RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.09
22
去年の8月に箱根を走りました。
自転車では初箱根でした。

当時はまだ自転車で坂に登ることに、さして面白味も感じなかったのですが、サイクリストとして箱根ってどんなもんかいな?という程度の感覚で行ってみたのです。
結果は散々でした。
国道1号を宮ノ下まで登る途中、大平台の急カーブ手前くらいで力尽き大休憩。その後の足の重いことったら・・・。

計画通り宮ノ下から箱根裏街道で仙石原、湖尻、元箱根を経て国道1号を下って帰ってきました。
しかし、このコースは意外と楽チンだったということを後になって知るわけです。

この箱根体験がきっかけになって、坂の魅力に徐々にとりつかれてゆくなかで、またいつか箱根に登ってみなくてはという想いは募っていたのです。
そして、約1年後にそれは決行されたのでした。

今回は、国道1号と旧東海道を登ってみようと思うのです。
箱根なんてそうやすやすと来れる場所ではないからです。
Wヘッダーでヒルクライムなんであります。

前回は電車で輪行したのですが、今回は車で行くこととしました。
電車だと始発に乗っても小田原に8時過ぎに到着ということになります。もう少し早くから走りたいし、なによりも帰りの電車の混み具合なども気になってしまうから輪行は苦手なんです。

家を午前4時に出て、小田原の隣りの早川に到着したのが午前6時前。

デポ地に駐車して出発
100920a.jpg

本日の第一目的は、旧東海道登りなのですが、国道1号は日中は車で渋滞するのでは?と思い、まずは1号線を登ることにします。
箱根湯元を過ぎ、塔ノ沢辺りから本格的な登りがはじまります。

急坂というよりは、緩めの勾配を進んでたまに斜度が上がる区間が現れるという感じでしょうか。
のんびり登ってゆけば、そう苦しくもなく前回事切れた大平台も通過し、宮ノ下までやってまいりました。

ここからは未走地帯。下ったことはありますが・・・。
下った感じは、かなり急だなあと思いながら走っていましたが、今まできた道と同様にゆるい感じの坂が続きます。
ただ、元箱根まであと7kmという看板を見たときに、まだ7kmもあるのか、あと30分以上はこぎ続けるのか・・・と一瞬脱力しましたが。

国1最高地点看板はまだか?まだか??と思いながらやっとGSが見えてきて、「そういえば見覚えあるこのGS・・・。」
ここを越えるとゴールはすぐそこです。

100920b.jpg


芦ノ湖まで下って、休憩。

100920c1.jpg100920c2.jpg

まだ早いので、人影もまばらです。
朝の空と清らかな芦ノ湖の水面。
のんびりとした時間。

そして、私の大好きな箱根神社にお参り。

100920d1.jpg100920d2.jpg

参道からもうピンと張りつめた空気。
肌で清々とした気を感じながら、身体が清められてゆく感覚。

お参りを済ませて、ゆっくりと境内を見回す。
大きなものに包まれている気分になります。

お隣の九頭龍神社新宮もお参り。

100920d3.jpg


九頭龍神社は、最近のパワースポットブームと婚活ブームの相乗効果で若い女性が毎月13日の月次祭には大挙押し寄せる神社なのです。
この九頭龍神社もまた縁結びにご利益があるとされているらしいです。
箱根神社境内にあるのは新宮で、本宮はまた別の場所にあるのですが。
この日も朝も早よから、若い方の参拝者もいましたよ。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

昔乗ってたクロスバイクで奥多摩の山道を挑戦したことあったですがすぐに断念( ̄□||||!!
今、ロードに乗ってたらどうでしょう??

箱根の山は険しそうですね。
箱根これから紅葉で混む時期になるから自転車がいいかもですね。
場所は違いますがいろは坂なんかは普通は20分くらいで通過できるんですが紅葉の時期は3時間以上みたいですし。

o┤*´Д`*├o アァー
箱根行きたくなりました。

おはようございます。

箱根の山は天下の険、ですね。
一回目の失敗を見事リベンジされて、お見事でした。一度、途中で挫折したところを二度目に制覇できると達成感もより強く感じられることでしょう。それがあるから止められなくなってしまうんですよね。坂道は。
箱根は車や電車では何度も行きましたが、自転車を始めてからは自転車でも走ってみたいと思うところはあります。先日も小田原に行った際、山々を眺めて走って見たいななんて思いました。
が、多分、今の自分には10km以上も続く登り坂を走るなんて想像もつきません。体力とともに気力も相当に強くないとだめでしょうね。
富士山も箱根も自分には憧れの地で終わりそうです。^_^;

こんにちは

箱根をWで!?? そりゃ凄い!!
あの坂は1日1回で充分ですよ!なんだかぐりさんもかなりのドSですね!?
個人的には箱根から沼津に下ってご飯を食べてまた坂を上がるコースなら我慢できますが・・・
いや~凄い!!

イメージが・・・。

こんにちは。
私の中のぐりさんのイメージが、最近は別人に変わりつつあります!
前回箱根に行かれた時に、きっと何かに感染してしまったのですね。(笑)
最初は苦労した坂道でも二回目に登ると以外と簡単に思えて達成感が味わえるので、癖になりますよね!
私は前回に見事に撃沈した久留里城へ上がる坂道を先日リベンジして来ました!
以外と息も上がらず登れて、前回はなんだったの?と拍子抜けでした。
今年はぐりさんを見習って坂道苦手pentaから坂バカpentaに変身しようかな~。

おぐっちさん、nobsunさん、KIKUさん、pentaさん、こんにちは。

坂は見た目のイメージと実際に登って見るのとではだいぶ違うことがあるので、ぜひチャレンジすることをお勧めします。
一度目がだめでも二度、三度とチャレンジするごとに成長が感じられるのも、励みになると思いますし。競う相手は自分自身なのだから、気が楽ですしね。
久留里城の坂・・・あれ、私も押して歩きました。とてもじゃないけど、自転車じゃ無理じゃないのと思っていましたが、すごいですね。