FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.10
19
10月といえばサイクルシーズンど真ん中であるはずです。
が、今年は二度目の秋雨前線襲来ということで、連日の雨であります。
しかし、北関東でつかの間の晴れ間があり、そこを見逃さず出走することにします。

コースはいろいろと考えたのですが、先日nobsun3さんが走っていた「利根沼田望郷ライン」と赤城山クライムを織り交ぜたものを計画しました。
天気予報によれば、沼田の天気は午前4時には曇りに、午前10時以降は晴れマークがずらりと並んでいます。
午前6時には昭和村にある道の駅「あぐりーむ昭和」に到着すべく、自転車を車に詰め込んでまだ明けきらぬ雨の中関越へと進んで行きます。

空が白々とあけて、昭和村に着こうかという頃になっても雨は降り止みません。
出発する前にチェックした天気予報もしれっと7時まで雨とかになっているし・・・。

雨の中走るのは嫌なことはもちろん、気温も10度ほどと寒いので雨がやむのを待つしかないのです。
時間潰しといってはなんですが、前から行きたかった榛名神社へ参拝してみようかと思い立ちます。

渋川伊香保ICで高速をおりて、伊香保温泉から榛名湖へむかいます。
なかなか厳しい山道で、自転車でこれを登るのは大変ですね。

榛名湖から望む榛名富士には雲がかかって、雨もシトシト降り止みません。
山を少し降った先に榛名神社があります。

榛名神社
171017c.jpg


山門には拝観時間が7時から17時とあります。
171017d.jpg


拝観時間があるなんて珍しいなと思いながら、川沿いの細い道を歩いてゆきます。
171017e.jpg


確かにここは暗いうちには歩けませんね。

滝や
171017f.jpg


岩に囲まれた独特の雰囲気
171017g.jpg


拝殿
171017h.jpg


御姿岩 ご神体です
171017j.jpg



参拝を終えた頃、雨は止んでいました。
これも神のご加護でしょうか。

榛名富士もくっきり
171017k.jpg


途中の展望台からは、雲海のパノラマが広がっていました
171017l.jpg

171017m.jpg


さて、本来の目的地である昭和村の道の駅に向かいます。

道の駅・あぐりーむ昭和
171017p.jpg


厚い雲が空を覆っていますが、雨は大丈夫そうです。
計画では6時にここを出発して、赤城山を登って反対側に降りてからっ風街道から県道62号で戻り利根沼田望郷ラインに入るはずだったのです。
しかし、このコースは獲得標高が4000mほどのキツイものだったので、もし赤城山頂に着いた時に10時を過ぎていなければ行こうと思っていたところ。
出発が9時半になってしまったからには、赤城山を登るのは無理かな?なんていう気持ちで走り出します。

道の駅の前はすでに望郷ラインなので、それに沿って走り出します。
望郷ラインは案内板が充実していて、曲がり角で迷うことはありません。
これなら地図なしでも迷わず安心して走ることができます。
171017r.jpg


景色が良いはずの望郷ラインですが、こんな有様。
171017q.jpg


ただの畑の中の道。
しかもなんだかスピードがでません。
なんでかと斜度をみてみれば7%ほど。
のんびりした景色だったので、見た感じは平坦に思えるほどでしたが、意外と登っています。

県道251号との交差点で一旦望郷ラインとはお別れして、赤城山へむかうことにしました。
景色が見れない望郷ラインを走ってもおもしろくないからです。
赤城山に行くことによって、時間がロスしてしまったら望郷ラインをショートカットすればいいやとか思いながら。

赤城山に向かうだけあってやっぱり登って行きます
171017s.jpg


この道は「上毛三山パノラマライン」という別名があるのですが、景色は拝めませんでした。

エイコラエイコラ登ってゆくと、ピークに登頂。
ここからグワーっと降ります。せっかく登ったのに降るとはなんとももったいない。
というか、ここ帰りに登り返すのかと思うと憂鬱です。
しかし、帰りはこの道ではなく県道62号を通ることを思い出し安堵します。

県道62号に繋がる道まで降ると、そこからが本格的な赤城山クライムの始まり。
ゲートを通過すると15%くらいの坂がお出迎えです。
だいたい7%から10%くらいの坂が続いて、5%になると平坦か?と感じるほど。たまに15%くらいもきますので結構キツいです。

