RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.10
31
Category : 自転車雑談
「自転車三昧」高千穂遥 著 読みました。

booook.jpg

SF作家・高千穂遥が50歳で自転車に目覚めてからの自転車生活と自転車に対する想いを綴ったエッセイ。

ママチャリからポタリング、ロード、ピストと広がってゆく過程が興味深いです。
私はポタリングからロードに乗り始めたばかりで、今後どういう道をたどってゆくのかしらん。まさか、ピストには乗らないだろけど・・・。

印象に残ったのは「ロードバイクに乗りつづけるためには思想が要る」という言葉でした。

自分なりに「ロードバイクでどう走るか」を考えるのが思想だそうです。
わが身を振り返ってみれば、何故、私はロードバイクに乗ろうと思ったんだっけ??

そもそも私の自転車生活は「クロスバイクでポタリング」から始まったのであります。
自転車なんて、中学生のときにロードマンに乗った以来ママチャリしか知らなかったのですが、「クロスバイクでポタリング」はとても新鮮で楽しく、その世界を満喫していたのでした。

ロードバイクにもたいして関心がなかったのですが、1年もクロスに乗っていてポタの距離が100kmに近づくにつれ、クロスバイクではきつくなってきます。
ロードなら、もっと楽に遠くまで行けるんじゃないか??

まさか、自分がクロスバイクを買ってから1年ちょっとでロードバイクを買おうとは思いもしなかったのですが・・・。

ですから、私の思想は「できるだけ遠くへ」ということになるのでしょうか。
でも、ロードに乗っていると、自分の中の変化に気づきます。

楽に遠くに行くのが目的なので、がむしゃらに走らなくてもいいはずなのにケイデンスを気にしたり、わざわざ峠道をコースに入れたりしています。
この現象は、「クロスバイクでポタリング」時にはなかった発想です。

環境が変われば、発想も嗜好も変わるのでしょう。
私の深層心理には、「初心者ローディ」から「一人前ローディ」を目指して走ろうという気持ちが芽生えつつあるようです。はっきり自覚していないんですけど。
もちろん、「クロスバイクでポタリング」も別のベクトルで相変わらず楽しんでいます。

自転車は奥が深いですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント