RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.02
10
粟又の滝まできて、その先のルートは考えていなかった。

時間と天候と疲労度と相談して決めようと思っていたのだ。
時刻は午前10時。まだ余裕がある。
天気も快晴。気温も上昇。風もなし。

これは行くしかない。
とりあえず海が見たい。

県道178号をそのまま下る。
途中、麻綿原高原の入り口までは未走。
やはり知らない道を走るほうが好みだ。
そうやって、白地図を塗りつぶすように、未走道路を選んでしまう。

県道178号が県道82号にぶつかって、勝浦方面へハンドルを切る。
勝浦東急ゴルフクラブの脇から海へ降りていった。

海が見えるとテンションがあがる
100208e.jpg

下って下って降りてゆく。
これだけ下ると言うことは、帰り道はこれだけ上るということである。

海 そして魚を干している
100208f.jpg100208g.jpg

勝浦といえば、ビッグひな祭りなのだ。
勝浦の街中に雛飾りがされるという恒例イベントなのだが、期間は2月20日~3月3日ということで、この日は雛人形の影も形もなかった。
当たり前か。

それで、これも勝浦名物・朝市。
ほぼ店じまい。昼前だもの、これも当たり前。

100208h.jpg

勝浦の街を出て、国道297号・大多喜街道で帰路につく。
その前に、昼食をとる。

最近、巷(一部か?)で話題の、勝浦坦々麺。
勝浦市の商工会(?)がご当地B級グルメとして、竹岡ラーメンにつづけとばかりパワープッシュしているのである。

その勝浦坦々麺の有名店「原田商店」へ。
ラーメン店と雑貨屋がひとつにまとまって「原田商店」なのだ。

店の前に着くと、4,5人の姿がある。
さすが有名店、平日のこの時間(11時半すぎ)でも行列ができるのか?それともまだ開店前なのか?

100208i.jpg

そうではなくて、TVの取材だった。
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンがそこにいた。

100208j.jpg

自転車を止めて店に入ろうとしたら、撮影中でほんの少し待っていると、ジモン氏自ら「お客さん来たからどいて」とスタッフに言って、私を入れてくれた。
なかなかなナイスガイである。

しかし、店内は満員。
座るところが無い。

店内には店員さんがいなく、しかたなくの厨房に顔を出して、「満員ですか?座れませんかね??」と聞くと団体さんが出れば空くのだけど・・・という。
注文を先にしておいてといわれ、坦々麺を頼む。辛さを聞かれたので普通にしてもらった。

店内に戻ると、カウンター席がひとつ空いていた。
実はこの満員のお客さんの大部分は番組スタッフで、席をつめてくれたようだ。

しばらくすると、撮影が終わったようだ。2つの机を並べた番組スタッフと、近くの武道大学の学生らしき4人組とカウンターの私。
そこへ地元のおじさん2人も入ってきて、大賑わい。

おじさんらは「なんの騒ぎだい?」と私にきくのでTVの撮影みたいですねと言うと、こんな店にTVかい??みたいな。
まあ、地元のおじさんらにしてみれば、首をかしげたくなるのもわかる。

どうやら、この番組らしい。放送日未定。

ほどなく私の坦々麺もきた。

100208k.jpg


真っ赤なスープ。具は玉ねぎをきざんだのをいためたものがぎっしり。ひき肉もはいっているらしいが、私には気づかないほどのもの。

まずスープをすする。
むせる。

勝浦坦々麺といっても、一般的な坦々麺とはまったく別物である。
醤油ラーメン+ラー油スープ+たまねぎというのがその正体だ。

ラー油のスープ。
醤油ラーメンに大量のラー油がそそがれているのか、それとも独特の製法でつくられているのか不明であるが、とにかくラー油味。

「辛い!!」

という第一印象であったが、慣れるとそうでもない。
そうでもないが、むせる。

TVスタップの弁では、「辛さひかえめでこの辛さはないよ~」と言っていたので、人によって辛さを感じる度合いは違うのかもしれない。
ちなみに、私は結構辛口な方である。

これはB級グルメ。すごくおいしいとか、お上品なお味とかいう種類ではない。
が、TVスタッフが帰った後も、地元のおじさん連中や学生客が来て、なかなかの繁盛ぶりであった。

お昼も食べたので、また大多喜街道に出て、まっすぐ家へ向かう。
途中の道で、イノシシが轢かれていたのを目にする。
イノシシの目撃情報が、だんだん我が家付近にも及んでいる。
確実にやつらは増殖している。

前回のポタでも感じたが、基礎体力が落ちている。
帰りはかなりヘロヘロである。
やはりコンスタントに乗らないとだめなのだろう。

本日の走行は、120km。
帰り際の1時間くらい、日が翳って肌寒かったがインナー快適さは確認できた。

本日のルートの一部


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント