RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.01
22
先週は雪の影響で自転車に乗れなかったので、久々の実走です。
しかし、夕方から夜にかけてまた雨か雪という予報。雪はもう勘弁願いたいです。

朝は薄い雲に覆われて、薄日がさす空模様。
ちょっと寒そうな予感がしましたが、9時半スタートということもあって、走り出して30分もすると暑くなってくるほどでした。
風もなく自転車日和。

今日の行き先は、久しぶりに富津方面にでもいってみようかなあ・・・という程度の無計画。
地図を眺めていたら、前に走っていて気になった通りがあったので、ここを通って木更津まで出ようということだけ。

とりあえず東京ドイツ村の前を通過して、久留里街道に入ります。
日陰はまだしっかり雪が残っていて、路肩にも凍りついた残雪があるのでちょっと注意が必要ですね。
なんでもここいらに住んでいる人の話では20cmほど積もったそうなので、ちょっとでも標高が高いとだいぶ違うものですね。

久留里街道を少し進んで、湯名の交差点で県道166号に右折。すぐに県道145号を右折して、富岡小学校方面に左折。
この道が、気になっていた「山ゆり通り」です。

初めて走る道は、やっぱり楽しいです。
実際はなんてことない田舎道ですが、「うわー、ここから登りか」とか「牧場があるのか」とか新鮮な気分で走れます。

実は私がこの道を見つけたのは、反対側・県道33号を通っている時だったのです。
走りながらなんかいい感じの坂があるなあと。

写真でみるとそうでもないけど、肉眼で見るともっと急に見えます
130121b.jpg130121c.jpg


こちら側から走ってくるとあまり急な登りはなかったです。
県道33号まで降りてきて「反対側から走ったほうがのがよかったのかなあ・・・」とか思いながら先に進むと、また登り。
谷のようになっていたのですね。

その登りがこれ
130121d.jpg


体感的には20%もあるようには思えなかったけど,瞬間的に20%の箇所があるのかなあ?

この道をまっすぐ進むと木更津駅に着きますが、途中で国道16号を左折して君津方面へ。
国道16号はしばらく行くと国道127号と名前を変えて、毎度おなじみの鹿野山へと続いてゆきます。

鹿野山といえば、定番のパン屋さん。

またきちゃった かさりんご
130121e.jpg


お使いミッションも完了。
ここから、気分がのれば鹿野山を登ってもいいかなとか思っていたのですが、なんとなく山モードでなかったので富津岬を目指します。

この先に「郡ダム」という小さなダム湖があって、前に行ったときにきれいだったので、郡ダムを経由して向かうことにします。
国道127号を郡交差点で右折すれば郡ダムです。

130121f.jpg


静かな湖畔の森の影からカッコーは鳴いていませんが、キラキラ光る水面を眺めているだけで癒しモードです。

いつまでもこうしていたいのですが、出発します。
と、思ったところでこんな標識を目にします。

130121g.jpg


三舟山?聞いたことないですが行ってみることにします。
展望台でもあって、景色が良い場所に出れるのかなと期待しつつペダルを漕いでいたら、むしろ下り基調。
あれ?いつまでたっても登りません。

で、着いたところはこんなところ
130121h.jpg


遊歩道というかハイキングコースというかそんな感じだったんですね。

なんとなく肩透かしをくらって、もと来た道を戻る気になれずそのまま進みます。
当然あてずっぽうに走ります。

で、案の定、ここから迷走するわけです。
とりあえず、適当に走っていると「富津岬」の標識が出てきたのでそちら方面へ。
しかし、その後に標識は途絶えて、「たぶんここを曲がるんだろうな」という交差点をパス。
こういうときになぜパスするのかが謎なのですが。

そして、大きな建物が見えてきて「富津市役所」の前にきてしまいます。
ここで、やっと携帯でルートの確認をします。今更ですが。

次の交差点を曲がるんだなと思っていた場所まで来ると、「富津岬 右折 郡ダム 直進」の標識。
富津岬は何度も行っているし、特に面白いものもないし「なんかもう富津岬いかなくてもいいや」という気分になって、直進します。

しかし、直進してみたものの、低い山と枯れた田んぼを縫ってゆく景色が続く平坦路。
3本ローラーに乗ってる気分で、淡々とペダルを踏むばかり。

まだ着かないのか郡ダム!といいかげん飽きてきたところで、激坂登場。

またきちゃった郡ダム
130121i.jpg


本日2回目の郡ダムです。
ここから国道に戻り内房線脇をひた走るルートで帰宅。

本日の走行は97.7kmでした。

本当に行き当たりばったりライドになってしまいました。
まあ、たまにはいいか・・・。

うちに戻って、自転車を降りるとツールボックスの蓋がない。
途中、木更津でドリンク補給したときにはあったはず。そこから自転車を折りなかったのでどこで蓋が落ちたのか?
家の近所を少し戻って探しましたがありませんでしたので、諦めましょう。

で、さっそくポチッたのは、シマノPROのこちら
130121j.jpg


白は汚れるので、今度は黒にしました。

130121a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
私は木更津側からですが、山ゆり通りは高滝湖や大福山方面へ行く時によく通っています。
下宮田にある20%標識は、脇道のものですね。あの坂自体は最大でも8%くらいだったと思います。
それにしてもいろんな道をご存知ですね。とても参考になります。

No title

海から少し中に入るだけでこんなに坂があるんですね~。
平坦でも工場の脇をひたすら走るより楽しそう。
次回の東京湾イチの参考にさせてもらいます^^

No title

puyanさん、はじめまして、こんにちは。
やっぱりあの20%は違っていたのですね^^;次回の宿題とさせていただきます。いろんな道を知っているというか、知らない道に迷い込んでしまう体質のようです・・・。

のりおさん、こんにちは。
千葉は国道からちょっとはずれると田舎道なので、ぐっと自転車で走りやすくなりますよ^^

No title

THE・千葉内陸部の道って感じでいいですね~
また千葉に行きたくなりました^^
で、2月の火曜日はどうです?
今度は車載かな^^

No title

まるおさん、こんにちは。
千葉においでませ~^^2月19日なら大丈夫ですが、ご都合いかがでしょうか??

No title

激坂をガシガシ登るのもいいですが、冬の柔らかく暖かい日差しの中、ノンビリマッタリと走るのはいいですよね。
もっとも自分は常にノンビリマッタリですが。(^_^)
木更津や富津方面の道は、自分の所からだと少々行き難い所なので、雰囲気だけいつも楽しませていただいてます。

No title

nobsun3さん、こんばんは。
冬はやっぱりまったりモードです。茂原からだと富津はちょいと遠いかもしれませんね。輪行するほどのことでもないし、なんとなく疎遠になる場所ってありますね。私の場合、八街とか芝山とかかなあ・・・。

No title

こんばんは、鯖夫と申します。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
ぐりさんのブログを見て、自分も自転車の世界にのめり込みました。
なので毎回ブログアップを楽しみにしています。
ボトルゲージの蓋、私も落とした事があります。走ってると音が聞こえないので気付いたらなくなっていた感じでした。
それ以来、ボトルの蓋はしっかり締めるようになりました・・・
初めて通る道はウキウキしますよね〜、迷走する事もいい思い出になります。


No title

さばおさん、はじめまして、こんにちは。
愚ブログをご愛読いただき恐縮でございます^^;
自転車オフシーズンですが、細々乗ってゆきましょう。ツールボックスの蓋がはずれたのも心のゆるみがあったのかと反省。運行前点検大切ですね。

こんにちわ

ぐりさま
斜度20%とは…
スキーやらなくなってからいままで、
そんな坂とは遭遇していないと思います。
少なくとも、自転車では。
ルートとしては、
外房から遠いし、
私の実力的には、
ちょっと無理!

No title

kuroさん、こんにちは。
実はこの20%というのは、わき道のものだったようです^^;20%の坂なんて人間が自転車で登るようなものではないですよね^^