RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.08
08
ここからは山道です。
県道24号を走っていると、いつのまにか鴨川有料道路に入っています。
料金所が一箇所しかないので、海側から走ってゆくと有料道路の終点に料金所が現れるということになります。

鴨川有料道路は長いだらだらと続く坂道です。
アップダウンはなく、ただひたすらに登るのみです。

登っても登ってもずーーーーっと登り坂。
きついです。アップダウンなら下りで休んだり、勢いつけて次の坂に挑んだりと変化がありますが、あのカーブを曲がってもまだ続く登り、そしてその先にカーブの先もまた登り・・・。

そういえば、この道は今年のツールドちばの3日目のコースなんだなあ。
こりゃダメだなあ・・・。

斜度はあまりきつくはありませんが、なによりこの永遠地獄が肉体的にも精神的にもやられます。
やっとこさ登りきった少し先に料金所が見えました。軽車両は20円也。

090803p.jpg

これだけ登ったんだから、これからはダウンヒルかと思っていたら、それほど下りもせず房総スカイラインの基点を通過。

その先に、「三石山→」の看板があって、そちらへ右折します。
さて、いよいよ本番か~と気合を入れて登り始めます。

なのですが、すぐに片倉ダムがあったので、ちょっと見学。

090803q.jpg090803r.jpg

ひっそりしています。
ひとっこひとりおりません・・・。

さてさて、あまりのんびりとしてられませんので、三石観音目指して登って行きます。
が、思ったより斜度はありません。

三石山は標高が281mと低いので、あの鴨川有料で登ってきた分でほぼまかなってしまったのでしょうか。
しかし、標識のひとつもありません。
この道でいいのか??と不安になりながらも、他に迷いそうな道もないだろうしなあ・・などとモヤモヤしながら登ってゆきます。

結局、車にも一台もすれ違わないまま、唐突に三石観音に到着しました。

090803s.jpg

三石観音は、マラソンの高橋尚子選手が参拝したことで有名になったそうですが、この時は参拝客も私以外に2組しか出会わず、本当に山の中のひっそりしたお寺でした。

このような、わりと急な道を登ってゆきますと、

090803t.jpg

三つの巨石に飲み込まれそうな本堂が現れます。

090803u.jpg

本堂の中はどうなってるのかと疑問に思いましたが、中は見れませんでした。
本堂の脇に急な階段があって登ってみると、奥の院に続く道のようですが、岩が迫っていて人一人通るのがやっとです。

ものすごく急な階段を登る
090803v.jpg

狭い通路。私の肩幅ちょうどくらいか?太った人はマジで厳しいです
090803w.jpg090803x.jpg

足場も岩がボコボコ出ているので、SPDシューズにはやさしくないです。

そして奥の院。
090803y.jpg

山深い場所のあるんですね
090803z.jpg

本堂のそばにはこんな灯篭もありました。
090803z1.jpg

他にもスポーツ選手が参拝したサインや写真が飾ってあったので、勝負ごとにご利益があるのかとおもったら、縁結び・海難よけに霊験があるとされているそうです。
Qちゃんが参拝して金メダル取ってから、スポーツ選手が来るようになったのかなあ??謎です。

三石観音を出て、亀山湖方面に抜けます。
途中びっくりしたのは、田舎道では蛇の死骸や抜け殻はたまに見かけますが、生きた蛇が道路の真ん中でニョロニョロしていました。
踏んだら転びそうで危ないなあ~。

そして、更なる驚愕が、いのししの子供・ウリボウが道路脇でたたずんでいました。
私に気づくとササッと森の中に逃げてしまいましたが、親いのししに出くわしたら危険極まりないですね。きっとそばには親もいたのでしょう・・・。

亀山まではダウンヒルで一気に降りて、ここからどうしましょう??
大福山を登って養老渓谷から帰るか、久留里街道を行くか??

この時点で、もう坂道はお腹一杯って感じだったので久留里街道を行くことにしました。
まあ久留里街道も結構なアップダウンもあるんですけどね・・・。

それでも時に追い風が加勢してくれて、順調に走れました。
久留里について、ご自慢の井戸水で英気を養います。

090803z2.jpg

井戸水をゴクゴク飲んで、ボトルに水を詰めて再び走り出します。
まだまだお家は遠いのです。

ここいらからは、かなりヘロヘロになりながら帰り着きました。
考えてみれば、昼食以来なにも食べていなかったので、軽いハンガーノックだったのかもしれません。

本日の走行距離は169km。
あと1km寄り道する気力はありませんでした・・・。

本日のルートの一部↓




↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント