RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.08
16
天国と地獄をみた富士イチの翌日。

今日は、私ひとりで山中湖からスタートです。
ルートは、三国峠から明神峠を経て足柄峠で小田原まで降りて、箱根旧道を登ろうという坂三昧コース。
ぐらと子供たちは、御殿場アウトレットでお買い物をしていただき、箱根で待ち合わせて温泉に浸かって帰ろうという極楽コースです。

前日、籠坂峠から降りてきた国道138号と国道413号の分岐から出発します。

前日とうってかわった美しい山中湖
110809a.jpg


山中湖の周りを走るサイクリストをチラホラ見かけます。
でも、籠坂峠に向かう人が多いのかな?

国道413号を進むと、県道730号と分かれ道。

奥が国道413号・道志みちの入口 手前が県道730号
110809b.jpg

道志みちも走ってみたいコースです。
が、今回は県道730号・三国峠を目指します。

緑に囲まれた別荘のような住宅街を登ってゆきます。
進むにつれ家はなくなって、山の様相を呈してきます。
自動車がエンジンを唸らせて脇を通過してゆきます。

ゼーゼーいいながらも登ってゆくと、景色が開けたところに出て、山中湖が一望できる絶景。

110809c.jpg


富士山の頭が雲に隠れているのが残念でしたが、それでも十分な景色を堪能させていただきました。
これこそ坂を登ってきた人だけが味わえるご褒美ですね。

110809d1.jpg110809d2.jpg110809d3.jpg

さて、先をゆきます。
ここからも同じような山道。ただし、そんなに激坂というほどではありません。
なんでも、三国峠よりも明神峠の方がものすごいということだったので、まだまだこれからが本番です。

しばらく登って、神奈川県との堺の標識が現れました。
峠の表記はどこにもありませんが、きっとここが三国峠なんでしょうね。

110809e.jpg110809e2.jpg

ここからダウンヒルです。
三国峠からみる山々
110809f.jpg

ビューンと降っていると、また山梨県の県境標識があって、そこから更にビュビューンと降ります。
なんだかすごい下りです。
ブレーキを握る握力が急速に奪われてゆきます。途中で止まりながらのダウンヒル。
斜度も二桁数字の標識が、次々現れます。
激坂の証明、丸刻印の滑り止めや細かい縦溝(いわゆるレコード盤)の滑り止めが急に出てきて危険です。

こんな坂をクロモリに乗ったかなり年配と見える方が、登ってくるじゃありませんか!!
すごいです!!

で、もしかして??と気づいてしまいました。
今、降っているこの坂が、明神峠なのではなかろうか???

私は勘違いをしていました。
今降っているのは三国峠の下りで、降りきったら明神峠の登り降りがあるのだと。
どうやらそうではないらしい・・・。

そんなことを考えていたら、麓まできてしまいました。
110809g.jpg

やっぱり、そうか、あれが明神峠だったんだ。
ってことは、今回は明神峠の登りはなしってこと?

はっきり言って、今回のメインイベントは明神峠だったのです。
このまま、通過してしまったら、次回いつ来れることやらわかりません。
つまり・・・。

Uターンです。

Uターンすることで、当初計画していた時間がずれ込んでしまいます。
ここは箱根の山を登ることは諦めましょう。
箱根にはまたこれる機会は多そうです。それに比べればここ明神峠はアクセス的になかなか来れそうにないですから。

いきなりきつい登りがはじまりはじまり。
今、降りてきただかりなので、どれだけ急な坂かはしっかりと覚えています。
よっこらよっこら登るであります。

この坂の斜度(降りながら撮影)
110809h1.jpg110809h2.jpg110809h3.jpg110809h4.jpg

ご覧のように激坂と坂と激坂の繰り返し。
中でも18%が二箇所あるのが、最大の山場です。
道路に丸印滑り止めがあることろが、一番キツイ場所でしょうか。

降りてくるときは、谷底か?と思います
110809i1.jpg110809i2.jpg

これは何のために自転車に乗っているのか?というくらいのスピードで、歩いたほうが早いかもしれない速度を保ちつつ進行。
もうとにかく、足つきしないことだけを目標にがんばります。

それでも、確実に一歩一歩前に進んで、神奈川県の県境標識が見えました。
坂のピークはまだ1.5kmほど先のようですが、ここから先は三国峠とみなし、ここをゴールとしちゃいます。

110809j.jpg


なんとか足つきだけはしないで、登り切れました。
ここから、二度目のダウンヒル。
今度は下ハン握って、しっかりブレーキかけながら降りてきました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

きゃー!坂だらけの計画ですねー。私にはありえないコース設定です。
噂に聞く明神峠を登ったんですか!記事を読んでいるだけでお腹イッパイです。さすがぐりさん。^_^;

No title

pentaさん、こんにちは。
千葉県とは違って、とにかく登りの距離が長いです。あんなところを普段から走っているんですから、やっぱり神奈川県のサイクリストはすごいはずですねえ~。

No title

Uターンしちゃうなんて、ヘタレの私には考えられません^^;
それにしても坂三昧凄いな~

No title

名無しさん、こんにちは。
貧乏性なので、せっかく来たのにもったいないと思いUターンしちゃいましいた^^;なかなか気軽に来れる場所じゃないので・・・。