RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.06
02
せっかくの休日ですが、台風2号からかわった熱帯低気圧が関東地方に北上するとのことで、午前中は雨という予報です。
実際に今にも雨が落ちてきそうな雲行きだったので、午前中に所用を済ませ、午後から走ることにしました。

午後になって雨は上がったものの、低くたれた雲は怪しげで3本ローラーでお茶をにごすかとも思ったのですが、やっぱり外を走った方が気分いいし練習にもなります。
とは言うものの、この時間からは遠くにも行けず、また雨が降ってきた時のことも考えて、近場の練習コースへ。
先週、権現森に行こうとして、入口がわからないまま帰ってきてしまったリベンジで、権現森の武峰神社にも寄ろうとウグイスラインから長柄方面コースと決定します。

山田郵便局の前を普段は川在方面に行くのですが、今回は市原刑務所方面からぐるっとまわって川在まで走ってみました。
こっち回りでもやっぱりアップダウンがありますねえ。

川在から長柄山へ。
針ヶ谷を左折して、登ってゆきます。
途中に「千葉市少年自然の森」看板があって、そこを入ってゆくわけなのですが・・・。

看板がありません。
ないわけ、ないのですが。先週はありましたから。
あれ・・あれれ・・・といってるうちに、茂原街道まで登ってきちゃいました。
おかしい・・・。

Uターンして、適当なところを入ってゆきます。
すると、小さな看板に「武峰神社」とありました。この道で大丈夫なようです。
もともと田舎道でしたが、さらに一本奥の道は更に田舎的雰囲気が濃いです。
ため池があったり、小さな田んぼがあったり。

ゆるゆると上りがあって、下りがあって、文字の消えかけた看板が細道をさしていましたが、まさかこんな道なわけないなと、また上ります。
するとまた看板が出てきて、武峰神社が反対方向になっています。
やっぱりあの消えかけた看板がそうだったのか。またまた戻って、細道に入ってゆくと・・・。

こんな道です
110530a.jpg

いきなり未舗装。
砂利道です。しかも進んでゆくうちに悪路になってゆきます。
轍に水溜まりができているし、ぬかるんでいる場所もあって、これは転ぶかパンクかみたいな。

そして、行く手には上り坂。
これはもうだめとばかりに、押し歩きです。
途中から、一応コンクリートの舗装路になりましたが、濡れた杉の葉が一面被っています。
SPDシューズを滑らしながらなんとか登りきって、少し進むと「武峰神社200m」の看板の先は・・・。

110530b.jpg

階段でした。

階段ってのは、予想外の展開です。
ここまできたら意地です。
自転車を担いで登ってゆきます。

そういえば、八鶴湖の日吉神社の時も自転車担いで階段登ったっけ。
200mの登山で着いたのが、これぞ武峰神社です。

110530d.jpg

裏から来ちゃったようですね。
ひっそりした感じで、なかなかよい雰囲気でした。
でも、途中の田舎道(未舗装路はのぞく)も良い感じでしたね。

ここは一等三角点があるのです。
110530c.jpg

まあ、一等だからえらいとかいうことではないらしいですが。

では、今度こそ表から帰りましょう。
なんとなく裏から来ちゃったから階段になったのだと思っていたのですが、なんと表も階段なんじゃないの。

110530e.jpg

でも、裏より短いか。しかも石で出来てるし。

ここから、六地蔵方面で茂原街道にぶつかります。
ホントなら、茂原街道下って大仏通り経由で帰ってこようかと計画していたのですが、権現森登山で疲れたのでこのまま帰路につきます。

先週のように、トラック列車に乗って楽して帰ろうとしたのですが、今日は交通量が少なくうまくトラックに乗れません。
よさそうなトラックも脇を猛スピードで追い抜かれて、後ろにつくことなんかできません。

この日は台風の巻き返しなのか向かい風が結構あって、下り基調にもかかわらず一生懸命漕いでも時速40kmいくかいかないか。
そんななか、信号待ちで止まったヤマパン号を捕まえて、後ろにつかせてもらいます。
やっぱり風の抵抗というのはすごいんですね。
トラックの後ろについた途端、漕がなくても時速40km弱(っていうかブレーキかけながら)でスイスイ走れました。
しかし、この走法は危険ですので、くれぐれもブレーキランプを凝視して自己責任の範囲内でお願いします。

本日の走行は45.55km。
雨に降られないでよかったです。
やっぱり3本ローラーより実走ですねえ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんばんは。

自転車担いで山道の階段登って降りて、ってまるでクロスカントリーですね。^_^
眼蔵寺脇から登った時、途中に武峰神社方面を示す看板がありましたが、未舗装のいかにも山道という感じだったのでパスしました。どうやらその道をぐりさんは進まれたようですね。
武峰神社に裏から登れる道があったとは、先日行った時には気がつきませんでした。
ハイキングで行くならともかく、自転車ではちょっと・・・という感じの道ですね。^_^;

しかし、トラック列車・・・。
怖くてとてもやろうなんて気になれません。
どっちみちクロスバイクじゃ、無理ですね。^_^;

No title

nobsun3さん、こんにちは。
nobsun3さんのブログにもあった熊の人形のところは通過したので、あの道をまっすぐ行けば表からの入り口に行けたのでしょうか?砂利道には閉口しましたが、気づいたときには戻るに戻れないことになっていました^^;

No title

熊の人形が並んでいるところを通過したのですか。
その道が表参道のある道です。
そこから引き返してしまったのでしょうか。
でも、このように道に迷って彷徨っているうちに、思いもかけないところに出る道を発見するというのも、自転車の楽しみの一つですよね。^_^

No title

nobsun3さん、こんばんわ。
じゃあ、まっすぐ進めばよかたんですね^^;こうやって道を覚えてゆくのでしょうが、なんともはや・・・。