fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2024.02
27
Category : リトルカブ
先週、風に負けて大原から撤退したライドのリベンジです。
とはいうものの、先週に引き続き今回も「強風」とのこと。先週は南風でしたが、今回は北風ですが。そして、早朝までは雨が降る予報なのでリトルカブ出動です。

朝、起きると路面が濡れています。
出発時間を予定よりずらして、8時半頃スタート。

まずは房総満喫ライドの定番コースで長南から大多喜へ。自転車なら坂を回避して遠回りしているルートを、オートバイなので近道で。トーヨーカントリーの坂もへっちゃらで登ります。

大多喜駅
240226b.jpg


大多喜城
240226c.jpg


国道465号のこの川沿いの景色が好きです
240226f.jpg


東総元駅に千葉テレビの「週間バイクTV」ののぼりがあったので、なんだろう?と寄ってみました。

240226d.jpg

240226e.jpg

いすみ鉄道とネーミングライツ契約をして駅名に番組名をいれたということみたいです。

県道77号に入ります。舗装も良く交通量もほぼ無く、のどかな田舎道。お気に入りの道です。カブでは時速45~50kmくらいで流すのが気持ちいいです。

前から気になっていた万葉ロードと大塚山登山口
240226g.jpg


なぜ万葉ロード?と思ったのですが、どうやら登山口から山頂まで万葉の歌が道沿いに掲げられているということらしいです。

県道177号に戻って、安房小湊へ。

定点観測 おせんころがし
240226h.jpg


誕生寺の河津桜は満開
240226i.jpg


ここから南下します。
安房小湊で気になるスポットを探索。

千葉大学 海洋バイオシステム研究センター
240226l.jpg


ここにミニ水族館があって見学できるとここと。
しかし、現在は崖崩れのため見学も通行も禁止とのことです。残念。

その先には美しい景色が広がっているのですがねえ・・・。
240226m.jpg


そして、この景色は広重も浮世絵に描いたそうです。

240226j.jpg

240226k.jpg


国道128号で自転車通行禁止のバイパスに乗ります。バイパスは橋の上なので、風にあおられて怖かったです。

鴨川松島
240226o.jpg

240226p.jpg


ここからはいつも反対側から降ってくる県道89号へ。この県道89号は県道279号の分岐(風早峠と私だけ呼んでいる)から鴨川までずっと降りです。つまり逆に鴨川からだとずっと登りになるので自転車では走りたくないわけです。今日はバイクなのでおかまいなし。

途中、大きな鳥居があってここも前から気になっていたのでちょっと寄り道。
結構な登りが続きます。で、ピークまで来ちゃいました。ここでスマホを取り出して確認すると、神社は過ぎてしまったようです。
で、この道ってどこに繋がっているんだろうと思ったら、前回行くつもりだった江見から登ってくる県道272号に繋がっていました県道272号は県道89号と接続するので。こちら回りで行くことにします。
ちなみに、後日調べたら気になっていた大きな鳥居はこの道の反対側の神社のものだったという落ちがつきました。

県道272号に入ります。
この道は細くて坂が急です。なので自転車では隣の県道186号ばかり使っています。

ほぼ林道レベル
240226r.jpg


途中、棚田が美しい。規模的には大山千枚田よりも大きいと思われます。
240226q.jpg


もうすぐピークというところで、脇に小道があります。そちらへ行くと「山口の滝」方面になるので、もしかしたら滝が見えるのでは?とハンドルを切ります。自転車で走っている時もそうは思いつつも面倒でスルーしていました。
いざ走ってみると、もしかして未舗装になるのでは?というのは杞憂に終わり、完全に舗装されています。しかし軽トラが一台通れるかどうかという細道です。そしてここにも集落が現れます。人間ってたくましい。

細道は県道89号に接続して、風早峠へ。

240226s.jpg


ここから、旧水田家へ向かいます。風早峠から北へ延びる道を進みます。この道も初めて通りますが、なかなか景色が良い道で、周りの山が見渡せるスカイラインといった風情です。
この道は嶺岡林道に接続します。

240226t.jpg


八丁陣屋跡
240226u.jpg


江戸時代は、嶺岡林道がメイン道路だったのでしょう。今は更地です。

その先に、旧水田家への入り口があります。
240226v.jpg


急な坂を降ってゆくとそれはあります。

240226w.jpg

240226x.jpg

240226y.jpg

建物内部も

240226z.jpg

240226z2.jpg

240226z3.jpg



文化庁登録有形文化財で元大蔵大臣で城西大学の創立者 水田三喜男翁の生家です。
学校が管理しているからか、とてもきれいに保存されています。管理人さんも常駐しているようでした。
ここへ来たのも初めてです。なぜって激坂の先にあるからです。

国道410号を挟んで県道89号で富山方面へ。
国道127号に出て、勝山の佐久間川沿いの頼朝桜をチェックします。

240226z5.jpg


どこでも菜の花と河津桜が咲いていて、春らしい風景を作っています。

おどや 鋸南店にて

240226z6.jpg


念願のオドバーガーが売っていました。
数量限定って2個なのか?それじゃあすぐに売り切れますわね。

強風過ぎて食べる場所がなかったので、バイクのかごに積んで先へ進みます。

保田から長狭街道へ。

保田川頼朝桜の里
240226z7.jpg

240226z8.jpg


保田川沿いにも頼朝桜と菜の花の競演。

途中、ゲートボール場があったので、ベンチを借りてオドバーガーを頂きます。

240226z9.jpg


まあ、家庭的なハンバーグに卵サンドの具的なものが挟んでるのですが、皆さんが想像をする味を裏切りません。
値段は安いので、コスパはいいかもですが、私的にはおどやのパンは「リンゴのパイ」が一番おすすめしたいです。

長狭街道を横根峠に向けて走ってゆきます。

途中、佐久間ダムの看板。また気まぐれで佐久間ダムにも寄ってみました。ここから佐久間ダムへは登ったり降ったり大変なのですが、原動機がついた自転車では余裕です。

240226z10.jpg

240226z11.jpg

240226z12.jpg


こちらも花盛りでした。

ルートに復帰して長狭街道から県道88号へ。
木の根峠を越えて、戸面原ダムへ。

ここから「松節林道」で素掘りトンネルを見学しに行きます。
240226z14.jpg


結構登りが続きます。そしてピークに達する頃には未舗装に。聞いてないよお。

林道終点
240226z15.jpg


あれ?隧道は??

こんなに登ったのに空振りとは・・・。まあバイクだからいいけど、自転車ならショックでかいです。
なんで隧道がなかったのか?後で調べたら自分のルートミスでした・・・。これもリベンジ案件に入れなきゃです。

ルートに復帰。
県道88号のアイコン・関尻の大わらじを見学。
と、その前に、大わらじは3つあるそうで、GoogleMapでそのひとつをみつけたのです。

が、それがこの場所。
240226z16.jpg


民家?どうもここは違うようなので、県道に戻りました。

まえから知ってる関尻の大わらじはこちら。

240226z17.jpg


大わらじは毎年2月に作り替えるそうなので、まだ出来立てホヤホヤです。
この周辺には、巨人伝説が色濃く残っているという話も聞くので、さらなる探求心が芽生えます。

国道465号に出たら、上総湊方面へ。
国道127号との交差点にある小泉酒店にて酒粕をお土産に。

ぐらがお気に入りの君津のパン屋さんへも寄って、

240226z18.jpg


千葉フォルニア
240226z19.jpg


風がますます強く、小さなリトルカブは千鳥足でなんとか帰宅。
バイクでも追い風だと早くなるんですね。

こんな風の日に自転車に乗らなくて良かったと安堵したツーリングでした。

走行距離・223KM。ガソリン・5.18L。909円。燃費・43/L。





240226a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

房総探訪ツーリング お疲れ様でした(^O^)v

いよいよサクラの季節になりましたね♪

それにしても、良い道を走りましたね(^O^)v

ほっとする風景ばかり・・・

房総半島南側はやっぱり温暖ですね♪

Re: 房総探訪ツーリング お疲れ様でした(^O^)v



Kuroさん、こんにちは。

もう花盛りです。春もすぐそこですね。

バイクだと、気軽に寄り道できるところがナイスです。気になる道も自転車だとスルーしがちです。まだまだ知らない道もたくさんありますから、探索意欲が湧いてきます。