RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.08
26
渋峠は、白根山と横手山を結ぶ峠で標高は2,172m。日本の国道で一番標高が高い地点にあります。
かねてから登ってみたい峠のひとつでありましたが、念願かなってアタックです。

前日の軽井沢ポタのあと、草津に移動して一泊。
ぐらとこども達は、軽井沢でお買い物ツアー。草津には温泉入りに来た感じでしょうか。

8時半頃、宿を出て一人白根山へ向かいます。草津から登ると白根山の先に、渋峠はあるのです。
草津がそもそも1,200mの高地にあるので、今回は1,000mほどしか登りませんね。

まずは草津・天狗山まで。
ここまでもなかなか坂がきついです。
なぜかサイコンの心拍が計測されず、センサーを濡らしたら復帰しました。冬にはよくある現象ですが、この時期にそんなことってあるのでしょうかね?そんなに乾燥してるの??
このおかげでサイコンのデータが少し狂ったような・・・。

国道292号に入ると、いよいよ白根山アタックです。
林間の道をゆっくり登ってゆきます。
5%くらいの坂と7~10%くらいの坂が混じった感じでしょうか。激坂ということはありません。

実は自転車に乗るのは、7月の終わりに西伊豆を走った以来でした。(前日の軽井沢ポタを除く)
それ以外は、3本ローラーには乗っていましたが、久々の実走は脚が回りません。やっぱり3本ローラーでは、ヒルクライムの練習にはなっていないようです。
ゼーゼーいいながら、一人ゆっくり登ってゆきます。

ただ、暑くないのが救いでした。
ときより見下ろせる風景が、気持ちを上げてくれます。

そんな風に進んでゆくと、硫黄の臭いが漂ってきました。

<写真はすべて下りながら撮影です>

殺生河原
120821b.jpg


駐停車禁止の看板が設置されています。
有毒ガスが充満する危険地帯だそうです。
植物も生えていない、まさに地獄のような場所です。

そこを過ぎると、だんだん木がなくなってきます。
森林限界というやつでしょうか。緑の下草だけになって景色が開けてきます。

120821c.jpg120821d.jpg


流れる風景が絶景の連続なので、坂を登る苦しさも忘れてしまいます。
カーブを曲がるたびに、次々と現れる風景画を見るようです。
まあ、風景画の中にやたら急に登っている道も目に入ってしまうのですが・・・。

登ってきた道も見下ろせます。これを見るのもヒルクライムの醍醐味。
120821e.jpg120821f.jpg


そして、白根山登頂。
120821g.jpg


滝汗でゼーゼー言いながら、休憩。
ベンチに座って赤コーラを補給していると、汗が冷えて寒くなってきました。
息も整ったところで、渋峠を目指します。

ここまで来ちゃうと、たいした登りもありません。
景色が美しいです。

120821h.jpg120821i.jpg

ほどなく国道最高地点。お約束の記念撮影。
120821j.jpg

そこからの眺め
120821k.jpg


この先をちょっと走ると、渋峠。
120821l.jpg120821m.jpg


ここから引き返します。
カメラを首からぶら下げて、ゆっくりのんびり写真を撮りながら下ります。

さっきまでヒーヒー云いながら登ってきた坂も、下りはサーーっと草津まであっという間です。
これから、ぐら達の待つ軽井沢まで行かねばなりません。

やっぱり渋峠から1,000m降りてくると、暑いですね。日が昇ってきたのもあるのでしょう。
草津の道の駅で、ソフト休憩です。

120821n.jpg


しかし、ここからはまだまだ下りなので楽チンです。
大津まで、一気に下ります。

ここから国道144号を経て、国道146号へ。
またまた長い登りの始まりです。

草津から白根山まで14kmを870m登ったのですが、国道146号の始まりから18kmを710m上がります。
これはなかなか大変でしょ??白根山と違って景色が良いわけではなく、暑いし・・・。

ずっと登りっぱなし
120821o.jpg


地味に山道が続きます。
ハアハア言いながら、ジワジワ進みます。

ここ国道146号は日本ロマンチック街道です
120821q.jpg


この日本ロマンチィック街道というのは、ドイツのロマンチック街道にちなんでつけられ、沿線がドイツの環境に似ているというところからだそうです。

浅間高原で、一旦ピークをむかえるも地味に登っています。
120821p.jpg


途中のコンビニでおにぎりとリンゴジュース1L補給。
浅間山が見えてきました。

120821r.jpg


北軽井沢に近づくにつれ、交通量も増してきて段々走りづらくなってきます。
あーー、長いなあ・・・といいかげん疲れてきた頃、やっとピークへ。

120821t.jpg


ここから下りです。
下れば中軽井沢。軽井沢の標高は940mなので、関東に比べれば涼しいのですが、白根山や草津と比べてしまうとやはり暑いですね。
軽井沢までさくっと走って、時刻はまだ2時頃でしたが本日のライドは終了。
碓氷峠でも行ってみようかとも思いましたが、もう坂を登る気分ではなかったです。

本日の走行は、86.7km。

好天に憧れの渋峠に登れて良かったです。
やっぱり絶景の中を走るのは、最高ですね。



120821a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

渋峠やはり絶景ですね~
一度は行ってみたいですが、日帰りは難しいかな~
天気が良くて良かったですね。

No title

↑コメントに名前を入れ忘れました。

No title

kumaさん、こんにちは。
渋峠、日帰りは厳しいですね^^;でも景色は最高に良かったです。機会あったら是非!!

No title

おぉ~憧れの渋峠!
本当に絵のような素晴らしい絶景ですね。
来年こそは行きたいな・・・

No title

のりおさん、こんにちは。
絶景を走るのは、最高に気持ちいいですよね。でも、森林限界まで登るのはそれだけ上がらないといけませんけどね^^;

No title

日本一の高所にある国道の渋峠走破、お疲れさまでした。
車では何度か超えたことはありますが、自転車であの坂道を上るなんて想像もできませんでした。
絶景を観ながらノンビリと休み休み走るのもいいかもしれませんね。
なんて無謀なことをつい考えてしまうほどの絶景。いいなあ。
日本一の高い国道の峠を制覇したら、次は世界一の峠越えを狙ってみますか?(^_^)

No title

nobsun3さん、こんばんは。
渋峠は絶景でした。是非、機会があればトライしてみてください。千葉の自転車乗りの私ですが、のんびり登ればどんな坂だって登れちゃいますよ^^国道では一番高い場所ですが、国道以外で高い峠はまだまだあるのでチャレンジしてみたいです。

No title

草津、軽井沢、楽しまれたようですね。
草津は良く行きますが、正統派ポタリストなので渋峠に自転車で行こうとは夢にも思いません^^;
軽井沢、草津間は片道走って片道バスで帰ってこよかな~と思ったことはあるのですが、ぐりさんの感想を読んだらこれもや~めた!(笑)

No title

ハルルさん、こんばんは。
草津周辺も十分山ですよね。ポタリングにはならないかも。草津にはサイクリングロードがありましたが、あれはどんな感じなんでしょうかね。
軽井沢を出て草津に向かえば、逆ルートよりは楽ですが、それでも立派にヒルクライム。あの辺りは平地がないのでしょうか。