RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.05
15
ロードの走行距離が5,000kmになったところで、チェーンを交換しようと思っていたのですが、なんかズルズルと過ぎてしまって6,000km近くになってしまいました。
やっとこ重い腰を上げて、チェーンを交換します。

が、チェーン交換なんて初体験です。
この日のために、チェーンとチェーンカッターを用意しました。

110514a.jpg

新チェーンはSHIMANO 105 チェーン CN-5701。私には105で十分です。
チェーンカッターは、操作性が評判のSHIMANO TL-CN27。

まずは、新品のチェーンを取り出して、余分な油分を取り除く作業です。

ペットボトルにチェーンを投入し、パーツクリーナーを適量吹きかけます。

110514b.jpg

そして、1分ほどシェーク。すると、パーツクリーナーが真っ黒です。

110514c.jpg

これより先は、手がオイルまみれのため画像なしです。

次に、今ついているチェーンを取り外します。
普通はチェーンカッターで切る所ところですが、私のビアンキ・ニローネにはデフォでミッシングリンクがついていたので手ではずします。

はずしたチェーンのコマ数を数えます。
52リンク(2コマで1リンクと数えました)+半リンク(両端のもの)×2+1リンク(ミッシング分)=54リンクというわけですね。

新しいチェーンを54リンク数えます。
そこを目安にチェーン切る前に、チェーンリングとスプロケにかけてみます。

マニュアルでは、アウター(チェーンリングの大きい歯)×ロー(スプロケの一番小さい歯)でチェーンを掛けたときに、ガイドプーリーとテンションプーリーが地面に対して垂直になる長さにすることとあります。
54リンクで試してみたところ、プーリーがずいぶん後ろにきてしまいます。

垂直にするには、2リンクくらい短くしないといけないようです。
うーん、いままでプーリーの位置とか見てなかったから、どんなもんなんだろう??

まあ、ここはマニュアルどおりにした方がいいよねえ・・・。
というわけで、いよいよチェーンを切るです。

「チェーンを切る」というと、金属のチェーンをゴリゴリ切るようなイメージですが、実際にはチェーンを繋いでいるピンを抜いて短くするということなのです。
いきなりやって失敗するという失態をやらかしそうなので、古いチェーンを試しに切ってみます。

チェーンカッターにチェーンを設置して、チェーンのピンとチェーンカッターのハンドルを回すと出てくる棒を合わせます。
棒をグリグリ回すと、ピンが抜けるという仕組みなのですが、なんか抵抗があります。
これでいいのか??
なんか壊れそうな感じですが、思い切って力を入れてハンドルを回すと力をかけるのは一瞬であとはクルクルとピンが抜けました。
そっか、この要領か。

よし、じゃあ、本番。
52リンクの場所でチェーンを切ります。
すんなりピンが抜けて繋いでみようとしたら・・・。

あれ?アウターリンク同士じゃん。

ガガーーーーン!!!(表現が昭和)

試し切りしたときはちゃんとその辺も気をつけて切っていたのに、本番で痛恨のミス。
しょうがない、もう半リンク切るしかないか。

気を取り直して、もう一度やり直しです。
ここで終わらないのが、不器用貧乏王な私。

チェーンを切ろうとすると、なんかはまりが悪い。
なんかおかしいなあ・・と思って見てみると・・・

チェーンカッター

写真の矢印の部分が片方曲がってる。

なんじゃ、こりゃーーー!!!(表現が優作)

どういうことでしょう?これって超常現象?
なんとか戻らないかなあって触っていたら、

ポロッ

と取れました。

本日の作業終了。お疲れ様でした。

な、わけにはいかないのでございます。
こんな手を油で汚して奮闘中なのに、ここで引き下がるわけにはいかないのであります。

片方なくてもいけるでしょ。と無理無理やってみると、もう片方の羽もポロリ。

エ~~~、殺生な~、お代官様お許しを~(表現が時代劇)

で、今、この文章を書きながら、わかったのですが、本来この羽の部分にチェーンをまたがせるんですね。
この羽をまたがせることによって、チェーンを固定するわけだ。
今、気付きました。マニュアルの写真にもそうなってる。

私はそれに気付かず、この羽にリンクの外側を沿わせてハンドルをまわしていました。
それじゃあ、折れるわなあ。

その時は、そんなこととは露知らず、こんな羽なくたってなんてことないんだもん!!と強引にピンと棒を合わせて、グイグイハンドルをまわすとピンは抜けました。

1,2,3,4、やったぜ!加トちゃん!!(表現がドリフ)

この勢いで、切ったチェーンをチェーンリングと2つのプーリーとスプロケにかけます。
プーリーの通し方について、間違えることが多いと聞いていたので、慎重に慎重を期して行いました。

ピンを抜いたときと同じような要領でピンを押し込みました。
押し込んで出てきたピンをプライヤーなどで折るとマニュアルにはあるのですが、押し込んだら勝手に出っ張ったピンは折れてくれました。
これは、今回がんばった私への神様からのご褒美でしょうか?

なんとかチェーン交換完了いたしました。

で、出来上がったのが、この写真なのです。

アウター×ローの状態。プーリーは垂直状態です。
110514d.jpg

しかし、アウター×アウター(一番大きい歯)にした状態のプーリー
110514e.jpg

このプーリーの寝っ転り具合はこれでいいの???

試しに3本ローラーに乗って、いろんなギアで走ってみましたが、とりあえず問題なしでしたが・・・。

備忘録として、チェーンの交換距離 5935km。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは。

チェーン交換、お疲れさまでした。
チェーンカッターのチェーンを引っかける羽のようなところは、ちゃんとチェーンをかけないとすぐに折れてしまうんですよね。自分も二つのカッターをだめにしてしまいました。二つともホームセンターなどで買った安物だったので、今はぐりさんのと同じシマノ製を使ってます。さすがにシマノのはしっかりとしてます。
ま、二度の失敗で慣れたということもありますけどね。^_^;

初めて新品チェーンを切る時はホント緊張しますね!
何回も何回もリンク数を確認したりして・・・。
今回はミッシングリンクは使用しなかったみたいですね。ぐりさんのようなヒルクライマーはピンでしっかりと繋げた方が良いのでしょうね。(^-^)

No title

色々あったようですが何とかうまくいってよかったですね。

私の場合こうなったらチェーン切りを買いに走っていたと思います。w

No title

nobsun3さん、pentaさん、まっくろくろすけさん、こんばんわ。
チェーンカッターの羽、もうちょとちゃんとマニュアルつけてくれてもいいと思うのですが、シマノさん!!
ミッシングについては、信頼性っていうより自分自身ミッシングついていてもほぼはずしたことなかったので必要性を感じな方と言ったほうがただしいのかも。
いろいろありました。うまくいったのかどうかはわかりません^^;

こんにちは

シマノのチェーンカッターは高かったでしょ?
もったいないことをしましたね。
でもねぐりさん。
そういった失態をしたことがある人はあなただけじゃないんですよ!!
遠く神奈川県にも全く同じ手順でチェーンカッターをだめにした人がいます・・・・

No title

KIKUさん、こんばんわ。
チェーンカッター、マニュアルもなにもなしってちょっと不親切ですよね^^;チェーンカッターをダメにしてしまう人率は結構高そうです。今のままで使えないかなあとちょっと考えてる私です・・・。