RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.04
18
今までの自己最高走行距離が鹿島神宮往復270kmだったので、今回はそれを越える300kmを目指すロングライドにチャレンジです。
300kmともなると夜間走行は必須になるので、ピンチェレ号はナイトライド仕様になっております。

コースは成田を抜け筑波山・不動峠を登って霞ヶ浦をかすめて帰ってくるというものです。
出発は午前0時。ちょっとは仮眠できたので、割とすっきりした気分です。パンをひとつお腹に納めます。

そしても黒ヴァームを投入
130415c.jpg


この日は前日から風が強くて出発を躊躇しましたが、とりあえずは追い風なので良しとしました。

当然、真っ暗
130415d.jpg


まだ終電も終わっていない時間なので、街を歩く人もちらほら見かけます。
風に押されて快調な滑り出しです。

まずは国道一本手前の市道で蘇我を目指します。

本格的なナイトライド初体験です。
装備としては、前灯・CATEYE EL540&ジェントス 閃 SG-355B。後灯・CATEYE LD650&GPスカリーライト。

EL540はハンドルに、355Bはクイックにライトフォルダーをつけて装着しました。
この2灯で照らすとかなり明るいです。が、クイックにつけたライトアダプターの径が細く、355Bにつけたライトフォルダーを目一杯きつくしてもちょっと緩いようで、走っている振動で位置がずれてしまいます。

なので、クイックのアダプターからハンドルに場所を移動します。
するとばっちり照らしてくれました。もともと355Bに付属していたライトフォルダーを使えばクイックアダプターでも問題なかったのかもしれません。けど、使わないと思って捨てちゃったんですよね・・・。

EL540のみ
130415e.jpg


355Bのみ
130415f.jpg


EL540&355B
130415g.jpg


これは自動車のヘッドライトなみに明るいです。

ちなみに後灯も盛大にピッカピカしてます
130415h.jpg


蘇我から青葉の森公園脇を通過して国道51号へ。
国道51号は大型トラック天国なので、自転車で走るには地獄の行軍となるのですが、日曜日の深夜ということでさすがに交通量は少なくて走りやすかったです。
そしてなにより強烈な追い風。ラクラク走行で成田までサクッと到着です。時刻は午前2時まえ。

ここから国道408号へ。
あまりお腹空いていなかったけど、コンビニで「一本満足バーホワイトシリアル」を補給。

国道51号よりも街灯は少なくなって、より暗い道になります。
方角が変わったので風向きも変わるかと思ったのですが、案外追い風で余裕です。

しかし真っ暗です。
景色が見えないので、ただライトに照らされた目の前のアスファルトに向かってペダルを踏むだけ。
ときより追い抜いてゆく自動車がありますが、真夜中の田舎道をただ一人黙々と進んで行きます。
これがブルペだったりすれば、同じコースを何台ものをランドヌールが駆け抜けているイメージを持てるのかもしれません。その一員として心強いかもしれません。
しかし私はロンリーローディー。こんな真夜中にただ一人、世界の片隅でペダルを踏んでいる孤独なローディー。誰しもが心安らかに眠りについている夜のとばりのど真ん中で、誰にも知られぬままひとりトボトボと歩む旅人。

長豊橋で茨城県へ
130415i.jpg


茨城県に入って、松山交差点で国道408号は左折します。
するとここから、向かい風です。

今まで追い風基調でいかに楽をしていたのかと思い知らされるほどの向かい風。
いっきにペースダウンします。

一体こんな真夜中に何をしているんだという自問を繰り返しながら、淡々とペダルを回すのみです。
昼間ならば牛久大仏が見えるはずなのですが、漆黒の闇に包まれて何も見えません。
夜に自転車に乗る意味ってなんなんだろう?といまさらながら考えてみたりします。

ふと視線を感じて振り返れば、哀愁をたたえた笑顔が闇夜に浮かんでいました。レストランの駐車場に置いてあったコックさん人形です。びっくりさせんなよ~。

はあ~ここまでで何キロ走ったろ?とサイコンを確認するとまだ70kmと少々。
まだそんなもんか・・・。

岡見中央から県道48号に入ります。ここで強烈な向かい風とお別れ。
ここのコンビニで赤コーラー休憩。午前3時半。

県道48号を進むと、高速道路・牛久阿見ICの入口です。
ここを右折してちょっと登ります。ギアをインナーにするとチェーン落ちです。真っ暗の中チェーンをかけて出発しようとしたらサイコンの電源が落ちています。

再起動して距離を確認すると70kmちょっと。あれ?さっき確認したときと変わっていないじゃないか!
どこかでスタートボタンを押すのを忘れたようです。というわけで、今何キロ走ったのかわからなくなってテンションがた落ちです。

後で確認したところ、この直線区間が記録されていませんでした
130415b.jpg


気を取り直して、先に進みます。
県道48号から県道203号へ。途中の住宅街でグレーチングが外れていたようで落車しそうになりました。やっぱり夜は危ないです。

県道203号からは幹線道路のようですが、真夜中のこと交通量もまだ少なく走りやすく街灯も多くなってきます。
県道203号、県道25号、県道55号と道路の名前は変わりますが、ひたすらまっすぐ進みます。

筑波学園都市へ。

筑波宇宙センター
130415j.jpg


筑波大学などをすぎる頃、小鳥のさえずりが聞こえてきます。

辺りが明るくなってきました
130415k.jpg


美しい並木道
130415l.jpg


筑波山に登る前に、なにか食べておかないとお店がないかもと思って、24時間営業のマックで朝食。午前5時。

130415m.jpg


さて、いよいよ不動峠へ向かいます。
明るくなってきて、景色も見えるようになってテンションが上がります。

県道53号から県道19号に入るはずだだったのですが、気持ちよくスピードにのって気づいたら国道125号まできちゃいました。
軌道修正して、大池公園。

朝日がまぶしい大池公園
130415n.jpg


大池公園の近くに平沢官衛遺跡がありました。平安時代の役所跡だそうです。

朝日を浴びた古代建築(復元)が神々しかったです
130415o.jpg


「カンガ」と振り仮名をふってくれてありがとう
130415p.jpg


不動峠の入口
130415q.jpg130415r.jpg


道は狭く林道のような雰囲気です。
勾配は5%前後でユルユルと登って行き最後に10%がちょっとあってピークです。
反対側から登るのが正しいのか??

しかし、やはり登りにはじめると先日痛めた左膝に違和感が出ます。のんびりモードでチンタラゆきます。

不動峠
130415s.jpg


ここからまだ筑波山に登れるようですが、今回は下ります。

こんな雰囲気の道
130415u.jpg


山桜が満開でした
130415t.jpg


下りきってフルーツラインから県道138号、県道64号、県道141号と繋いで霞ヶ浦へ向かいます。
段々街になってきて、通勤通学の人たちで賑わいだします。

霞ヶ浦のほとりの道に入ってやれやれと思っていたら、自動車がびゅんびゅん通るんですね。通勤時間帯だからでしょうか。
130415v.jpg130415w.jpg


霞ヶ浦から筑波山?
130415x.jpg


ここからが苦行になりました。
向かい風がかなりきついです。
とにかく我慢の走りで乗り切ろうとしますが、気力が持ちません。

湖畔の道は、自動販売機ひとつありません。
右はただ目の前に広がる海のような湖。左は蓮田で作業する農家の方。そしてどこまでも続く一本道。
どこまで走っても同じ風景が走馬灯のようにエンドレスに流れていきます。

あーー、疲れた。
そういえば、5時に朝マックしてから補給していませんでした。
ボトルのドリンクも尽きています。

自販機ないかな・・・。補給したいな・・・。

そう考えながらフラフラと自転車を進ませます。
しかし、たぶん、この先にはなにもない。

並走する県道118号へ逃げます。
コンビニなどはないですが、自販機がありました。

スプライトを買って座り込みます。家から持参したソイジョイをかじりながらスプライトで流し込みます。
少しは落ち着いて、ヨロヨロと立ち上がり自転車によじ登るように跨って、ゆっくりと前へ進みます。

そのまま県道を進むと登り。ここで登りか・・・と思いながらもエッチラゆくと資料館という名のお城出現。

130415y.jpg


お城を過ぎてもう一度下ると国道354号。
霞ヶ浦大橋を渡って、道の駅たまつくりで休憩。午前9時。

かなりへばってます。とにかく座りたかったです。
風も向かい風で、体力も消耗しています。胃腸の具合がよろしくないです。
ロングライドが出来る人って胃腸が丈夫な人でないとダメみたいです。私はどうも200kmくらい走ると疲労で胃腸に血液が回らないような感じになってくるようです。

少し休みましたが、いつまでもこうしていられません。
重い腰を上げて、国道へ復帰します。

お尻が痛いです。
私は鋼鉄の持ち主で、どんなサドルでも大丈夫なのですが、200km近くなってくるとさすがに痛くなってきます。
しかも、ピンチェレ号のサドルは超合金か?ってくらい硬いタイオガ・Dスパイダーです。

また向かい風。
国道355号に入っても向かい風。
右側の彼方に霞ヶ浦があるようですが、ここからは水面は見えません。単なる田舎の民家がある道です。平坦なのが救いでした。

はあ~体調悪い・・・。
時々止まっては、グーグルマップ先生に現在位置を教えてもらい「まだ、ここか」と落胆します。

セブンイレブンがあったのでピットイン。
そしてトイレに直行。

お腹がピーヒャラピーヒャラ踊るポンポコリンなわけです。
いまいちスッキリしないまま、食べたくもないウイダーインゼリーを買って胃袋へ。
本当はBCAAとか補給したかったのですが、コンビニには置いていないんですね。

長めに休憩をとって、リスタート。
相変わらずヨタヨタと元気がありません。

ひとつコンビニをスルーして、次のセブンイレブンに再びのピットイン&トイレに直行。
なぜセブンイレブンなのかといいますと、このコンビニのトイレはウオシュレットだからなのです。

今度は玄米茶1Lパックを買ってボトルに詰めて、残りを飲み干します。
お腹が痛いのに、飲んでいいのかとか、玄米茶ってどうなの?とか思いますが、飲んじゃいました。

ここでも長めの休憩。だいぶ時間をロスしています。
それでも、なんとか走り出して国道51号へ戻って参りました。
国道51号に入った途端に、追い風。
そうなれば現金なもので、俄然元気が出ます。

水郷大橋を渡って帰ってきました、我が故郷。千葉県。
佐原の街です。

「うどん」という看板が目に入ってちょっと早いけどお昼にします。午前11時。

お腹にやさしい力うどん
130415z1.jpg


力うどんで力をもらって、追い風アシストで調子をあげます。
国道51号で成田へ。ここで成田へ向かったことが後になってミステイクだったことを知るのですが、この時点ではなんの疑いもなく成田へ。

追い風なので、脚が回ること回ること。
元気を取り戻して、っていうか単なる向かい風でダメダメなだけじゃないか?

国道51号はアップダウンがあるのですが、成田までサクッと到着。
このまま国道51号で千葉まで行っちゃおうかとか真剣に悩みます。

でも、朝来た道と同じなので国道409号へ左折。途端に風を感じます。いきなり後悔。
しかし、まずまず元気にペダルを漕いで八街へ。

富里辺りのシュールな景色
130415z2.jpg


富里はスイカの街なのです。

八街を通過、高速道路をくぐって県道301号から季美の森経由、県道20号大網街道へ。
大網街道からは五井本納線に抜けようと思っていたのですが、ほとほと疲れていてもうアップダウンは勘弁モード。
そのまま大網街道で誉田まで行くことします。

大網街道は追い風で絶好調に飛ばせましたが、難点があります。
途中に自転車通行禁止の陸橋が二つもあっていちいち押し歩かなければならないのです。

130415z3.jpg


誉田から瀬又まで下って村田川。

ちょうど鯉のぼりを設置しているところでした
130415z4.jpg


村田川はいやされますね
130415z5.jpg


のんびりまったり川沿いを走って帰ってきました。

で、本日の走行ですが、サイコンでは264kmです。
途中でサイコンの操作ミスでロスした分は何キロくらいあったのでしょうか?だいぶ走った気がするので10kmくらいはあるのかな?と思ったのですが・・・。

3kmでした。

ってことで、267km。
あれ?自己最高も達成できてないよ。

よくよく考えてみたのですが、実はこのコースを作ったのはだいぶ前だったのです。計画はかなり以前から立てていたわけです。
確かそのときに、今回走ったルートで計算して距離が足らなかったので、佐原から銚子に向かって降りて農道経由で八街まで行こうとしていたことを思い出しました。
そうすれば300km以上は走れたはずだったのです。が、すっかりそんなことは忘却の彼方へ。

しかし、かなり疲れちゃったのでもう今日はこれでいいや。

アミノバイタルを投入
130415z6.jpg


はじめてのナイトライド付きロングライドでした。
夜走ることについては、正直あまりおもしろくないという感想です。とにかく景色が見えない。淡々と前に進むだけです。

そして長い距離を走ること。
私の場合、200km以上は体調を犠牲にすることになるようです。
まず胃腸が不調になることと、お尻が痛くなること。この二つの現象は自転車を乗る楽しみを、上回る苦痛へと向かわせます。

やっぱり自転車は楽しく乗らないと意味がないと感じる一方で、かつては160km走ったくらいでバテバテになっていた私なので、訓練しだいで新しい世界を見せてくれるかもしれないという淡い期待もないこともないです。
自転車とは、常にチャレンジ精神とともにあるともいえるからです。
後半、割と元気よく走れたので、そのへんにヒントがあるのかも?

また、補給。
今回は、走る前に黒ヴァーム。走った後にアミノバイタル。
走り終わった後に、3本ローラーで軽くクールダウンをすると疲労回復効果があるということなのですが、帰ってすぐにローラーに乗るのははばかれたため、帰りの10分くらい軽いギアで高ケイデンスで回してダウンして帰りました。

そのどれが効果があったのかわかりませんが、翌日はだいぶ楽でした。
普通、このくらい走ればバテバテなはずなのですが、そうでもなかったのは、推測ですがアミノバイタルが効いたかなとか。
やはりサプリに頼らないとだめなお年頃です。

130415a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。ブルベ仕様はこの為だったんですね~。
怖いので夜はあまり走りませんが、夜明けの感じは好きです。
世界が動き始める感じがしますね。

No title

ひろさん、こんばんは。
夜明けの感じ、私も好きです。でも、夜中の感じはちょっと怖かったです。1時~4時くらいの間は雰囲気が違いましたね^^;

こんにちは

今の時期、ロング走ろうとすると必ず夜間走行が付きまといますよね
私なんだか怖くて夜は嫌いなんですよね
夏場の3時スタート20時帰宅ぐらいが限界なのかな?
レースじゃないので距離走ってもあくせくしないでマイペースな気分が大好きです

No title

Badコンディションの中、ホントお疲れ様でした。
夜中のロンリーライドはビクビクですよね。角を曲がると突然に墓地があったり。。。
僕は『おばけなんてないさ♪』を大きな声で歌いながら走ってます。 w

No title

KIKUさん、こんにちは。
夜明け前、これから日が昇るっていうときの薄明かりが好きです。今までは夕方になると早く帰らないとと焦っていましたが、ライトが充実してきたので少しくらい暗くなっても安心感が出てきました。

ぶちょさん、こんにちは。
今回は月明かりや星が見えなかったので、真っ暗でした^^;星空の下を走るのはまた違った趣なのでしょうかね??

No title

こんばんわ。ご無沙汰しています (^。^)y-.。o○

ロングライドお疲れ様でした。
長距離もすごいですが、夜長時間の走行というのがこれまたすごいですね。
「その先を」というのは多分サイクリスト共通の思いですが、なかなか難しいですね。
体調不良の中、事故なく楽しめたみたいでなによりです (^。^)y-.。o○

No title

ひろ父さん、こんばんは。
夜間走行というのは、ある程度以上の距離をゆくと必ずついてくるやっかいなものですね^^;白夜になればいいのになあとか思ったりします。
体調不良もロングのおまけみたいなもので、どうにかしたいものです。

No title

深夜発のロングライド、お疲れ様でした。
夜の真っ暗な中を一人で走っていると、道路の状況が見え難いしかなり神経を集中して走らないといけないので、それだけでも疲れそうですね。しかも昼間でも疲れる300km近い距離を走ったともなれば、その疲れも相当なものでしょう。本当にお疲れ様でした。

nobsun3さん、こんにちは。
やはり夜間走行は疲れます。けれどある程度以上の距離を走る時は、ついてまわるものなので慣れないといけませんね^^;まだはじめたばかりなので思考錯誤しないと(~_~;)

No title

ぐりさま
お疲れ様でした。
またまた、こんなロングを走っていたとは…。
流石です。
色々と参考にさせていただました。
特に、サプリ。
早速、CCDとBCAAの粉末を調達。
GWのロングライド(私の精いっぱいの)で、
使用します。
あと、「走る前に黒ヴァーム。走った後にアミノバイタル」これも、参考にしますね。

kuroさん、こんばんは。
走る30分前に黒バーム、走り終わった30分以内にアミノバイタルは効果あると思います( ̄^ ̄)ゞロングガンバです(^^)