FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2019.01
07
1月3日。
神奈川の自転車仲間・まるおさんご一行様とポタって参りました。

わざわざ神奈川・東京方面から海を越えて房総半島まで出張っていただくので、ここは地元の自転車おじさんがエスコートいたしますよ。
他県の皆さんは、どうも南房総をサイクリングすることが多いように見受けられます。
そこで、今回は皆さんがあまり脚を伸ばさない富津方面でルートを組んでみました。

8時半 道の駅・保田小学校 集合
190103b.jpg


晴天。風弱し。自転車日和也。
総勢8名で、いざ出発。

まずは国道127号を北上いたします。
序盤も序盤から、江戸時代からの難所・明鐘隧道を通過します。暗く舗装も悪い路肩のない隧道を通過するのは江戸時代から現代も変わらず難所なのであります。

そこを過ぎれば、内房が見渡せる快走ロード。この日は富士山もくっきり見えて気分も最高。
竹岡駅を過ぎたあたりにある燈籠坂大師の切通しトンネル。最近インスタ周辺で話題だそうです。

190103c.jpg


湊川を渡って、ちょっと寄り道。

岩谷観音
190103d.jpg


御一行さまをご案内
190103e.jpg


ここは、洞窟の壁面に彫られた仏像「摩崖仏」が鑑賞できるスポットです。
奈良時代のお坊さん・行基が一夜で彫ったという言い伝えがあるようです。

ルートに戻り、再び国道127号から県道256号へ。
この県道256号は個人的に大好きな道です。THE房総というべきのどかな田園の中を進んでゆきます。
ときより海が顔を覗させて、遠く東京湾観音の姿が望めます。

その東京湾観音に登りました。
1.5kmの登坂ではありますが、7%ほどの坂も現れて刺激的です。

190103m.jpg


どうも以前は展望台まで行けたようなのですが、去年12月中旬に改装されたタイミングで入場料を払わないと入れないシステムに変わったようです。
せっかく登ったけど、絶景はお預けでした。

坂の途中、景色が良い場所
190103g.jpg


ランチをいただきます

平兵衛
190103h.jpg


はかりめ天ぷら定食
190103i.jpg


サクサク穴子がおいしかったです。

富津公園へ
190103j.jpg


ここでも富士山が見えてテンションあがりますね。
対岸の神奈川県もはっきり見えました。

さて、ここまで観光ポタモードでしたが、午後の部はサイクリングモードでゆきますよ。
なんてったって、本日の走行距離100kmに対してまだ40kmしか走ってないんですから。しかも時刻は12時半を過ぎています。

内陸に入って、君津駅。
ここでぐらを含め2名が途中離脱します。輪行でご帰還です。

190103k.jpg


途中、道の駅でトイレ休憩してから、鹿野山の山麓をぐるっと回るように走ります。
細かいアップダウンを繰り返しながら、若干スピードアップして黙々とペダルを踏みます。
もしかしたら山麓を回るよりも、鹿野山の福岡から登って更和に降りた方が早かった?とか思いますが、どちらが楽なのか?ちょっと疑問です。

もみじロードに入ると、ここも細かいアップダウン。
私がとりあえず先頭だったので、後ろからのプレッシャーを感じながら踏み踏みしました。
張り切って太もも裏が攣りそうになったことは内緒です。

もみじロードの出口から横根峠はすぐそこ。
あとは降るだけです。

道の駅に着きましたが、ちょっと時間があったので水仙ロードにも寄ってみました。

190103l.jpg


夕暮れに浮かぶ白く可憐な花たちは、甘い香りを一帯に放ち旅の終わりを祝福してくれているようでした。

本日の走行は、94km。
190103a.jpg

ボッチライド専門の私なので、不慣れなホスト役で参加いただいた皆様には至らないところが多々あったことこの場にてお詫びいたします。
これに懲りずまた、房総においでませ~。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント