RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.09
04
夏季休暇中というnobsun3さんが、ポタリングに出かけるという情報を目ざとくゲットして、ご一緒させていただくことにさせていただいました。
普段ソロで走ることが多い私ですので、誰かと一緒に走るということ自体がイベントなのであります。

例によって、ルートや道案内はすべてnobsun3さんにおんぶにだっこ。
ミステリーツアーとは無縁の、スムーズライドでした。

一応の集合を午前9時に高滝湖ということに決めていたので、余裕を持って7時半過ぎに家を出ます。
先週は、灼熱の霞ヶ浦だったのですが、今日は空の高いところに雲もかかって、いい具合に日差しがさえぎられサイクリング日和になりました。

サイコンのスイッチをいれて、さあ出発というところで、ハートレートが反応しません。
渋峠に登った日も、一瞬ハートレートが反応しなくて再起動したら直ったという現象があったのですが、先週の霞ヶ浦ではなんともなかったです。
ただ、2日前にローラーに乗ったときにもハートレートは無反応で、その時はあまり気にしていませんでした。

そして、今日はうんとすんとも言いません。
何度か再起動を繰り返しますが、変化なしです。
これは電池がないのか?と思い、リアライトのボタン電池が同じ型式だったので交換してみました。リアライトの電池は最近代えたばかりなので、電池がないということはありません。

しかし、これでもだめ。
nobsun3さんとの約束の時間もあるので、このまま行くことにしました。
私は、主に心拍とケイデンスを確認しながら走るので、ハートレートが起動しないというのは、走りづらいです。

思いもかけない時間ロスしてしまったので、ちょっと急いで走ります。
毎度おなじみ、ウグイスラインの川在交差点から原田に下りて鶴舞公園を右折して大多喜街道をちょっと走って象の国の入口の坂を登ります。
坂を登りきったら、前方にローディーさん。
平日のこの辺りでローディーを見ることは少ないので、もしかしたら?と思ったら、やっぱりnobsun3さんでした。

このまま高滝湖まで下って、ちょっと休憩。

nobsun3さんのデコ2号
120903b.jpg


もう一度ハートレートセンサーの電池をはめなおしてみたり、右膝に違和感を感じたのでサドルをちょっと上げたりします。
ハートレートは変化なし。サドルは、最近よく右膝に違和感を感じるので、そのたびちょっとずつあげるのですが、またすぐに違和感を感じます。もしかして、乗ってるうちにサドルが下がってきてる??

時間をとらせてしまいましたが、仕切りなおしてここからスタート。
もちろんnobsun3さんに先行していただきます。

千葉県射撃場の坂を登って降りて、伊藤大山へのアプローチのダラダラ坂から県道172号へ。
この道は、nobsun3さんは未走ということでした。こちらから行くには下り基調でしたが、反対側からだとちょっと骨のある道です。次回は反対側から登ってみてくださいね、nobsun3さん。

清澄養老ラインに入って、養老渓谷駅を目指します。
この辺りの風景は、渓谷の雰囲気が色濃くどこか遠くの山の中のような雰囲気で好きな道です。

養老渓谷駅に到着
120903c.jpg


走っていると感じませんが、止まるとやっぱり日差しが強いです。
ちょっと休憩して、リスタート。
養老渓谷温泉へ、ハンドルを向けます。

いくつかのアップダウンを心地よいペースですり抜けて、温泉街へ。
老川交差点で国道465号を右折。
ここからジワジワと清澄山まで基本登り基調。
のんびりペースで、緑や空を楽しみながらジワジワ行きます。
ほとんど車も通らないので、おしゃべりに花を咲かせながら登ってゆきます。

七里川温泉から、また県道81号が復活。
路面は悪いけど、自然いっぱいの雰囲気がある道です。
せみ時雨のなかを行きます。
しかし、せみの種類が多い。私の知っているせみすべての鳴き声が一斉の空から降ってきます。
大きなトンボも飛んでいて、私に突っ込んできました。

四方木峠はどこだ??という話をしながら、走ってゆきますが結局ここだ!という場所は確定できませんでした。
四方木峠というバス停を見つけましたが、そこは峠という雰囲気がまったくしない場所だったからです。

そんなこんなでついにピークまで登り切って、清澄寺へ。
私は神社は好きなのですが、どうもお寺が苦手。なのですが、この清澄寺はすがすがしい空気に包まれていて気持ちがいい場所です。

清澄寺
120903e.jpg120903d.jpg


しばし休憩して、ここからは一気に下ります。
あっという間に、安房天津。

今までの山の景色から、海の景色へ。
やっぱり山から下りると、暑さも増します。

安房天津から安房小湊へ。
お昼も近いので、安房小湊駅近くの「なかむら」へ。

120903f.jpg


前来たとき、おらが丼を食べたので、今回は「あじのたたき定食」にしました。

120903g.jpg


さて、お腹もいっぱいになって午後も張り切って走りますよ~。
県道82号でまた山の中に入ってゆきます。
ここの九十九折れをなんとか登ると、そこは秋でした。

稲刈りを待つ頭をたれた稲穂。高い空。さわやかな風が通り抜けます。
県道177号へ。
広くきれいに舗装されたこの道は、自転車で走るにはうってつけ。ほとんど車も通らないし、アップダウンも感じないくらいに平坦。
ゆっくりと景色を楽しみながら走っていると、nobsun3さんの右折サイン。

平沢ダムに続く道だそうで、道幅は狭くなり山道の様相。
点在する民家と緑を通りすぎて、平沢ダムへ。

120903h.jpg


水辺だからでしょうか、風が強いです。
天然扇風機。涼しいです。

国道297号、大多喜街道に入ります。
追い風でグングンスピードがでます。

大多喜といえば、道の駅・たけゆらの里おおたきのソフトクリーム。
ここを素通りするわけにはいきません。

120903i.jpg


濃厚ソフトクリームは相変わらず美味です。

大多喜街道、船子交差点を少し過ぎた辺りで、またまたnobsun3さんの右折サイン。
マニアックロードへの誘いでございます。

具体的にどこを走っているのかイメージできないまま、田んぼの中をゆきいつのまにか県道151号に入っていました。
行元寺から県道150号で道の駅・むつざわ。ここを左折して広域農道へ。
芝原交差点で、私は県道148号へ。nobsun3さんはそのまま茂原方面へと。

nobsun3さんには終日曳いていただき、ただただ着いて行っただけで何のお役にもたちませんで申し訳ありませんでした。
これに懲りず、またご一緒お願いいたします。

で、私は県道148号で長南方面へと行くんですが、前方に怪しい雲が広がっています。
この日は、雨雲が遠く近くに見えていて、雨に降られなければいいなと思いながらのライドでしたが、ついにその時がやってきました。

長南町役場手前くらいからポツポツと。
気づけば路面も濡れています。これはかなり降った後のようです。
幸いポツポツくる雨は、帰宅途中の小学生がカサを振り回して帰るくらいのものだったので、大して濡れもせず走れました。

国道409号に入ります。
相変わらず路面は濡れたままです。雨は降ったり止んだりですが、路面は水溜りができるくらいウエットなので水を巻き上げて走らなければなりません。
そのうち、いつか靴下がびしょびしょになってしまいました。メッシュのSPDシューズなのでしょうがないですね。

なるべく楽な道で帰りたいといろいろルートを考えますが、結局どの道をいっても登りがは避けられないので、素直に原田からウグイスラインに入りエッチラコッチラ登ってきました。
川在で県道13号に入りますが、ここは他が晴れていても雨が降っていることが多く、こんな日はもちろん雨でした。

大多喜街道に戻って、市原市役所辺りで青空が見えてきて大きな虹がかかっていました。
これは雨に濡れた罪滅ぼしでしょうか。

それほど暑くもなく、サイクリング日和でした。
夏の名残と秋の気配がいりまじった風景を感じられたライドでした。

本日の走行は、149.15km。

帰ってから、自転車の大掃除・・・。



120903a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ありがとうございました。

昨日は、ご一緒にポタしていただきありがとうございました。
自分も基本ソロで走るので、正直、ぐりさんの前を走るのはとても緊張しました。(^_^;)
今回のコースは、ぐりさんにとってはあまり面白みの無いコースだったと思いますが、田舎の長閑な風景の中をノンビリと走るのも自転車の楽しみの一つということでご勘弁ください。もっとも自分の場合は昨日のようにノンビリと走ることしかできませんが・・・(^_^;)
別れた後、雨に降られないか心配しましたが大したことなくて良かったです。
これに懲りず、また機会があればご一緒させてください。
次回はもう少しマニアックなコースを選んでみましょうか。(^O^)

No title

昨日はお世話になりました。終日、曳いていただき申し訳ありませんでした^^;
今回のコース、改めて房総は自転車天国だと再確認いたしました。田園あり海あり丘あり。短い距離でくるくると変わる風景も楽しいです。
雨はほとんど降られはしなかったのですが、路面がずぶ濡れでその水を巻き上げで濡れてしまいました。おかげで自転車の大掃除ができて、ピカピカです^^
銚子ポタもよろしくお願いいたします~。

こんにちは

このコースは里帰りした時にはとっても参考になる楽しそうなコースですね!
nobusun3とはまだタイミングが合わなくて一緒に走ったことないですが、実家にはDEFYでかえるのでのんびりポタを楽しみたいですw
しかし相変わらずぐりさんは文才がありますね^^

No title

KIKUさん、こんにちは。
海あり山あり田んぼありのたのしいコースでした^^nobsun3はカメの皮をかぶったウサギなので気をつけてください。あんなに立派なふくらはぎを持つカメはいません^^
ブログの文章を書くのが年々難しくなってきます。自転車乗り始めた頃は、見るものすべてが物珍しく感動もいっぱいあったのですが、最近はすべてに新鮮味を感じられなくなってしまって。結局どの道を通ったという報告書みたいになってしまいます^^;地元自転車乗りには少しは分かってもらえても、他県の人が読むには面白みにかけると思っているところです・・・。

No title

こんばんは。
このコースは、山も海も楽しみていいですね〜。のんびり走るには、千葉は最高ですよ!前は、坂を求めて走っていましたが、最近食傷気味です(^_^;

No title

隣の芝生は青いということでしょうか、山ばかり登っていると、平らの道も走りたくなるということでしょうね^^平らばかりだと山に登りたくなります~。

No title

コラコラ(⌒-⌒; )
カメの皮をかぶったウサギって、あのノンビリと走る様子はカメさんそのものでしょ?あれが、自分の真の姿ですよ~。(^_^)

No title

nobsun3さん、こんにちは。
いやいや、あのダウンヒルの速さや安定感あるペダリングはなかなかのものだと後ろから見ていました^^ケイデンスも高めですよね~。

No title

下りはスキーで滑るのをイメージして楽しんでますが、スキーと一緒で重い体重を利用して単に落ちてるだけです。(^_^;)
もちろん自分がコントロールできるスピードに抑えながらですけどね。
清澄の下りは脇道がなくて車も少なかったので爽快で楽しかったです。(^o^)
ケイデンスはいつも軽いギアで走ってるので高めに見えるのでしょう。でも、せいぜい80台ですよ。90以上ではスタミナが持ちません。(^_^;)

No title

nobsun3さん、こんにちは。
DHというのは、コツがいりますよね。私は昔オートバイに乗っていた経験がかなり役立っています。スキーも降るスポーツですから、おおいに役立っているのでは??