RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.08
05
Category : 自転車雑談
サヴァイヴ 近藤史恵/著 読みました。

boooooook.jpg

自転車乗りにはおなじみの「サクリファス」「エデン」に続く自転車小説であります。
登場する人物もおなじみさんです。
ただ時間軸は行ったり来たり。

小説雑誌に過去に掲載された短編をまとめたのが本書です。
ですので、本書の一篇「プロトンのなかの孤独」は読んでいました。

ロードレースの解説本としても読めるので、面白いです。
自転車乗り以外の人はどうなんだろう?とか思ってしまいますが・・・。

著者ご本人は、ロードレースファンみたいなので、まったく別の話も読んでみたいです。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

サクリファイスを読んだきりでエデンを読んでないので読まないとあかんなと思っています。

その後にこれ読めばじっとしていられなくなるだろうなー。

こんばんは。

「サクリファス」をたまたま友人に借りて読んだ時はロードレースの内容とか今一つ理解できなかったのが、その後に見たNHKのツール・ド・フランスの放送で、小説に出てきたレースの駆け引きの様子とかチーム内のエースとアシストによるチームの作戦などが少しわかったような気がしました。
さらに、先日のツールの放送を見て「エデン」とこの「サヴァイヴ」も読んでみたくなりました。
が、これらを読むとますますロードバイクが欲しくなってしまいそうなのが怖いです。^_^;

No title

名無しさん、nobsun3さん、こんにちは。
「サクリファス」と「エデン」と「サヴァイヴ」は続きものというわけではなので、順番に読まなくとも大丈夫です。どれもロードレースの面白さがわかる作品になっていると思います。