171017t.jpg


いつのまにかカーブ看板があらわれますが、ピークが何番なのかわからないので、あまり意味が無かったです。

登ってゆくうちに日も差してきて、青空もちらりと。

紅葉をしている木もありますが、まだまだ色づきはじめというところでしょうか。(2017.10.17の状況)
171017u.jpg


沼田市との市境がピーク
171017v.jpg


大沼にゆくには降らなきゃいけません。
登り返すことを考えるとイヤになりますが、ここまできたので行ってみます。

大沼と赤城山神社
171017w.jpg

171017x.jpg


11時半だったのでお昼にしちゃいます。

名物だというお切り込みうどんをいただきます。山価格でちょいとお高め900円。
171017y.jpg


お腹もいっぱいになったので午後の部スタート。
さっき降ってきた道をちょっと登り返して、長い降りに入ります。
路面はウエットだし、濡れた落ち葉がたくさん道路に溜まっているし、九十九折れだしで落車の危険率UPUP。
慎重に山を降ります。

県道251号から県道62号に繋がる道もずっと降って、薗原湖が見えてきます。
171017z.jpg


県道62号に入って、薗原湖方面に行く県道267号は登っているのだけど、ちょっと寄ってみようとまたエッチラ。
でもなんか普通のダムだし、適当なところで引き返すことにしました。

171017z5.jpg


再び県道62号に戻って、望郷ラインに復帰します。
171017z6.jpg


望郷ラインからは、のんびり景色を見ながらポタポタ走ろうと。
天気も回復して、遠くに山々もそびえています。

171017z7.jpg


しかし、ここで誤算に気づくのです。

・・・なんか、登り多くない??

平坦があまりありません。
登っているか降っているか。

「望郷ライン」というほのぼのした名前から、景色の良い田舎道をイメージしていたのですが、坂ばっかりです。
しかも、7,8%はざらで10%もしばしば現れます。
うっかりぐらでも連れてきたら、ブッ飛ばされること間違いなかったです。

それでもよい景色を眺めながら、ノコノコ行きます。
171017z8.jpg


長いのぼりの後、展望台からの眺め。
171017z9.jpg


山の名前に疎いのが残念ですが、きっと名山なのかなあ??

道の駅・川場田園プラザにて
171017z10.jpg


ここでソフトクリームでもと思い立ち寄りましたが、この日はお店がお休みでした。
ここでドリンクの補給をしないと、このあと自販機もないのでご注意を。

風景はのどかです
171017z11.jpg


トンネルを抜けた先に水車
171017z12.jpg


この先の長いトンネルを抜けると一気に降って、望郷ラインもそろそろ終点
171017z13.jpg


関越・月夜野インター辺りから国道291号に入り、沼田まで降り基調。

沼田駅
171017z14.jpg


ここから昭和村まで帰るのですが、最後まで楽させてくれません。
沼田駅前の15%の坂を登ったり、林道のような丘をひと登りしたりしながら、デポ地の道の駅に到着。

171017z15.jpg


本日の走行は93km。

利根沼田望郷ライン、健脚でないと走破は厳しいかと。
当初計画の赤城山を向こう側に降りるルートだと酷いことになっていたでしょう。


171017b.jpg

171017a.jpg


また、今回、簡易フェンダーを試してみました。

マジックワン オリジナルフェンダー
171017z16.jpg

171017z4.jpg

フェンダー上部、半円形のところのくぼみにサドルのレールを挟み込めばしっかり装着できます。
今回のようなウエットの道路においては、一定の効果はあると思います。
雨が降ったときはどうなんでしょうね?
白いジャージなどを着ているときの泥はねはいやなものですから、無いよりはあったほうがいいかな、くらいのものかも。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

望郷ラインと赤城山登頂、お疲れ様でした。
自分もつい先日行ったばかりなので、興味深く読ませていただきました。自分は昭和村から入ると北側の山岳路が後半になりかなり辛そうだったので逆回りコースを選択しましたが正解だったようです。
赤城山の麓の畑の中を走る道は千葉には無い雄大な景色を眺めながらノンビリと走れるのですが、今回は前半部分の景色は残念だったようですね。それにしてもあの道に加えて赤城山に登るとは流石ですね。自分では思いもしないコースです。

nobsun3さん、こんにちは。
望郷ラインという、ほのぼのとしたネーミングにやられました。
坂ばっかりのコースは、メンタルもフィジカルもズタボロでした(ToT)
よくもあのコースをミニベロで走りましたね。ずばらしい豪脚です(^-^)

No title

ぐりさんのコースより逆回りのコースのほうが全体的に下り基調で楽な気がします。それにミニベロはスピード出ないので無理はしないし、景色が良いとすぐに停まって写真撮って休憩してと時間かけながらノンビリと走ってますからね。(^_^)
でも、やはり他県の道は千葉県にない雄大な景色とキツイ坂で、疲れますが
気分良いですね。

Re: No title


nobsun3さん、こんにちは。
そうだったんですね。逆周りのが楽だったとは。
長野や群馬の高い山を見ながら走るのはテンション上がりますよね(^^)d