RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.07
13
午前4時30分。
窓の外は朝焼けが美しい。

梅雨が開けてから雨の心配はなくなったのであるが、その代わりに容赦なく照りつける太陽を相手にしなくてはいけない。
まだ寝静まっている家族を気にしながら、さっと支度を整えて出発する。

朝の5時前だというのに、もうウオーキングをしている人がいて、一日の時間の使い方は、人様々であることを思い知る。
薄桃に染まった雲を遠く見ながら、ゆっくりとペダルを回してゆく。
まだ空気はひんやりとして、スピードを上げると頬を伝う風が心地よい。

久しぶりのサンライズクルージングである。
進むは大海原ではなく、青々と揺れる田の中ではあるが。

110711a.jpg

こんなに早くに出たのは、ロングライドに挑戦してみようと思い立ったからだ。
私の今までの最長走行距離数は175km程である。
この夏に是非とも200km越えをしてみたいとなんとはなしに考えていたのだが、思いの外早く梅雨が開けてしまいちょうどよい機会という気もして早起きしてみたわけである。

コースは南房総を中心とした。
最近も南房総にはよく出かけるのだが、車で適当な場所まで行き走るパターンが多かった。
久しぶりの自宅からの自走ロングである。

さすがに早朝ということで、車の往来は少ない。
ドイツ村を抜け、久留里街道に入っても全体的には交通量は少なめである。しかし時たま追い抜いてゆくダンプの列にはヒヤッとさせられた。
日本の大型自動車のプロドライバーは概ね安全運転であるという話を聞いたことがある。確かに自転車で路肩を走っていても安全な追い越しができる区間までスピードを抑えてくれている場面はよくある。
自転車に乗っているこちらとしては、それがプレッシャーになるわけでもあるが。

しかし、稀に自転車ギリギリですり抜けてゆく大型車両もある。
こちらは身体剥き出しの丸腰である。一方の大型自動車は鉄の塊であって1対1の勝負をすれば結果は火を見るよりも明らかだ。
明らかに危険な道路の場合、歩道に一時避難をすることも必要と思うのである。

馬来田のコンビニで朝食。
太陽も登り始めているので、ビタミンCのゼリー飲料も補給しておく。
ここら辺から久留里街道はバイパスが途切れ、道幅が狭くアップダウンが激しくなってくる。
久留里城を横目に見ながら通過、平山を過ぎ松丘の手前で国道410号へと続く細道にはいってゆく。

道幅が3mたらずの田んぼに囲まれたこの道路も立派な国道である。
集落を抜けて2車線に道幅が広がる。
房総スカイラインをくぐるトンネルを通過して、しばらく走れば三島湖だ。

走っていたら「○○食堂 100m先」のような雰囲気の看板で「パワースポット 三島神社」とある。
パワースポットと呼ばれる場所にはいくつか行ったことはあるが、自ら看板でパワースポットを名乗るのは少数派ではなかろうか。
果たして本当にパワースポットなのか?そもそもパワースポットってなんなの?などという疑問もフツフツとわかないでもないが、せっかくなので寄ってみることにした。

110711b1.jpg

一の鳥居は木製である。
なかなかの風格。
鳥居をくぐると、少し登って赤い二の鳥居。
その奥に杉並木が清々しい。

110711b2.jpg110711b3.jpg

御神木
110711b4.jpg

拝殿の前の杉は特に立派で、パワーを感じずにはいられない迫力。
お参りをして、神社を後にした。

国道410号に戻る。
この道は上り基調なのだが、ユルユルと続く坂は好きだ。
しかし、ロマンの森辺りから斜度が急になり息が上がってくる。清和の森公園には紫陽花がきれいに咲いていた。

110711c.jpg


麓ではすっかり花が終わっていた紫陽花であるが、標高が若干でも高いと花の咲く時期がずれるのであろう。千葉県で有名な紫陽花の名所は麻綿原高原であるが、やはり今頃が見頃なようである。

積み重ねてきた位置エネルギーを一気に放出して、長狭街道にぶつかる。
長狭街道を右折して、大山千枚田の入口看板を入ってゆく。そこは既に小規模な棚田でゆるい上りが続くのは山の田んぼの証である。
大山千枚田は東京に一番近い千枚田だそうで、日本の棚田百選にも選ばれている。ちなみに千枚田といっても実際に田んぼは375枚ということ。
 
110711d1.jpg110711d2.jpg


千枚田をまだ先に登ってゆくと、千葉県最高峰である愛宕山を目指すことになる。
こちら側から登ると一本道ではない。南房総は細かい山道が迷路のように入り組んでいて、大雑把な地図だけでは迷うこと必至なのだ。
登頂までに曲がり角が二箇所あるのだが、それぞれ曲がる手前に斜度がきつくなっている。
その区間は時速ひと桁台で虫の息で上がってゆくのだ。
二ツ山まで登ってしまえば、あとはアウターでも行けてしまう。そしてたどり着くのはこの場所。

110711e.jpg

愛宕山の山頂は自衛隊の基地になっていて、一般人は立ち入り禁止である。
よって自転車で行ける場所もここまでなのだ。暑さもあってかヘトヘトである。サドルバックに忍ばせていたゼリー飲料を飲み干して、日陰に座り込む。
疲労感が身体から溶け出して地面に吸い込まれてゆく。
しかしどんなに遅くとも、自分の力だけでここまで来たという達成感は格別だ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

南房総の旅
秋にはまた行きたいので、
地元ならではの詳細なレポ期待してます^^

No title

まるおさん、こんにちは。
やっぱり自転車のベストシーズンは秋ですかね。南房総は田んぼが多いので実りの秋を楽しめると思いますよ。

こんにちは

千枚田のたんぽぽコーヒーが美味しかった記憶が懐かしい。
やはりこの辺りは千葉でも風光明媚な場所ですね。横根峠も有名だし。走ってよし、食べてよし、休んでよしでしょうかね?
月曜日が楽しみですww

こないだの日曜日3:30起き4:30出発 5時くらいからあけてきましたね。

暑い日でしたが日が出るまでは暑くないので走りやすいですね。
200kmの目標頑張って下さい。

こんばんは。

やはり暑いこの時期は日の出辺りが一番なんでしょうね。
少しでも寝ていたい自分としては厳しいものがあります。
自分は早朝よりも夕方向きかな。
200km超え、すごいですね。これまた自分には到底手の届かない距離です。
愛宕山は、涼しくなったら挑戦してみたいと思ってますので、今回のぐりさんのレポート、楽しみにしてます。^_^

No title

KIKUさん、まっくろくろすけさん、nobsun3さん、こんにちは。
この時期は、やはり早朝ですね。涼しくて気持ちいいです。ただし早起きできればという条件付きでが^^;200kmは・・・。