RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.10
22
秋も深まり、自転車に乗るにはもっともよいシーズンではないでしょうか。
このベストシーズンに、まえまえからポタってみたいスポット上位の鎌倉に行ってみました。

アクララインを通って、高速道路をひとっ走り。
都内へ出るより、時間的には早いです。

朝比奈の出口を出てから、鎌倉中心部へ行くまでの方が渋滞していました。
鎌倉某公園に車を止めて、出発です。

091019a.jpg

お天気もよく、風もなし。ベストコンディションであります。
本日の出動車両は、久々ぐり・ぐら号揃い踏み。

とりあえず、海へ出ます。
大仏を通り越し、由比ガ浜へ。

キラキラ海が眩しいです。

青春してる学生さんたち
091019b.jpg

海沿いの道を、潮風を胸いっぱいに吸い込みながら走ります。
以前、神奈川を走った時も気づきましたが、千葉よりも自転車乗ってる人が多いです。
平日に千葉ならほとんど見かけないローディーさんも、ここではずいぶんたくさんの方を見かけました。

そして、海沿いの道を走っていたら、前に2台ローディさん、そしてぐら。次いでローディさん、その後に私という集団走行状態になってしまって、ぐらも休むに休めずにがんばって江ノ島まで走ることになった次第であります。

江ノ島が見えて参ります
091019c.jpg

ローディーさんに引いてもらったおかげ・・・というか、後ろから迫り来るローディーさんに気を使ってがんばったぐらのおかげで、あっというまに江ノ島に到着しました。

ローディさんたちも、江ノ島散策組みでした。そして、その3名は仲間同士だったようです。

091019d.jpg

参道を歩いてゆくと、商店が並んでいて、さっそく目をつけたのがこちら。

091019e.jpg

抹茶もなかアイスです。
もなかがぱりっとしていて、濃厚な抹茶アイスに甘さ控えめのあんこが絶品でした。
かなりおいしかったです。

そして、階段
091019f.jpg

実は、この日は一日中階段を登ったり降りたりすることになるのですが、この段階では知る由もなく。
階段をパスしたい人には、エスカーがあるのですね。

091019g.jpg

要するに、江ノ島とエスカレーターをかけたダジャレですね。
ちなみにこれは登りだけ。下りは徒歩で階段を下ります。
もちろん、私たちは文明の利器に頼らず、二本の丈夫な足で登りました。

江島神社辺津宮
091019h.jpg

本社である辺津宮をお参りして、さらに階段を上がって中津宮もお参り。
そして狭い参道を行った先に奥津宮があります。

091019i.jpg

路地のような狭い道を登ったり下ったりするのも趣があります。

奥津宮
091019j.jpg

拝殿天井に描かれた、どこから見てもこちらを睨んでいるように見える「八方睨みの亀」が有名なんだそうです。

確かに睨んでる亀
091019k.jpg091019k1.jpg091019k2.jpg

さらに、稚児ヶ淵のほうへ進むと、芭蕉の句碑がありました。
「疑ふな潮の花も浦の春」
とあるそうなのですが、判読はできませんでした。

091019l.jpg

ここいらで、お昼食べちゃいましょう。

江ノ島といえば、しらすみたいですね。
どこのお店でも、「生しらすはいりました」の張り紙&呼び込み。

景色がよさそうなお店に入ります。

生しらす丼 と 江ノ島ラーメン
091019o1.jpg091019o2z.jpg


生しらすたっぷりのった丼。臭みなどなくとてもおいしかったです。
江ノ島ラーメンは、正統派の醤油ラーメン。卵麺。具にサザエが入っています。

江ノ島は初めてだったのですが、神社の島だったとは知りませんでした。
とにかく、ずいぶんと階段を上がったり下ったりしました。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント