FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2018.03
21
今、熱海がブームなんだそうです。
流行りものに弱いぐらが「熱海に行ってみたい」と。

熱海をはじめ、伊豆は自転車で走るにはハードルが高いんです。
平坦な場所があまりないので、ほぼ登っているか降っているか。

自転車で熱海なんていう大冒険をぐらが挑戦できるのでしょうか??

答えは「否」。

熱海までは車で行ってその後は別行動ということで話はまとまりました。
ぐらは徒歩と車で周辺を散策。
私は自転車で「中伊豆」を行くことにしました。

これまで私は伊豆といえば、伊豆半島をぐるっと回ったり、西伊豆スカイラインや天城峠は走ったことがありますが、東伊豆から内陸はあまり来たことがなかったので、今回チャレンジしてみようかというわけです。

熱海の隣駅「来宮」にあります、来宮神社からスタートします。

まずは参拝。

来宮神社
180319c.jpg

天然記念物「大楠」
180319d.jpg

180319e.jpg

この大楠を一周まわると寿命が一年延びると伝えられているそうです。
確かに鈍感な私にもパワーを感じることができました。

参拝を済ませ、車を来宮駅前の駐車場に移動。
ここからスタートします。

来宮駅
180319f.jpg


と、その前にドリンクの補充と補給をしておきます。
今回のコースは山の中を走るので、補給ポイントが少なさそうなのです。

セブンイレブン 熱海中央町店 8:34
おにぎり 生どら焼き アクエリ1L

海まで降りて、国道135号を南下します。
街中はしばらくは平坦ですがすぐにアップダウンが始まります。

熱海を見下ろす
180319g.jpg


海沿いの道を走って、長浜海水浴場を過ぎたあたりから県道80号へハンドルを切ります。
その先の「山伏峠」を目指すのです。
内陸に入るには宇佐美から「亀石峠」を越える選択もありましたが、そこは以前走ったことがあったのでこのルートをとりました。

県道80号へ
180319h.jpg

まずは住宅街を抜けてゆきます。
が、いきなりきついんですけど・・・。
180319i.jpg

斜度10~15%以上が続きます。

斜度20%なんて場所も
180319k.jpg


道も細く走りずらいです。
住宅街をすぎると道幅も広くなりますが、坂が緩む気配はありません。さすがに20%はないですが。

山道になってきます
180319l.jpg

山伏峠までの距離は5kmほどなので、ヒイコラ登ってゆくと登頂できます。
しかし、5kmで500mくらい登るということで、おのずときつい坂が続きました。

山伏峠
180319m.jpg


登りは暑かったのでポケットに忍ばせておいたウインドブレーカーを着て降ります。
降っているとオートバイに先導された女子競輪選手たちが登ってきました。
サイクルセンターが近いですから、定番の練習コースかな?
登りはいいけど降りはピストで大丈夫なのでしょうか?ブレーキついてるのか。

県道19号を交差しても県道80号で降って、修善寺まで。

修善寺駅
180319n.jpg


ここで曇っていた空から霧雨が降ってきたので雨宿りします。
スマホで雨雲レーダーを確認すると、しばらくすれば雨があがる予報だったので。

家から持ってきたお菓子なんかを補給しながら10分くらい休憩していると、雨が上がりましたのでリスタート。
ここから県道349号を行きます。

狩野川沿いを進んでゆきます
180319p.jpg


木製のつり橋
180319o.jpg


のどかな田舎道。ここいら辺は平和な平坦路でした。

湯ヶ島から県道59号へスイッチ。
「国士峠」へ向かいます。

林道チックな県道59号
180319q.jpg


斜度は8~10%くらいでしょうか。山伏峠から比べればかわいいものです。

途中、自販機でドリンクを補充。
この自販機を逃すと何もないので要注意。

国士峠
180319r.jpg


峠を下りますと、筏場のわさび田。

180319s.jpg

180319t.jpg


広大なわさび田です
180319u.jpg

180319v.jpg


さらに県道を降って、途中で細い道へスライド。
「萬城の滝」を見に寄ってみます。
お腹が空いたので、そこでおいしいものにありつきたいと思うのです。

ちょこっと道に迷いながらも到着。
萬城の滝キャンプ場を目指すとよいです。

滝までは少し歩くと看板に表示してあって面倒だなと思いながらも行ってみますと、おもいのほかすぐそばに滝はありました。

萬城の滝
180319w.jpg


マイナスイオンを浴びて元気をもらいます。

さて、隣接するキャンプ場でソフトクリームでも食べようかと行ってみれば。

180319x.jpg


カブトムシ型トイレしかありませんでした。。。

スゴスゴと戻ります。
県道59号に復帰して県道12号で冷川方面へ。

お腹が空いたのです。
スマホで周辺の食堂を検索するも、店はなし。
コンビニを検索しても、コンビニもなしです。

あきらめて持参していた補給食をすべて平らげます。

柿ピー小袋 ミニ黒糖数個 ミニ蒟蒻ゼリー2個

蒟蒻ゼリーってカロリー的に補給食としてあるなのか??

とりあえずこれだけ胃袋に納めて走り出します。
それまでちょっとハンガーノックぎみだったのが少しは改善されたような気もします。

県道12号は冷川峠に向かいますが、県道112号に入って「ろくろば峠」へ。
ダラダラと登ってゆきます。景色が良いわけではないので、ただの修行のようです。

ろくろば峠
180319y.jpg


ここを右へ行けば、伊豆半島で自転車で行ける一番標高が高い遠笠山(標高1050m)にゆけるらしいのですが、見晴らしの良い場所もなく登った先はゴルフ場の入り口ということだったので、今回はやめていきました。

県道111号を大室山方面へ降ってゆきます。

大室山
180319z.jpg


眼前に巨大な円錐。
ちょっと迫力ありました。

大島が近くにみえます
180319z2.jpg


ハンドルを一碧湖方面へ。
豪快に降っていたのに、登り返します。
きつい登りです。

うら若き女性グループが、レンタル電動自転車で軽やかに登っていたのが楽しそうでした。
ここはやっぱり電動でしょうね。

途中、食堂を発見。
さっき補給食を食べたので、そこまでお腹は空いていませんでしたが、スマホでそのお店の情報を調べてみたらなかなか評判がよろしいです。
ならば、ランチしておこうかと入店します。

だんらん
180319z3.jpg


メニューはいろいろありましたが、本日のサービスランチ「カキフライとカニクリームコロッケ定食」にしました。

180319z4.jpg


もうちょっと、地元っぽいものにすればよかったかなと後になって後悔しましたが、これはこれで美味しかったです。

一碧湖
180319z5.jpg


国道135号に入って伊東へ。

事前に調べておいた日帰り温泉がゴール。
ここでぐらと合流しました。
180319z6.jpg

天候が怪しい予報でしたが、修善寺辺りでちょっと降られただけで、あとは曇りあるいは薄日もさす場面もあっておおむね自転車日和でした。

伊豆はやっぱり坂ばかり。
中伊豆は飲食店もコンビニも少ないので、綿密な計画が必要でしたね。

本日の走行は、82km。

180319a.jpg

180319b.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

お疲れ様でした~♪

10とか、20とかの%。
登坂ばかりの印象です・・・(-_-;)

テレビで見たことがあるような風景は、
興味をそそりますね~(^^♪

でも、Eバイク持っていないしな。

Re: No title


kuroさん、こんにちは。

伊豆は確かにeバイク欲しいところですね(^_^;)
坂ばかりだと、ほとほと来たことを後悔しますよ( ´-`)