RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.04
02
Category : 自転車雑談
お尋ねします。
あなたのバイクのシートステイとタイヤの隙間って何mmあいていますか??

シートステイとタイヤの隙間とはどこをあらわすのか?
えーっと、わかりやすく言うと、後輪のブレーキアーチの後ろのシートステイの二股に分かれた部分・・・。
要するに、後ろのタイヤとフレームの接するところというか、シートステイの付け根というか。

その隙間ってどのくらいあいているものなのでしょうか。
私のビアンキ・ニローネは1mm、おおく見積もっても2mmくらいでしょうか。

SN3D0029.jpg

それって、どうなの??

まず気付いたのは、3本ローラーに乗っていた時に妙な負荷がかかっていきなりペダルが重くなった時です。
以前にも3本ローラーに乗っていたときに負荷がかかったことがありました。その時はローラーに敷いていたマットが絡んでいたということが原因でした。今回もまたそれかと思って確認したところそういったことはなくて、よくよく見ると後輪とシートステイの二股に分かれた部分でタイヤが干渉していたのです。
干渉していたタイヤとシートステイは一度後輪をはずして組みな直すと、とりあえずは数ミリの隙間をあけて干渉はしなくなりました。

そういえば、ホイールをRS80に新調して装着したときに、この部分の隙間が狭い!!と感じていたのですが、その時はおニューのホイールの感動でそんなことは忘れていました。
それ以前のノーマルホイールをはいてるときも、なんとなく狭いなとは思っていたのですが、なんせこのニローネが私の初ロードなので、こんなもんなのかと思っていたのです。

思い返せば、後輪とシートステイの間に、妙に黒いドロドロとした物体がたまっていることがあり、これもこの隙間の狭さに問題があったのかもしれません。
今の今までこの事実を問題視せず乗り続けていたわけですが、気になりだすとやっぱり引っかかります。

そこで、我が家にもう一台あるロードバイク・ジオスベッキオの隙間を図ってみますと、6mmほどあります。

SN3D0030.jpg

明らかなる違い。
これってやっぱりおかしいのかなあ。

ちなみにジオスのホイールをビアンキにつけてみたら3mmくらい隙間があるようで、若干の余裕?

SN3D0031.jpg


ネットで同じような症状の方はいないかとググッてみますと2件ヒット。
いずれもピナレロ・FP1で、私とおなじようにシートステイの付け根とタイヤが擦ってしまうという症状。
このお二人の場合は、フレームの欠陥ということで新しいものと交換してもらったということです。
ただこのお二人は新車時にこのことに気付いたようです。
私の場合は、はずかしながらもう丸2年もこの状態で乗っていたのですが・・・。

でも、これって保障期間とかいう問題じゃなく、そもそもの欠陥商品という問題なんじゃない?
というわけで、某掲示板で質問を投げかけてみたのです。

そこでのお返事では、「それは明らかなるフレームの欠陥なので、クレームで交換してもらうべき」というような返答を3名の方からいただきました。
やっぱりこれって普通じゃないんだ。

とりあえず、このバイクを購入したY`sに電話で確認してみたところ、「バイクのメーカーやモデルによって隙間の幅はまちまちだが、干渉していなければ問題ない。一度実車をみてみないとなんともいえない」という返答でした。
今度時間があるときに、実車を持って行きますねということで、電話を切りました。

そして後日。
自転車をY`sに持ち込み症状を訴えると、イケメンの店員さんが微笑みながら「あ~、これは小さなフレームの場合に良くあることなんですよ~」と。
店員さんいわく、小さいフレームを作りなれていないのか、たまにある事例だそうです。干渉していなければこのくらいの隙間でもまあ大丈夫とのこと。タイヤとの相性でカサが高いものよりも、平らのタイヤを履くなど対策のしようがあるそうです。
コンチネンタルやミシュラン、ブリジストンはカサが高いようです。シュワベ、ビットリアなんかは平らの部類に入るみたい。

そういえばデフォではビットリアのタイヤがついていて、このときは3mmくらいは開いていたと思います。
RS80に変えたときに、タイヤもビットリアからコンチネンタルに変えたので、ホイールというよりタイヤの問題だったようです。

とは言うものの、なんとなく納得できない。
で、ビアンキの輸入代理店であるサイクルヨーロッパにも問い合わせしてみました。
結果は「その部分の隙間は2~3mmで問題ない」と言い切られました。
は~そうですかあ。

まあ、なんやかんや言ってもこの状態で丸2年以上乗ってるわけですので、問題ないっちゃ問題ないのか。
私の自転車の購入店ではないセオサイクルでも、店員さんに聞いてみたらやっぱり同じような返答だったので、そんなもんなのかも?


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

ん~・・・。私の場合10mmくらいでしょうか。
過去にピナレロでそのような欠陥があった事は私も何処かのブログで読んだことがありましたが、ビアンキでは聞いたことがありません。
確かに干渉していなければクレームとは言えないのかもしれませんが、タイヤの種類が限定されるのはちょっと気になっちゃいますよね。
ぐりさんの気持ち、良くわかります。

No title

ロードバイクのタイヤの隙間ってmmの世界なんですか?
VブレーキのMTBとかクロスしか知らない自分にとっては「目がテン」の世界です。^_^;

No title

pentaさん、nobsun3さん、こんにちは。
やっぱり10mmくらいは開いていて欲しいですよね。実際に後輪をはずしてシートステイの二股のところを見ると傷ついていたりします。直接タイヤが擦っていたのか、隙間が狭いのでごみがたまるのかよくわかりませんが・・・。
私もこの隙間についてまったく気にもしていませんでした^^;まさかこんなことがあるのかと目が点状態です。

私のロードも1mmしかないです

ラレーは、チェーンステーとタイヤの隙間が7kg/cm2で1mm程です。
タイヤの空気を抜かないとホイールが入らない。
面倒です。輪行なんて出来そうにない。
wiggleにメールしたけど、なしのツブテだったし、、、。
雨が降ったり、砂地を走ると砂が当たる音が、パチパチと、、、。

No title

パンちゃんパパさん、こんにちは。
空気を抜かないとホイールがはいらないというのは、実質的な問題が出ているということですよね。それは困った状況ですね。やっぱりタイヤを替えるくらいしか手立てはないのでしょうかね??

No title

こんにちは、私は2008年のFP1にのっててちょうど最近このリアホイールとの隙間についてのトラブルをネットで知り、もしや自分もかなと気になりだして検索してるとこの記事をみつけたのでコメントしました。やっぱ気になりだすと心理的に欠陥車にみえてしまうものですよねー。
それまで特に気にならなかったので私も2年以上経ってしまいました。焦って確認すると自分のも5mmぐらいでさらにビックリしてお店に持っていったら「モデルによって狭くつくられてるものとそうでないものがある。これくらいは全然大丈夫です。」と軽くあしらわれてしまい消化不良のまま帰宅しました。まぁ私も乗ってタイヤが擦れる感覚はないので問題はないんですがエントリーロードってこんなもんなんでしょうかね…素人は黙っとけ!みたいな扱いを受けたかんじがして仕方ないんです。
「実際に他のモデルの隙間御覧になって見ますか?」とか「問題はないと思いますが念のためメーカーにこちらから問い合わせて結果は後日お電話を差し上げます。」とかもう一歩踏み込んで対応してもらえるとこれからも気持ちよく乗れるんだけど…
これってモンスター消費者なんですかね?

No title

K8さん、こんばんわ。
5mmですか。5mmならまだいい方かもしれませんね。うちのは相変わらず1,2mmって感じです。
自転車屋さんに行って現象をみてもらうと「たまにあります」っていう風に言われちゃうんですけど、自転車屋さんに置いてある自転車はきっちり隙間が空いてます。買ったばかりの新車なら交換という話もしやすいのですが、なんてったって2年も乗っちゃったもんで、もう諦めています。