FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2018.01
03
Category : ローラー
新年あけまして、おめでとうございます。
本年も、拙ブログをよろしくお願いいたします。

新年あけて3日は走初めに出かけるのが通例ですが、今年の正月は爆風が続いております。

というわけで、Zwift始めました。

まあ、昨年末から始めているんですけど。。。

Zwiftとはなにか??

Zwiftとは、ローラー台とPCを繋いでインターネット上の仮想空間で自分の自転車に乗ったアバターを走らせるゲーム(?)トレーナー(?)。
雰囲気としては、10年まえに流行った任天堂「Wii fit」みたいなもので、自分がローラーで漕いだだけ画面の中のアバターも進んでゆくという仕組みです。
画面の中の自分が進むスピードを計るのが「パワーメーター」です。基本的にはパワーメーターがないと使用できないものなのですが、Zwiftの方でケイデンスなど他のデーターを元に計算して画面の中の、アバターを走らせてくれる機能もあるようです。

また、Zwiftはインターネット上にあるので、世界中のサイクリストがリアルタイムで参加することができます。
いろんな国の人が、同時にローラー台を漕いでいて同じ画面の中で一緒に走ることができるということもZwiftの大きな魅力ではないでしょうか。
同じコースをグループライドしたりレースをしたりもできるんです。

私がZwiftに興味を持った訳。
去年辺りから、3本ローラーに乗る頻度が減っていました。
酷い月は2,3回しか乗らないほどです。
実走する機会も、仕事の関係で半減して自転車に乗ること自体減っていたのです。

そんなあるとき気づいたのです。

なんかぽっちゃりしてきた・・・。

かつて休日のほとんどを自転車に乗って、休み以外も週2,3回ローラーで汗を流していました。
お肉がついてくるのは、当然の帰結です。

そこで心を入れ替え、初心に戻ってローラーをがんばろうと決意します。
9月からなるべくローラーに乗ることにして、習慣化することに成功。
ローラー復帰2ヶ月をすぎた頃から、なんとなく身体が締まってきた実感を得られるほどになりました。

そんななか、ある疑問が浮かびます。

「毎日のように3本ローラーに乗っているけど、トレーニングになっているのか?」

私の場合、3本ローラーに乗るときのギアはインナーローです。
室内で3本ローラーに乗っているので、騒音対策で一番軽いギアでケイデンス100~120くらいを目安に乗っています。
つまりまったく負荷はかかっていません。

冬などは小窓を開けておけば、うっすら汗をかく程度です。
せっかく時間をとってローラーに乗っているのにもったいないのではないか?
この時間でしっかりトレーニングできれば、よりよいのではないのか??

そこで思い出したのが「Zwift」でした。

Zwiftの存在は知っていましたが、固定ローラーか付加付き3本ローラーでないと対応していないという認識でした。
3本ローラーの自分には関係ないものと思っていましたが、なんとなく興味を持ってネットで検索してみます。

一番興味をそそられたのは、コースの坂によって自動的にローラー台の負荷が変わり実際の走行のような感覚を得られるということでした。

「それっておもしろそう」

自動で負荷を得るには、Zwift対応のスマートローラー台というものでなければならないとのとこ。
スマートローラー台とはなんだ??とそこからも検索が始まり、結局は引き返せないところまで行ってしまう事になるのです。



Zwiftに必要な機材を挙げてみます。

が、いろんなパターンがあってとっても複雑なのです。

詳しくは、こちらのサイトなど参考にしていただきたいです。

ここでは、私が用意した機材を挙げてゆきたいと思います。

○自転車

自転車がないと始まらない。
私はこれまでもローラー専用機としていたビアンキ号を使用します。

○ローラー台

Zwiftを始める上で、もっとも悩ましいのはローラー台選びだと思われます。

Zwiftを始める前に固定ローラー台を持っている方はそれを使うという選択が有力なのでしょう。
しかし私のように負荷のない普通の3本ローラーしかない、あるいはローラー台を持っていないという方には、どのローラーを選べばよいか??

これいっとけば間違いないのですが・・・

Tacx Neo Smart T2800
tax.jpg


固定でも3本でもないダイレクトドライブ方式のローラー台です。

ダイレクトドライブ方式は、リアホイールをはずしてローラー台に直接装着することにより、静寂性が格段にアップするということです。
また、Tacx Neo Smart T2800は、最大負荷2500W、ダンシングやスプリントも出来き、Zwiftの負荷連動も違和感なく作動するということです。

でも、これってお高いんでしょ~~??

