RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.07
31
JR東日本には、お得な割引きっぷが何種類かあります。
そのうちのひとつに「休日おでかけパス」なるものがあって、西は小田原・大月・奥多摩、北は本庄早稲田、東は土浦、南は君津。上総亀山とそのエリア内ならば一日乗り降り自由。
かなりお得なきっぷなのですが、使えるのは土曜・休日のみ。平日休みの私には縁がないものなのです。
しかし、例外として4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日も使用可能。

ということで、今回はこのきっぷを使ってどこかに行ってやろうと計画を立てました。
そこで思いついたのが、以前KIKUさんとkumaさんが行かれていた「西伊豆スカイライン」です。
高原の絶景ロードということで、このうだるような下界から脱出して涼やかなる空気に包まれながらのんびりサイクリングと洒落込もうというわけです。

休日おでかけパスは小田原までしかフリーエリアじゃないので、小田原から箱根を越えて修善寺まで来て、そこから西伊豆スカイライン経由で伊東まで出て輪行という150kmほどのルートを考えていたのですが、KIKUさんの「函南を8時頃出発して宇佐美に16時頃着いた」というお話をきいて、即効で計画変更。
私も函南まで輪行することにしました。

考えてみれば、函南から距離も100km弱あるし登りもどっちゃりひかえているので、平地を走るような感覚で計画しちゃ無謀ですよね。
普段まっ平らな千葉しか走っていないので、その辺の感覚が欠如しています。
車で移動なら夜中に家を出て,早朝から走れれば時間も稼げるのですが、輪行の場合どんなに早く出ても始発よりは早く出れないわけですし。

当日は早起きをしてもちろん始発の電車に乗るつもりです。
自宅から最寄り駅の5時22分発の電車に乗るつもりだったのですが、思いのほか支度が早く整ってしまって蘇我駅まで車で送ってもらい(もともと駅までは車で送ってもらう予定だった)5時8分東京行きに飛び乗ることに成功。
東京駅の端っこにある京葉線ホームから自転車担いで、競歩のように東海道線乗り場まで一心不乱に歩いて6時7分の熱海行きにもぎりぎり乗れて乗り継ぎもうまくいきました。

輪行袋置き場として、先頭・最後尾車両は定番ですが、東海道線は車両にトイレがあってその前のスペースも広いので使えます。
時間も早いので東京を出る頃にはガラガラな車内でしたが、横浜辺りから通勤客が増えてきて平塚まで混雑していました。これが平日輪行のネックだったりします。始発で出てきてもどこかのタイミングでラッシュアワーにぶつかるということ。
まあギューギューの満員電車というほどではなかったので、助かりました。
平塚でどーっと降りて、その後はまたガラガラ状態になりました。以前小田原まで輪行したときに、国府津で満員だった乗客が降りた記憶があるのですが、人の流れが変わったのでしょうか。

熱海でJR東日本からJR東海に。
函南に着いたのは、8時13分でした。

は~るばる~きたぜ~かんなみ♪
120730b.jpg


電車の中は冷房が効いていたのでわからなかったですが、日差しが痛いくらいに強いです。
輪行袋から自転車を取り出して、組み立てるだけで滝汗です。

8時半に駅を出発。
駅から降ってすぐの、小さな商店で調理パンと500mlコーヒー牛乳。

ここから県道144号で伊豆箱根鉄道の大場駅を越えます。そのまま国道136号・下田街道に出て修善寺を目指せばいいのですが、それじゃあちょっと遠回りと思って、また踏み切り渡って南下します。
天才的な方向音痴なんだから、そんなことしないで遠回りでも確実な道を選べばいいものを・・・。
で、案の上迷います。

すぐに後悔。しかし、いまさら戻るわけにもいかず迷走は続くのです。
そういえば、KIKUさんのブログに川沿いのCRがでてきたっけと思い出します。
走っていたら、それらしきCRがあってこれか?と思い走ってみるも、すぐに途切れてしまいます。

なんだかもう自分がどこにいてどっちに向かっているのか定かでないまま、フラフラとペダルを漕いでいたら交通量の激しい通りが遥か前方に見えました。
きっとあれが国道に違いないと行ってみたら、国道136号に出れました。

これで、間違いなく修善寺までは行かれる。
とふと道路の上に土手があります。
ん?これが川沿いのCRか??

自転車を担いで階段を登ってゆくと、狩野川CRでした。
これがKIKUさんが走っていたCRだな。

120730c.jpg120730d.jpg


風光明媚であります。
こんもりとした緑の小さな山が連なり、川面がキラキラと光る風景は、まさに夏です。

そんな景色を眺めながらも、一体どこまでこのCRで行けるのか??
不安を抱えながら走るのも嫌なので、国道に戻っちゃえと大通りに出ると国道とは一本奥の県道131号でした。
伊豆半島がどーんと載っている地図しか持っていなかったので、細かい道が良くわからなくてここでも勘を頼りに走ります。

正直、修善寺までは迷わずサクッと行けると思っていたので、時間ロスでかいです。
なんだかわからぬまま国道414号に出ました。

道の駅・伊豆のへそに着いて、ドリンク休憩。
道の駅の人にルートを確認して、今度こそ国道136号で修善寺に到着できました。

もしかして、狩野川CRをずーっと走れば修善寺まで来れたの??

この辺からカメラの設定間違って変な写真失敗
120730e.jpg


修善寺温泉方向へ進んで、西伊豆スカイラインの標識を右折すると、いきなりすごい登りが始まります。
当然登るんだろうなということは覚悟していたのですが、休みどころがありません。
ずーーーーっと登り。
いつまでたっても登ってばかり。

実は15kmを820mほど登るんですよね。
3kmで400m足らずの鹿野山でヒーコラ言ってる千葉の自転車乗りには、永遠と思われる距離。
いつまでたっても終わりが見えません。

ただ救いなのは、登るにつれ涼しい風が感じられるようになることです。
ゼーゼー荒い息で、ポタポタと汗を流しながらノロノロと進みながらも、そんなに暑さは堪えなかったです。

登りながら、なんとなく空が大きく見えだして、やっとピークかと思ったらキャンプ場だったりして、やってきました達磨山レストハウス。

120730f.jpg


駐車場から入ってゆくと、富士山がどーーーん!!
富士山の足元には相模湾が雄大に広がっています。

まさに絶景。
夢中でシャッターを切りますが、このときもカメラの設定ミスに気づかすトホホなものしか残っていません。
まあ、瞳に焼き付けたので、いいか。

絵に描いたようなすばらしい景色を見ながら、スプライトをグビグビっと。
観光客の家族が、風が冷たいねなんて話していましたが、こちとら汗ダラダラが引きません。

ボトルに水分も補給して、スタート。
出てもまた登るです。

しかし、ちょこっと登ればピークの戸田峠。
立派な看板が出来ていましたよ。

ここから西伊豆スカイラインに入ります。
ここからもユルユルと登る感じです。
が、絶景が続くので、つらくないです。

緑を縫うように続く道と眼下に広がる青い海。
ちょこちょこ自転車を止めて、写真を撮りまくりました。
・・・がまだ、カメラの設定間違いに気づかず・・・。

やっと、変だと気づいて、改めて撮ったのがこちら
120730g.jpg120730h.jpg120730i.jpg

西伊豆スカイラインは国道136号と交差するところで終了。
ここから先は、西天城高原線というらしい。

気持ちよく降ってきたけれど、ここからまた登ります。
西伊豆スカイラインほど景色は良くないです。
両脇を土手(?)で囲まれた地味な道をエッチラ登るです。

そしてピークが近づいてくると、また景色も開けてきます。

風早峠
120730j.jpg120730k.jpg120730l.jpg

ここから県道59号で一気に下ります。
ここからは狭い山道です。

しかし、この下りが長い。
どこまで下るの??ってくらい、いやってほど降ります。
まあ、考えてみれば、それほど登ったってことなんですけど。

狭い山道から民家が点在する集落を過ぎて,また山道になってもずーーーーっと下り。
ルートラボで確認すると、25km下ってます。これだけの下りは気持ちいいですね。

ほぼ下りきった湯ヶ島温泉辺りで分かれ道。
ちょっと迷いますが、左には県道59号の標識があったので、そちら方面へ。
で、国道414号に出てまた県道59号に入らないといけないのですが、あれ?県道349号の標識。

ちょうどそこにいたお土産屋さんのご主人に「県道59号はどっちですか?」と聞いたところ、どこに向かうのかきかれて、「伊東に行きたいのです」と答えるとならはこのまま進んで県道12号を行った方が楽だし早いとのこと。
「(県道59号は)狭いし坂もきついよ」というご主人のお言葉と、せっかく教えていただいた好意を無駄にするのも悪いので、というかもう本日の「登り」は閉店ガラガラ気分なのが本当の気分で、ありがたくお言葉に従わせていただきました。

この道もなかなか気持ちよかったです
120730m.jpg120730n.jpg


走りながら考えてみれば、どうしても伊東にゆく理由もないんだなと気づきます。
どうせ輪行するんだから熱海方面へ行った方がいいんじゃないか。

県道12号の分岐まできて、とりあえず修善寺駅へ。
さて、ここからどうしようか??

時刻は1時を回っていたはずです。
熱海までは、絶対無理だろうから、網代?
一瞬、ここ修善寺から輪行っていうのもありかなとも考えるも、この時間で終了するのは早すぎる気もする。

とりあえず県道80号を行くことにしました。
なんの変哲もない田舎道。

暑い。

ユルユルと登っていきます。
すぐに修善寺から輪行すればよかったと後悔しはじめます。

サイクリルスポーツセンターの看板。
自転車ブログのネタ的には寄ってみたい気もするけど、暑いし疲れてるしそんな気力はなく写真だけ撮って終了。
120730o.jpg


アー、疲れた。
暑い,暑い。
アー、疲れた・
暑い,暑い。

が頭の中をループする。

県道19号との交差点にコンビニの看板。
もちろんピットイン。

お昼は、風早峠で持参のウイダーインゼリーを飲んだだけだったので、ここでおにぎりとガリガリ君とりんごジュース1L。
リンゴジュースは完全にいつもの癖で買ってしまって、飲みきれない・・・。

コンビニのレジのおばちゃんに「ここから一番近い駅はどこですか?」と聞いてみました。
すると、伊豆箱根線まで戻れと言います。
「網代はどうですか?」と聞くと、「全然遠いよ~」と地図を持ってきてくれて、現在位置と駅を見せてくれました。
「宇佐美は?」と聞くと「そっちのがいいかもね」とおばちゃん。「ちょっと登れば、後はずーっと下りだし」と。

というわけで、宇佐美に目的地変更。
むしゃむしゃとガリガリ君とおにぎりを胃に納めて、ボトルのぬるいコーラを捨てて、代わりにりんごジュースで満たします。

おばちゃんは、たいした坂じゃないと言っていましたが、疲労した身体にはジワジワ堪える登りが続きました。
そして、目の前にあわられたのは、またしても「サイクルスポーツセンター」でした。

120730p.jpg


なかまでは入りませんでした。

そして、やっとピーク。亀石峠。
120730q.jpg


写真は失敗しましたが、戸田峠も同じ形の看板でしたよ。

ここからはグワーーンと下るのです。
宇佐美の海。
120730r.jpg


宇佐美駅には3時頃到着
120730s.jpg


次の電車は3時25分です。
この25分というのは、結構ギリギリの時間だったりします。

急いで自転車を輪行袋に詰めて、ジャージの上半身を脱いでTシャツに着替えて、小田原までのきっぷ買ってホームに出たらちょうど電車が来たという感じでした。
ここからも、電車の繋がりがよく自宅には6時45分くらいに着きました。

本日の走行は、97.29kmでした。

いやあ~、バテました。
とにかく修善寺からの登りの長さには閉口。
後半、修善寺から亀石峠までもヘロヘロでした。

しかし、西伊豆スカイラインの絶景ロードは素晴らしい。
あそこだけ、何度も走ってみたい道ですね。

そして、輪行は今回程度の距離が限度かなと。
始発に乗っても、8時は過ぎるわけで、普通に我が家から最寄駅の始発・5時半の電車では9時になっていたと思われ。
そこからスタートして、3時頃には帰路についていないと家に着くのが夜中とかになってしまうわけで。

自転車に乗っている時間より、電車に乗っている時間の方が長いのはどうもいけませんね。
新幹線でバビューンと移動か、宿泊ツーリングならまた違うのでしょうけどね。

迷走した記録です
120730a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

いや~すんごい絶景ですね@@;
気持ち良さそう!(実際は暑くてキツイのでしょうが(笑)
こんなとこ一度は走ってみたいけど、行くまでが・・・orz

No title

のりおさん、こんにちは。
西伊豆スカイライン、いいですね~。最高のロケーションです。スカイラインに上がってしまえば暑さは感じませんでした。でも上がるまでがね・・・。

こんにちは

行っちゃいましたねww
西伊豆スカイライン。天気が良くて何よりでした!
あそこまで上がって曇りだと悲しくなってきますよ(笑)
序盤のCRでの修善寺までのコースだけでもエッジ500にトーレスしておけばよかったのにw
後は時間があれば最後は冷川じゃなくて天城越えもよかったかもしれませんねw

No title

KIKUさん、こんにちは。
KIKUさんにアドバイスいただいて、無事行って来ることができました^^
西伊豆スカイライン、天気も良くて最高でした。どうもメカ音痴なのでトレースとか腰が重くて・・・。今回は冷川ではなくて、亀石峠を越えました。次回は天城越えしたいですね^^

No title

お疲れ様でした~。

最初は電車の情報にふんふんとうなずき、途中から迷走ぶりに笑わせてもらいました(笑)
西伊豆スカイラインは良いですね。
確かに良い道だけ走る、というプランもありかもしれない。
今までは自宅からの自走にこだわっていましたが、車や電車である程度行ってから、景色の良いところを自転車で満喫する。
輪行ってのもいいもんだな、と思いました。
暑いし、計画してみようかな。

お疲れ様でした。話には聞いていましたが西伊豆スカイラインは絶景ですね~!
いつかは走ってみたい道の一つですが、私の場合は車で直接現地かな~。(^_^;)

No title

このコースは天気が良い時は絶景ですよね~
近いうちに西伊豆スカイラインに行こうと思ってたところですよ。
今回は逆周りで湯ヶ島から上る予定です。
帰りはもちろん一番楽な冷川峠ですよ(笑)

No title

ひろ父さん、こんばんは。
家から自走だと走れる範囲が決まってしまうので、車や電車を利用すると行動範囲が飛躍的に広がりますよ^^

pentaさん、こんばんは。
西伊豆スカイライン、お勧めの道ですね^^あんまり遠いと電車より車の方が便利ということもありますよね。

kumaさん、こんばんは。
湯ヶ島からの登りも長そうですね^^;。冷川峠は楽ですか?後半はなるべく楽な道で帰りたいですよね。

No title

こんばんは。
西伊豆スカイライン絶景ですね!いいですね〜!一度は走ってみたい道ですね。こちら大阪は猛暑で、自転車に乗りたいというモチベーションが全く出てきません(~o~;

No title

にしやんさん、こんにちは。
大阪はこちら以上に暑いようですね^^;高~い山の上は涼しいのでは??それとももっと北の方を走りますか^^

No title

西伊豆スカイラインは良さそうですね^^
ただ、登りが異常に苦労する私にはハードルが高そう^^;
車の運転手探して美味しい所だけ走りたいな~ww

No title

まるおさん、こんにちは。
おいしいところだけ走る。理想的ですね^^登りきったところからスタートして、ぐわーっと降って帰ってくる。タクシー使うしかないか^^;

No title

西伊豆遠征、お疲れ様でした。10km以上も続き標高差800mなんて、千葉以外の道を知らない自分には想像もつきません。この夏休みに他県遠征を企てていたのですが、もう少し涼しくなってからにしようかな、なんて思います。千葉にない絶景は魅力的ですが、ぐりさんがこれだけ苦労しているのだから、自分なら確実に行き倒れてます。ヤッパリ千葉が好き!(⌒-⌒; )

No title

nobsun3さん、こんばんは。
西伊豆スカイラインは絶景でした。やはり千葉にはないダイナミックな景色が見れます^^この夏に是非いかれてみては?ただ、千葉の距離感覚では痛い目にあうかもしれないので、距離は控えめに^^