RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.05
01
大山千枚田に付近のプチ観光ガイドの看板があって、ご近所に「大山不動尊」があるとあります。

そこには、「波の伊八」の彫り物があると書いてありました。
波の伊八の名前は知っていたので、これはぜひ見ておかないといけません。

波の伊八とは、葛飾北斎の「富岳三十六景」で「神奈川おき、なみうら」に影響を与えたと言われる江戸時代後期の彫刻師・初代武志伊八郎のことです。

神奈川おき、なみうら
hokusai_kanagawa00.jpg

波を彫らせたら、右に出るもにはいないといわれた伊八。
その実物がみれるのは、貴重な機会かも。

この辺りは、標識が充実しているので、道には迷いません。
案内通り進んでいきます。

途中、道祖神がありました
090427z3.jpg

なんだか、トトロの世界。
道すがら、建築中のお家があって見事なかやぶき屋根。
でも、屋根の下はモダンな住宅です。左官屋さんがはいっていたので聞いてみたら、一般のお家だとか。

090427z4.jpg

大山不動尊に到着。
090427z5.jpg

山門をくぐると、急な階段。笑っちゃうくらい急です。
090427z6.jpg090427z7.jpg

手すりをつかまないと、転んでしまいそうです。

そして、本堂。立派です。
090427z8.jpg

これが、波の伊八の作品。
090427z9.jpg

写真でどこまで伝わるかわかりませんが、実物を見た印象はやっぱりオーラが出ていたようなきがします。
生きているような、動き出しそうな感じがします。
初代伊八の50代の作品だそうです。
ちなみに伊八は、明治まで5代まで続いたそうです。

手水舎と鐘楼もいい感じで古いです
090427z10.jpg

そして、鐘楼にはこんな張り紙が・・・
090427z11.jpg

自由についていいと言われても・・・。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント