fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.09
16


200914a.jpg


例によって週間天気予報をチェックしてると、私の休日の天気はいまひとつです。
しかし、晴れマークが朝から夜まで並んでいる場所がありました。それは寸又峡です。
大井川沿いの道は「私の走ってみたい道」リストに入っていましたが、ルートの詳細まで検討するには至っていませんでした。
そこで、急遽ネットを駆使して情報を集めてみました。

即席ながら作ったルートは、静岡スマートICをスタートして国道362から県道60・南アルプス公園線で富士見峠、大日峠を経て井川雨畑林道で井川湖まで降りて南アルプス公園線に再び合流して、自動車で行ける終点・畑薙第一ダム沼平ゲートまで。
ここから折り返し寸又峡をゴールという壮大なもの。
南アルプス公園線といえば、アニメゆるキャン△の聖地であります。
と思っていたのですが、あとで知った事ではありますが、ゆるキャン△にでてくる南アルプス公園線は「山梨県道37号南アルプス公園線」で、今回走る「静岡県道60号南アルプス公園線」とはなんの関連もないとのことでした。

また通行止め情報をチェックしてみたところ、井川雨畑林道は去年の台風19号被害のため通行止め。富士見峠から大日峠には行かず南アルプス公園線を使って井川湖に降る計画に変更しました。
それでも山岳コースで距離は148kmと手強いので、なるべく早くスタートしたいということで、我が家を3時過ぎに出発して7時15分には静岡スマートICを出発できました。

天気は上々で小高い山を眺めながらきれいな川沿いの国道362を走ってゆくと、ほどなく県道60の分岐にたどり着きました。
ここからが登りの本番かと思いきや、それほど急坂もなくジワジワと登ってゆきます。茶畑なんかが広がるのどかな雰囲気で、まだ先も長いのでのんびりとペダルを踏んでゆきます。


南アルプス公園線
200914b.jpg

そんな時目に飛び込んできたのが、交通案内の電光掲示板です。


200914c.jpg

「大間~笠張 土砂崩れ通行止め」ってどの辺りのこと??

スマホ地図で確認すると富士見峠のだいぶ手前です。
しかし、これは自動車は通れないけど徒歩・自転車はOKという可能性はないものか??
不安に駆られながらも進んでゆきます。だれか事情通っぽい人がいたら聞いてみようと思っていたらちょうどお巡りさんがいたので聞いてみました。
するとオートバイも通れないので、自転車も無理という話で、国道362にぬける山道を教えてもらいました。


山道にここから入ります
200914d.jpg


林道チックな、というか林道そのもの(林道の名称看板などは見当たらず)の抜け道をエッチラ登ります。念のため熊鈴を装着してきたので、盛大に鳴らします。熊がいるのかは謎ですが、鹿や猪にも会いたくないので。
この山道はいつ降りに転じるのなるのだろうと思いながら走っていましたが、国道362に合流するまで降りませんでした。しかも国道362に入っても登ってゆきます。
しかし登りっていればいつしかピークにたどり着きます。降ると大井川を渡って県道77へ。

大井川鉄道・千頭駅で機関車トーマスを写真に収めてから、大井川を北上してゆきます。

千頭駅
200914e.jpg


寸又峡の入り口を通り越して、長島ダム、接岨峡と過ぎ、井川湖の手前で県道60となり畑薙湖まで。
激坂とかはありませんが、地味にアップダウンが続きます。今回は寸又峡まで戻るので登っていれば復路は降り、降っていれば往路は登りとどちらにしてもうれしいやら悲しいやら微妙な感じです。
どちらかといえば、登っている時間の方が長いと思われ疲れます。そして景色は秘境。同じような景色が走馬灯のように回ってゆくだけで、面白みはありません。しかし、こういう何もない道を走るのは個人的に好きなので退屈はしないのですが。

巨大な配管
200914f.jpg



路面は決して良くはなく、落石も目立ちます。基本的に車の通りは稀なのですが、それでも道が狭いので車をよけるために道路の端に自転車を寄せると、尖った石にヒットさせそうでおNEWのタイヤをパンクさせないか肝を冷やします。


ずっとこんな感じ
200914g.jpg




12時に畑薙湖の手前にある赤石温泉・白樺荘に到着。

200914h.jpg


今回のルートは補給地点が極端に少ないので、ランチはここでとると決めていました。
ほっと一息いれます。そこで考えてみるのです。ここから寸又峡まで戻るの面倒だし時間も厳しいかも・・・。
実は今回もサポートカー付きライドなので、送迎要請をかけました。やっぱり同じ道を走るのは嫌いです。

白樺荘で山女魚そばを頂き、
200914i.jpg


畑薙第一ダム沼平ゲートまで行ってみました。
徒歩と自転車は通行できるようですが、自動車はここまで。ここから先は未舗装路なのでそれなりの自転車じゃないと進めないようです。

200914j.jpg


畑薙第一ダム沼平ゲート
200914k.jpg


白樺荘まで戻って、しばらくぼーっとしていたらぐらがやってきて自転車を収納して、本日のライドは終了。

ここから車で寸又峡まで戻りましたが、降り基調とはいえ長い登りもちょこちょこあるし、寸又峡までもだいぶ登るので白樺荘をゴールにして正解でした。
寸又峡では夢の夢の吊橋を見学してから温泉に浸かって帰ってきました。


夢の吊橋
200914l.jpg



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

秘境 南アルプス公園線(静岡)ライド、
お疲れ様でした~(^^♪

長閑な良い道ですが、登りばっかりだし、念のための熊鈴が必要とは…(-_-;)

山女魚そばは、映えますね(^^♪
美味しそう(^^♪

Re: No title


Kuroさん、こんにちは。

千葉県は熊がいないのでまだ安心できますが、万が一のことを考えて鈴持参です。精神安定剤みたいなもので、実際役立のかは???