RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.05
12
そうだ、行きすぎちゃってるじゃん。
海が見えてテンション上がったまま勢いよく来ちゃいましたが、鹿野山に登るには湊で曲がらないといけなかったんだ・・・。

あー、どうしよう、戻るのもなんだかなあ・・・。
このまま保田まで進んで、そこから長狭街道に入って三芳を目指すか・・・。でもなあ~やっぱり戻るか・・・。

というわけで、来た道を戻るという屈辱。
恨むは己の方向音痴であります。
・・・しかし、この方向音痴はまだ序章に過ぎなかったことは、この時点では知る由もなかったのです。

湊の交差点まで戻り県道93号に入ります。
鹿野山の入り口の手前のコンビニで、あんぱんを補給しミニ羊羹をサドルバックへ。
あんこパワーで元気百倍になって、ヒルクライムに臨むです。

100510e.jpg

田園のなかを進んで行くと、マザー牧場まで3Kmの看板。
この辺りから、本格的に傾斜がきつくなっていきます。

久々の山登りだからでしょうか。なかなか厳しいです。
ゼーゼーいいながら、フラフラと登って行きます。
はた目にはのんびり登っているように見えるのでしょうが、本人はいっぱいいっぱいでございます。

あー、もうだめ・・・
もう、足ついちゃう・・・
グ ル ジ イ・・・

と弱音を(心の内で)絶叫しながら、なんとか頂上まで登りきれました。

登りきったご褒美はこれ
100510f.jpg100510f2.jpg


鹿野山の四つの登り口のなかでもこのコースは厳しい方だと感じました。

お決まりの九十九谷公園からの眺め。
この日はなぜかクマンバチがウヨウヨしていたので、早々に引き上げです。

100510k.jpg

秋元郵便局まで一気に下って、国道465号からもみじロードへ。

100510g.jpg

もみじロードに入って、しばらく進むと「滝の不動尊」の名水の看板があります。
案内板どおりに、田んぼの中をゆくとこじんまりとした社殿の先に、ちいさな水場があり水が汲めるようになっています。

100510h1.jpg100510h2.jpg

ちょうど、古船浅間神社で汲んだ水も空になったところだったので、ありがたくいただくことにしました。
ここの水もおいしいです。
でも、個人的には古船浅間神社の水の方が好きかな。ここの水の方が、ほんの少しだけ雑味を感じました。

もみじロードに戻って、先を進みます。
まさに日本の里山という風景が続きます。

里山を走っていると、自分がジオラマに中に入ってしまったような感覚にとらわれることがあります。
ここに山を置いて、まわりに田んぼを敷いて、木をここに植えて、川をここから流す。
糸でつるされた太陽の下で、あぜ道の小さな花までもが、丹念に作られたひとつの世界を感じながら走ってゆく。

今走っているもみじロードは秋にはもみじの名所なのですが、今は当然咲いていません。
しかし、まさに藤ロードになっていました。

100510i.jpg100510i2.jpg

次々と現れる藤の花。
藤といえば藤棚をイメージしていましたが、木の高いところに咲いている藤もきれいです。
色も濃い紫から白いものまでいろいろとあるのですね。

そんな藤ロードを走っていると、また名水が。

100510j1.jpg100510j2.jpg

これって、さっきの場所の出張所??
でも、かなり場所離れちゃってるけどなあ・・・。

ここも、水を汲んでる人でにぎわっています。
さっきの場所も、ポリタンクや4Lペットボトルを何本も持ってきて大量に汲んでる家族がいました。
名水ブームなのか?ミネラルウオーターを買うよりいいということか。

まあ、さっきと同じ水なんだろうと思って、ここはパスしときました。
でも、あとで調べたらこの「志駒不動尊の水」と先ほどの「滝の不動尊の水」とはまったくの別ものだということです。
そして、水の味も違うということでした。
ここいらは地下水が豊富な場所なのですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

千葉の山はわき水が湧いているイメージがありますね。
元来わき水なんて何処にでもあったのでしょうが、森林開発等で山の保水力とみず道がどんどん無くなって来ている中、房総はまだ良い条件で自然が残っていると思います。出来ればこのままでいてほしいですね。

KIKUさん、こんにちは。
名水めぐりも新たなる楽しみのひとつになりそうな予感です。
調べると結構あるようです。