RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.06
12
「ぐら号ピンク化計画」の一環として、タイヤをノーマル黒からピンク化したときに、チューブとリムが噛んでパンクをさせてしまいました。

また、なんとなく空気が入ったもう一方のタイヤも、走行中にスローパンク。
これも、リムとチューブが噛んだのが原因なようです。

不幸中の幸いでなるしまフレンドの近所でパンクしたので、そこでチューブ交換をお願いしたのですが、タダではおきないのであります。
しっかり、チューブ交換の講習を受けて参ったぐらのレポートでございます。

1 車輪にタイヤをはめ込む

タイヤにおもわぬゴミがないか裏表とも手でなめす。
a.jpg

リングの片側だけに、ぐるりとはめこむ。床にペタリと置いた方がやりやすい。
b.jpg


2 タイヤチューブに空気を入れる

輪になったくらい空気を入れる。入れすぎても入れなすぎてもダメ
c.jpg

3 1を2に入れる

空気弁がちゃんと中心を向くように確認。よじれないか一周ぐるりと確認。
d.jpg

4 弁の向かい側から、外側のタイヤをはめてゆく

e.jpg

赤い部分で、ぐいぐい押すと入りやすい このとき、工具は使わない
f.jpgg.jpg

5 ぐるりと一周し、弁のところもしっかり行う。そのとき弁のところは弁があるため,噛みの原因になりやすい。一度外側に押し出して入れてみる。
h.jpg


6 一周必ずチューブが噛んでないかみる。黒いチューブが見えているということが、噛んでいるということになります。
i.jpg


弁が正しい位置にあるか確認したら、空気を入れて作業終了。

なり慣れないと、忘れますよね。
あまり慣れるのも、困ったもんですけど・・・。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

タイヤ交換、確かにたまにだと忘れますね。
自分も近々交換予定だがすんなり行くだろうか?
たまにはリムテープも交換してあげると良いですよ。
もしかしたらめくれちゃってる場合もあるので。
バリなんかで中でパンクすることも
あるらしいので。

おぐっちさん、こんにちは。
わたしの知ってる人も、一日に3回パンクして、原因はリムテープだったそうです。リムテープも消耗品なんですね、見落としがちですが。

一番最初のタイヤの思わぬゴミが云々が私には盲点でした。ここでいきなりゴミが入っては元も子もないです物ね。でも私はタイヤレバーを使っちゃいますけど・・・・・弱虫なんです。

KIKUさん、こんにちは。
チューブ交換、あまりするものじゃないからなかなか慣れませんよね。慣れちゃうほど交換するはめになるのも嫌だし。