RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.05
12
自転車屋で見つけたお値打ちSPDシューズをゲットしたぐら。
せっかくビンディングデビューなんだから、山に行かなきゃでしょう^^

というわけで、今回は鹿野山。
いきなり鹿野山です。
というのも、私が坂に目覚めたのは「箱根」からでした。
中途半端な坂ではなく、箱根だったからこそ坂に目覚めたと思っています。
ならば、千葉でいえば鹿野山なわけです。

今回のコースは、富津まで車で行ってそこから鹿野山経由で富浦まで。富浦には知る人ぞ知る「イカメンチ」なる名物があるそうです。そして、富浦から大貫まで輪行して富津まで戻るというなんかフルコースなメニューです。
なぜにそんな面倒なことをするのか??
私一人なら完全自走で行けちゃうと思うのですが、ぐらには到底無理な距離。
ってことは、なんらかの交通手段でシュートカットする必要があります。車を使わずに全部輪行にしちゃおうかとも思ったのですが、やっぱり朝の混雑する電車に自転車の持ち込みは気が引けました。

本日のデポ地・富津公園に車を止めて、ここから出発です。

110509a.jpg

天気はまずまずですが、ちょっと風が強い??
でもがんばってゆきましょう!!

まずは国道465に入ってJR内房線の大貫から佐貫町へと抜けます。
佐貫町の交差点にある醤油屋さんの香ばしい香りをかぎながら県道163へ。

110509b.jpg

ここから鹿野山への入り口なのです。
徐々に坂道の様相を呈して参ります。

さあ、行けぐらよ!もう君は今までの君ではない。ビンディングという翼を手に入れたのだ!!

張り切ってペダルをまわすぐら。私は後ろから「引き足を使え」と指示を出しますが、いまいちわかってる?
坂を登ることに対して、サイクリストは皆それぞれのこだわりを持っていると思います。
とにかく速く登りたい人や足つきなしで登ることなど。

ぐらにも坂に対するこだわりがあるのです。
それは誰よりもストイックなものかもしれません。
それはなにか?

「坂はシッティングのみ」

これって、私にはできません。どうしてもダンシングしちゃいます。・・・ってか、ぐら、ダンシングできないの?

しかし、この自分に課した「シッティング縛り」を忠実に実行。
かなりスローなマイペースでジワジワ登って行きます。

110509c.jpg

うぐいすの合唱のなか、新緑のトンネルをくぐりぬけ野に咲く花々を愛でながら・・・ぐらにはそんな余裕はなかったかな?
私のほうは、ゆっくりペースすぎて、この坂を登ったことは何度もありますが、はじめて息を乱すことなく登り切りました。
やぱり坂は全力で登らないと、おもしろくないですね。

鹿野山へのルートは5つありますが、このルートは難易度3位かな?と個人的には思っています。まあ1位2位と3位以下の難易度の開きが大きいので、3位以下ならどこでも同じかもしれませんが。

のんびりペースでも確実に前へ前へと進んでおりますと、やがてゴールがやってきます。
最後の心臓破りの登りも制して、二宮金次郎像のあるバス停がゴール。

ヘロヘロのぐら
110509c2.jpg

しばし休憩して、マザー牧場方面へ。
そして、マザー牧場・山の上口に。

110509d.jpg

ご褒美の絶景
110509d2.jpg

ここから、更和方面に下ります。
更和までは急坂なので、ゆっくりくだりです。
ぐらは、登りよりもさらに下りのほうが苦手なようです。

下りきると、春の田園風景
110509e.jpg110509e2.jpg

田植えもすっかり終わりました。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

スパルタ亭主ですね(笑)
ついて来るぐらさんも大した者ですねぇ~
で、ぐらさんは坂に目覚めたんでしょうか??そこが気になりますが、私も最近はシッティングオンリーのヒルクライムが増えてきました。
と言ってもダンシングしないで回転で上がるように心掛けているんでね。
そっちの方が心拍には優しく且つ同じスピードで走れるような気がしています。
勾配が15%とかになってくるとそうも行ってられなくなりますが、10%程度ならシッティングですね。

富津にあるんですね

鹿野山って富津にあるんですね。
あの辺りは東京湾一周をやった(過去2回)時に君津から浜金谷に至るルートで
走ったことあります。

今回のコース(佐貫から県道163?)の難易度は3番目とのことですが、1番と2番は
どういうコースになるんでしょうか?
真剣に登ると何分くらいのコースなんでしょう?

今度そちら方面に行く機会があれば、是非登ってみたいと思います!

No title

KIKUさん、Muirwoodsさん、こんにちは。
ぐらは坂に目覚めた!!というわけにはいかないようです。登りはもとより降りも怖いようで・・・。
私はやっぱりシッティングとダンシング(っていうか脚を休めるダンシングですね)を交互に。確かに息は上がりますね。
鹿野山は、個人的には県道93号・更和から登るルートが一番きつく感じます。2番は西粟倉・秋元郵便局からの道でしょうか。
登坂TT(http://tohantt.info/)によると、今回のコース18分くらいみたで登る人が速いのか??データが少ないのでいまいちわかりません。

No title

わ~い、ぐらさんビンディングシューズおめでとう~。
しかもオソロです(^^)v
でも、私はお高い定価で買いました・・・(涙)ほんとにお買い得でしたね。

いきなり山登りだなんて凄いな~。
私はもうロードの乗り方忘れました。
いつか鹿野山、チャレンジしてみたいです。

そして私もシッティングオンリーですがそれが何か?って感じです。
ってか、ぶっちゃけダンシングなんて出来ないと思います^^;

No title

ハルルさん、こんばんわ。
ぐらは「ダンシング」という言葉すら知らないと思います。「立ちこぎ」といわないとわからないかと^^;ビンディング効果もあまり感じていないようです。
鹿野山、ぜひ挑戦してみてください。