RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.09
26
さていよいよ、いろは坂にチャレンジであります。

登りはじめのひとつふたつの坂はきつかったですが、その後はわりかし緩斜面でひたすらにペダルを回すことに専念しました。

車は途切れずに来るので、道路の左隅をジワジワと登ってゆきます。
今回はなるべくシッテイングで行く作戦です。

ハーハーゼーゼー言いながら、ノコノコ登って行きますと・・・。

ガッシャ~ン!!!

後ろですごい音がして、振り返るとバイクと人が倒れていました。
車とバイクが接触したのか、なんせ私の後ろで起こったことなので状況はよくわかりませんが、とにかく事故発生であります。

とはいえ、私になにかできることもなくそのまま上を目指して登ってゆきました。
しばらく、車がまったく通らなかったので事故処理をしていたのかもしれません。

後で、後ろからしたぐらに聞いたところ、ぐらの車を追い越して救急車が行き、バイクの男性が搬送されて行ったということでした。

何分か後に、車が私を抜かしていって、交通量も戻りました。
相変わらず、こちとらはヒーヒー自転車漕いでます。

「あーこの坂はまだ終わらないのか・・・」と考えると、心が折れるので、「この坂はまだまだ永遠と続くのだ。そして止まったらもう動けないぞ!!」と心に念じてゆっくりと登って行きますと、明智平の赤い屋根が見えてきました。

目標が見えると心強く、ワッセワッセとペダルを漕いで、登りはじめて約40分で明智平に到着しました。とりあえず登り切ることができたので良しとしましょう。

090921e.jpg

やっぱり景色がいいです。
山が雄大だあ~。

さて、もうひと漕ぎして中禅寺湖へ行こう、と走り出したらちょうどぐらと遭遇。
ぐらに中禅寺湖で待ってるからと言って走り出します。

明智平から先は、道路が渋滞していました。
ちょっと登った先から下りになります。
明智トンネルも渋滞する車の脇を、スーーーと抜けてあっという間に中禅寺湖に到着。

090921f.jpg090921g.jpg

ぐらに中禅寺湖に着いたよ~と電話すると、まだ渋滞にハマッているらしい。
どうぜぐらは、例によって例のごとく中禅寺湖のパン屋さんを攻略するらしい(私と別れた日光駅付近でもパン屋に寄り済み)ので、私は戦場ヶ原を目指すことにしました。

ここまで来ると、ちょっと涼しい。
ウインドブレーカーの袖を再度装着して、湖畔の気持ちよい道を軽快に走ります。

天気も最高に良く、抜けるような青空。
キラキラ光る湖を見ながら、さわやかに風をきって走る幸せ。

ここからも少し登って、眼下に中禅寺湖が見下ろせます。

090921h.jpg

そして、戦場ヶ原に到着。
090921i.jpg

この写真を撮っていたら、ぐらが追いついてきました。

ここで一旦、ぐらと合流。
自転車を置いて、戦場ヶ原を散策しました。

赤沼駐車場から、雑木林の道を歩きます。
根が張って足場が悪い小道を行きます。

林の中は明るく、森林浴を楽しめます。
行き交う人々がすれ違いざまに「こんにちは」と声をかけてくれるのですね。
これは登山とかのルールなのか??

私たちはなんとなくハイキングコースに入ってきた観光客なので、ちょっと場違いな雰囲気かもし出してるかも・・・。
皆さん、本格的な登山・トレッキングないでたちです。

初めの10分くらいは、目新しさでこのハイキングコースを楽しんでいましたが、次第に飽きてきました。
特に子供らは「どこまで行くの~」とテンション下がっています。

もうすぐもうすぐ・・・とだましだまし歩くこと30分?それ以上??
展望台に出ました。

しばし休憩。
ここまで来たので、小田代原まで行きたいなと思ってちょっとばかり先に進みました。

ttt.jpg

なんとなくそれらしい景色が見れたので、ここで引き返すとします。
・・・といっても同じ時間かけて引き返すのかあ~。なんか大変だなあ・・・っていうか疲れた。

そこにグットタイミングでバスがやってきました。
もしかしてこれ乗れるの??

私たちが、じーーっとバスをにらんでいた殺気が伝わったのか、バスの運転手さんがドアを開けてくれて、赤沼までこれで帰ることができました。
後で知ったのですが、このバスは手を上げればどこでも乗せてくれるシステムのようです。

バスに乗ったおかげで、10分ほどで赤沼に到着。
歩いて帰ることを思うと、地獄に仏とはこのことです。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ご無沙汰しています。
日光、いーですね^^
湖にBianchi、天気も良くniceな写真が撮れましたね。オイラもいつかBianchiで走ってみたいです。

日光、よかったですよ。
今は天気がよければ絶好の自転車日和ですよね。
冬眠する前の今のうちに、ポタポタ乗ろうと思っています。