はい、アマゾンで205000円。wiggleでも170000円。

・・・・

もちのろんで対象から外れます。

ダイレクトドライブ方式のローラー台でもそんなに静かではないものもあるそうで、ますますどれにしたらいいのか迷うことになったり。
もともとダイレクトドライブ方式はお高い設定なので、私的にはパスでした。

私の選択肢の指標として、自動的に負荷がかかるスマートローラー台を選びたいという観点で選択すると、

ELITE QUBO Digital Smart B+
elite.jpg


ということになりました。

自動負荷がかかるローラー台で安価なもの。
zwift界ではポヒュラーなスマートローラー台です。

これを買う前に、Y'sでこれの上級機・ELITE RAMPAを試乗して、店員さんいわく「QUBO Digital Smart B+」の方が静かかもというのも決め手でした。

○PC

zwift推奨のPCスペックは、

OS: Windows 7 x64 bit, OSX 10.7
CPU: Intel Core 2 Duo
メモリー: 4GB
グラフィックス: 1GB 拡張GPU, あるいはCPU内蔵Intel HD 4000/AMD R5
ハード・ドライブ: 4GB以上の空き

我が家のPCスペックは、

OS: Windows 7 x64 bit, OSX 10.7
CPU: Intel Core i5
メモリー: 8GB
グラフィックス: Intel HD Graphics family
ハード・ドライブ: 103GB空き


余裕じゃん。

と思って、zwiftのソフトをDLしました。

・・・が、DL出来ません。

マイクロソフトのサイトに飛ばされて、何かをDLしろという指示です。
指示通りDLしますが「DLできませんでした」というポップアップがでます。

なんですと!!!

zwiftアプリがDLできません。

調べてみたら、古いPCのグラフィックスだとzwiftは動かないということらしいです。

えっ!!もうローラー台買っちゃったんだけどなあ・・・。

実は、我が家にはもう一台PCがあって、こちらの方が新しい。

OS: Windows 10 x64 bit,
CPU: Intel Core i5
メモリー: 4GB
グラフィックス: Intel HD Graphics family
ハード・ドライブ: 393GBの空き

グラフィックスは同じ名前なのですが大丈夫なのでしょうか???

とりあえずzwiftをDLをしてみたら出来たので、たぶんOKなの??

PCのスペックはCPUとかメモリーよりグラフィックボードのスペックが一番重要みたいなので要確認なのですが、PC音痴の私にはどのグラフィックボードがいいのかわるいのか皆目見当もつかなかったです。
とりあえず、Zwiftのアプリがご自分のPCでDLできるか確認してから始めるが吉と思われます。

○ネット環境

PCだけあってもだめですよ。
zwiftはインターネット上にあるので、インターネットが繋がっていないとできません。
我が家はWIFIで繋げています。

○ANT+送信機

自転車からのデーターを送る仕組みがないといけません。
ビアンキ号にはGAMINのANT+センサーが組み込まれ済みですが、スマートトレーナーから信号が送れるのでANT+センサーはなくとも大丈夫なんです。
普通のローラー台を使用する方は、パワーメーターが必要です。

パワーメーターは高価なので、持っている方は少数派だと思います。
パワーメーターがなければzwiftはできないか?と問われればそれは「否」です。

ケイデンス、スピードを検出してzwiftのほうでパワーを計算して反映させてくれるようです。
固定ローラーではある程度正確に計算できるそうですが、3本ローラーの場合、負荷が掛けられないのでzwift上ではめちゃくちゃ遅い人になってしまうらしい。

私は、スマートローラーなのでそのパワーメーターからzwiftにデーターを送っています。
ただし、私が使っている「ELITE QUBO Digital Smart B+」はパワーが幾分多めに出るようです。

○ANT+ドングル

ローラー台・自転車のANT+データーをPCに受信する機器。
ドングルなんて初めて聞きました。
ちなみに近所の家電量販店とPC専門店に在庫があるか問い合わせたところ「ドングル?それうまいのけ?」という対応でした。
かなりニッチな商品みたい。

しかし、このドングルさえあれば、3本ローラーしかなかった私もzwiftを体験できたんですね。gaminのANT+センサーは持っていましたから。

○その他

・固定ローラ台なので、騒音問題は深刻であります。
そこで用意したものは、家に余っていたヨガ用マット。これを敷いています。

・ローラー専用タイヤ

・エリート SU-STA エレベーター バイクブロック
elite2.jpg


とりあえず、これでZwift環境は整いました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント