速攻でR18一本に決めました。

出発を何時にするか?
考えどこですよね。

切りのよい午前0時発にしようかとも思ったのですが、シュミレーションしてみると到着が翌日の22時を過ぎてしまいます。
なるべく早く出たほうがいいとはわかっていますが、前日というか当日も仕事なので寝ないで出るということは避けたいです。
仮眠を2時間は取りたいとすると、23時には出発しないといけないかなあとか。

概算ですが、23時発として

我が家~秋葉原 50km   2時 着
秋葉原~高崎  110km  7時
高崎~軽井沢  50km   11時
軽井沢~長野  70km   15時
長野~妙高   40km   19時
妙高~直江津  40km   21時

うーん、やっぱり大変だあ。距離と大体の地形を想像しての適当なものだけど、どうなんでしょうか??


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

いやいや、本当にビックリでした。(^_^)
しかし、あれだけの距離ともなると準備も大変ですね。
距離と時間のシミュレーションも、高低差も考える必要があるし、持ち物もフラッと出かける日帰りのとは量も中身も違うでしょうし、それらの荷物を持って自転車を走る負荷も相当なものでしょうからね。その疲れも考えなければいけない・・・
なんて、書いているだけで自分には到底できないな、と思います。(^_^;)
本番の記事も楽しみにしてます。(^o^)/

おつかれさま!

直江津1day ride お疲れ様でした~!
今回は天気にも良かったようで、たのしい旅になったんでしょうね~

僕もまたロングライドの悪い虫が疼き出します。。。 笑))

No title

nobsun3さん、こんばんは。
私としても、はじめてのロングライド、お泊りサイクリングで何を持っていってよいのやらわかりません。まったく初めての事ばかりで、戸惑うことばかりです^^;経験を重ねて一人前のサイクリストを目指します^^

ぶっちょさん、こんばんは。
アドバイスありがとうございました。
実際に走ったことのある人のお言葉は重いです^^
ロングライドの虫、鳴かせちゃってください^^