RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.09
28
前回チェーンを交換してから、8,000km以上走ってしまったので、交換することにしました。
といっても今のチェーンには、体感的にはなんの不具合もないのですが・・・。

そして、チェーンを交換するときに、巷で話題のオイル・innotech105を試してみようと思っていました。
このinnotech105は、純粋にオイルというよりは、コーティング剤に近い性質のようです。

私のお知り合いやお知り合い以外のブロガーさんの評価も、すこぶる良好なので楽しみです。
なんでも、ウエットの感触なのに触っても汚れない。1回の注油で300km以上、なかには1,000kmも走れるという話もあったりします。

もともと、ウエット系オイル好きな私には、夢のようなオイル。
今使っている、タクリーノも感触・オイル持ちについては気に入っているのですが、いかんせん汚れがひどい。

今回交換するチェーンは5600系105
120928.jpg


チェーンを交換するときに、グレードアップされるかたは多いですが、私のピンチェレ号のコンポは5600系105なので、チェーンもそろえました。
初めてチェーンを交換したときに、5700系105のチェーンに交換したのですが、なんとなく調子が悪かったです。
まあ、チェーンの長さとかもミスったので、そういう要因が大きいのだと思います。

が、自転車屋さんいわく、
「5600系のコンポには5600系のチェーンが相性がいい」
ということも言われて、至極納得した覚えがあります。

というわけで、チェーンはこれでいいのだ。

さてと、チェーンを交換する前に、innotech105を塗布しなければいけません。
このinnotech105は、普通のチェーンオイルのようにすればいいというわけではありません。

手順は、チェーンを完全に脱脂して乾燥させ、innotech105を塗布。
そのまま24時間乾燥させるということなのです。

私は、念には念を入れてパーツクリーナーで新品のチェーンを脱脂して、ハンガーにつるし一晩乾燥させました。
それから、innotech105を6時間どぶづけ。
実は、この時、あまりつけ過ぎると乾燥に時間が掛かるから、ほどほどでいいということを後から知りました。
どぶづけしたinnotech105を、ハンガーに2晩と6時間ほど乾燥させます。

その結果、チェーンに触ると少しべたついますが手は汚れません。
チェーンを切って、取り付けます。

実は、同時進行でスプロケもばらして、innotech105を塗っておきました。
ピカピカチェーンとスプロケです。

ここで、問題発生。
チェーンを取り付けるとき、アンプルピンを押し込みますよね。
前にチェーン交換したときには、押し込むと自然に先端が折れたんです。
今回もそうだろうとグイグイ押し込んでも、ピンの先端が折れません。

ペンチなどで先端を折ると説明書にはあるので、ペンチでギュッ折ろうとしますが、びくともしません。
あんまりやると、チェーンのリンクが曲がりそうだし。

押し込みが足りないのか??
ちょっとづつ、押し込むと・・・

ポロッ

あああ・・・・

反対側に落ちちゃいました。

それは、どうしよう・・・。
予備のアンプルピンないし・・・。

再利用。
また、グイグイ押し込んで、ペンチで折るのですが、折れない。
なんでこんなに硬いの??

気合でぐいっとやったら、折れました。
ヤレヤレ。

でも、一度使ったアンプルピンを再利用って、大丈夫なのかなあ??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント