RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.09
24
箱根神社から芦ノ湖湖畔を湖尻に向け走ります。
箱根は平地ってないんですね。微妙にアップかダウンしてる道を進んでゆきます。

桃源台を過ぎて、富士見で富士山の頭をちょこっと見てから仙石原まで下りてきます。
仙石原はもうススキがきれいでした。

100920e1.jpg100920e2.jpg100920e3.jpg


前回来た時は、緑の仙石原でしたがやっぱりススキの仙石原はいいですね。
しばらくススキの海を眺めてから、仙石原温泉を強羅方向に。

強羅に入るとまたアップダウンが厳しくなります。
これぞ箱根の醍醐味。箱根って楽しい。

強羅の駅から箱根裏街道を経て、国道1号に。
ここから下りです。

が、だいぶ車が増えてきました。
やっぱり朝登って正解でした。

下りも車の後をついて湯元まで。
ここから、二度目の箱根攻め。
本日のメインイベント、旧東海道を登ります。

その前に、コンビニで大福エナジーを注入します。
このコンビニ前からいきなり急坂。

国道1号はゆるい登りがずーっと続く感じですが、こちらは急な登りの後に平地がきてまた急な登りが現れるというパターンですね。
しかし、そのパターンもいつしか平地部分が少なくなっていき、急な登りの割合が増えてゆく。そして急な登りとものすごく急な登りが交互に来るに変化。
そして七曲で極まります。

七曲・・・きついっす。
もうスローペースで登っていましたが、さらにスローダウン。
ゼイゼイ、ヒーヒー言いながら登っていたら、サクッとルックのローディーさんに抜かされました。
そして、その仲間たち(女性含む3,4人)に次々パスされ、視界から消えてしまいました。

ま、そもそも私のポリシーは速さではなく、目の前の坂を登りきるということなので、いいか・・・と言ってみる。

やっとこ七曲を抜けて、あのカーブの先は緩斜面になっているだろうと気力を絞りだして行く先にあったのは「12%」の看板。
え~~!!恐るべし旧東海道。

見晴らし茶屋で、さっき抜かされた集団が休憩していましたが、私はとにかく芦ノ湖まではとがんばって進みます。
その先を行く一台の自転車を発見。
私同様、かなりお疲れモードで登っておられます。
徐々に背中が大きくなって、後ろにつくとこのローディさん、かなりのご年配の様子。
抜かしながら、声をかけるとやっぱり60代くらいのお父さんでした。
いや~そのチャレンジ精神に感服であります。

この日は、その他にも年配ローディーを何人か見かけました。
皆さん、お元気ですね!!

お玉ヶ池の登りを過ぎれば国道1号と合流。
本日二度目の芦ノ湖です。

100920f1.jpg100920f2.jpg


湖を見ながら、アイス休憩。

さて、ここから箱根の関所。
100920g.jpg


を、通らずに、大観山を目指します。
実は、ここからちょこっと登れば大観山と思っていたのですが、なかなかどうして登りが続きますよ~。

霧?靄?も立ちこめて、山並みもまったく見えません。
これって、道間違えてる??そんなことないよなあ・・・。

不安になりつつ、ペダルを踏むのです。
箱根と違って、こちらは寂しい道です。
たまに通るのは走り屋仕様の車かバイク。自転車は2人連れのローディーさんを見ただけです。

靄の切れ目から芦ノ湖を望む
100920h.jpg


展望台がありますが、真っ白でなにも見えません。
心細くなりながらも、大観山にたどり着きました。

100920i1.jpg100920i2.jpg


ここからは湯河原まで20kmのダウンヒル。
青色吐息で登ってきて汗びっしょりなのですが、山頂で気温もちょっと低いので若干寒いかな。
サドルバックには折りたためるウインドブレーカーを使わないだろうけど持ってきていたので、せっかくだから着てみる。

あったかい。
やはり風を切るから、ウインドブレーカーあってよかった。
対向車線にはたまに車がくるが、こちらはバイクに一台抜かされただけ。気持ちよく下れます。
麓までさーーっときちゃいます。

湯河原駅
100920j.jpg


なんか久々の街中。
調子よく走っていたら、コンビニの駐車場からバックで出てこようとしている車。
中途半端なところで止まっているので、その後ろを通りぬけているその刹那!!車、急バック。

すんでのところでかわして、ギリギリセーフでしたが、かなり危なかったです。
車は自転車、見てないです。
バックしてくる車に突っ込まれたら、100対0で車の過失だと思いますが、そんなことよりこっちが怪我します。
車は自転車見てないものと思って、こちらが注意して走らないといけませんね。

海沿いの道に出ます。
海が見えると、やっぱりテンション上がります。

が、道、大渋滞。

びっしり車が繋がっちゃってます。
しかも、この道路の白線、デコボコしてるタイプ。
この上はとてもじゃないが走れません。

だから白線と車の間を行かなくてはいけないのですが、狭い。
路面も悪かったりして、トロトロ進まないといけません。
せっかくのナイスビューも見てる暇なし。

西湘バイパス・石橋IC辺りからやっと空きましたが、もうデポ地早川はすぐそこ。

本日の走行は103kmでした。

なんといっても旧東海道、登りきれはしましたが、もうちょっと余裕で行きたいですね。
まだまだ修行が足りません。

車に自転車を積んでまだ1時過ぎだったので、先ほど強羅を通ったときに見かけた日帰り温泉に入りに行こうと、今度は車でヒルクライム。
下りてくる車がずらーっと並んでいます。こりゃあ、大変だあ。

強羅の駅前で、某人気自転車ブログで読んだことがある豆腐屋さん「銀豆腐」を発見。

100920k.jpg


なんでも「しゃくり豆腐」というのが名物とのことで、食べてみました。
これは、持ち帰りはできなくて、その場で食べないとけないんです。

あったかい出来立て豆腐・・・かな。
豆腐好きな人はわかりませんが、私には感動的な味・・・ということでもなかったですね。

そして、お風呂。

強羅館
100920l.jpg


温泉に行って、アルカリ単純泉だったりすると、ちょっと損した気分になっちゃうんです。
ここはにごり湯。あ~これぞ温泉。露天があればなお良かったのになあ。

というわけで、渋滞の国道1号を避け、またまた本日三度目の芦ノ湖経由で箱根新道から帰ってきました。
が、途中から大渋滞。横浜新道までずーーーっと混んでいました。
祭日はこれだからやんなっちゃうんだなあ。

本日のルート


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんばんは。

一回の走りで何度も箱根の山を上り下りするなんて、すごいですね。としか、言葉がありません。自分の想像のはるか彼方に越えすぎてしまってます。
これで修行が足りないって、更に修行したらいったいどこまで行ってしまうのでしょうか。^_^;
駐車場から出てくる車は本当に要注意です。車に比べると自転車は見えにくいとうこともありますしね。
山の上り下りで体力が落ちている時には判断力も鈍りがちなので、余計に注意が必要ですよね。

ぐりさんたら~、ご近所の自転車乗りだったのに、すっかり違う世界の人になってしまいましたね。
箱根の坂はね、駅伝で見るものです(きっぱり!)
エッ?負け惜しみ?違いますよ~^^;

それにしても、事故にならずに良かったですね。
お疲れ様でした。

今年はタイミングが合ったらススキ見に行くぞ(^.^)
来年にフォールディングバイク買うのでそしたら
走りに行こうかな。
(≧皿≦;)凸『傑作』

ぐりさん!獲得標高2400m超えって・・・。
どこまで変身するのか、あらためて末恐ろしくなってきましたよ!
地元で走っての話ならまだしも、日帰りの遠征先でやってのけるなんて・・・。
今度千葉の登りでチェレステのビアンキを見たら道をお譲り致します。(^^)
お互い家族のある身、事故だけは、気をつけましょう!

こんにちは

この100kmは中身が濃いですね。少し薄めないと味が濃過ぎて全部は飲み込めそうもないですね。
坂道は良いのですが、最終的に帰りの渋滞が一番こたえそうで、可哀そうになってきます。平塚在住なら近いのですが・・・・

nobsunさん、ハルルさん、おぐっちさん、pentaさん、KIKUさん、こんにちは。

貧乏性の私ゆえ、せっかくここまできたんだからと欲張ってあっちもこっちも登ってしまいました。まだまだそっちもその先も楽しそうな道がたくさんありますね、この辺りは。
なんやかんや言っても、渋滞のなかを走るのが一番疲れちゃうってやっぱり今度は平日狙いかな~。
そして事故だけには、改めて気をつけましょう!!

1000m級の山上り2本なんて、私なら死にます。
凄すぎる。

パンちゃんパパ さん、こんばんわ。
やってみると、意外とできちゃいますよ。もったいない精神です!!