RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.09
03
GIANT TCR ADVANCED PRO TEAMが納車されたのですが、私の次の休みはまだまだ先なのです。
しかしながら、早く乗ってみたいと思うのは当然の帰結。

走り初めからナイトライドは嫌だなと思っていたのですが、背に腹は代えられぬ。
いつもの夕練コースを走ってきました。

比較は、BIANCHI Via Nirone。アルミのエントリーバイクです。
フォークとシートステーがカーボンのハイブリッド。ホイールはシマノRS80。こちらもカーボンとアルミリムのハイブリット。
ニローネとRS80の組み合わせは、柔らかな乗り心地で相性は良いと思われます。

まず、漕ぎ出し

当然ならが軽いです。
ニローネとTCRの重量差は2kgほどあるので、確実に体感できます。

平地巡行

んん!!??よくわからん。
正直、ニローネと乗車感覚は似ています。
以前、TREK EMONDA SLを試乗した時のような、スッと進む感じはないです。
ただもしかしたら、スピードはニローネより若干でているのかもしれません。同時に乗り比べていないので、その辺りはよくわかりませんでした。
「このバイク、速い」とかは思いませんでした。

ただ、バイクの軽さは感じられます。
上ハン持ってまったり流していると、ブラケット握って必死こいて走っている時より軽さを実感できました。

スッと進む感覚というのは、フレームが硬いバイクによくある感じらしいです。
短時間ならこのスッと進む感じが良く思えるのですが、これがロングライドとなると逆に身体の負担が増えるという話もあるので、どちらがいいのかというの判断つけかねます。

ニローネはフレームの中心に芯のような重さを感じながらスーっと進んでゆくような感覚。
TCRは全体が軽い。踏めばフワリと舞うけれど脚をとめると失速するような感じ。

登り

このバイクの最大の特徴は、登りにあると思います。
軽さがダイレクトに効いてきます。

夕練コースには、短く急な登りがあるのですが、ここでいつもダンシングをいれたくなる衝動にかられるのです。
しかし、今回は「どこかでダンシングも試してみたいなあ」とか思いながら結局ピークまでシッテヒングで登ってしまいました。
やはり登りに関しては、軽さは正義です。

ダンシングは、バイクが軽く振れてすこぶるいい感じです。

降り

長い降りをノーブレーキ走ったときのスピードは、RS80のときと同じくらいでした。
特別回転の良いハブというわけでもないよいです。
まあRS80の方が重いので、それだけスピードに乗ってしまえば速いのかもしれませんが。

乗り心地

チューブレスタイヤ&カーボンホイールということで、乗り心地が良いのかと推察していましたが、劇的な変化はありませんでした。
私はいつもタイヤの空気を120PSI(8BAR)入れるのですが、チューブレスタイヤは低圧でもOKということなので、100PSI(6.8BAR)にしたのですがまだ下げてもいいのかな?

しかし、デコボコの橋があっていつもなら「わあああああああっ」って思うことろ、今回は「わわ」くらいだったので、衝撃安定性は確かに向上しているようです。

セミコンパクトクランク

TCRには52-36のクランクがついています。
ニローネは50-34。

52でもあまり違和感はありませんでした。もちろん上のほうしか使いませんが。
時速30kmくらいで走っているときに、ギアがガチャついた音がしたので確認してみたら、インナーで走っていました。
ずっとインナーでもいけるかも。

以上のインプレは、夜間だし初乗りでプラシーボ効いてるしで信憑性は薄いです。
そもそも、エントリーアルミとセカンドグレードカーボンを比べているわけですから、勝負になっていません。
しかしながら、登り以外のその差は思っていたよりも小さいものでした。
まあ、エンジンが同じなので当たり前かと。

おいおい乗り込んで、改めてインプレしたいと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

納車おめでとうございます!
割とTCRって前から乗り味ふつーな感じでした(笑)。そんな中でも昨年モデルチェンジして変わったのは、漕ぎ出しの軽さだと思います。私はフレーム組みなのでBBも違いますが、漕ぎ出しからトップスピードまで上がるのが早い、巡航してても良く言うギア1枚分重いギアを踏める感覚があります。もちろん、ホイールやらギアやら体力やら脚力の違いは承知の上ですが、今まで乗ったどのフレームより普通でしかも漕ぎが軽いというのがこのフレームの特徴ではないでしょうか?これからどんどん乗り込んで楽しんでください♪(^^)

No title

・やはり登りに関しては、軽さは正義です。
・ダンシングは、バイクが軽く振れてすこぶるいい感じです。

このインプレ、グッと心に刺さります(-_-;)

良いですね~(^^♪

ロングライドでのインプレもお願いいたしますね~(^^♪

No title

こんばんは〜
納車おめでとうございます。
嬉しいですよね〜 ワクワク感が伝わってきますね。
私も今の自転車はまもなく丸6年。そろそろ新しいものが欲しくなったりしますが、お気に入りですし先立つものが無いのでもうしばらくは今のままでしょう。毎年色んなところが進化して良くなっていると思うので、インプレに期待しています。

No title

にしやんさん、こんばんは。
普通だけどギア1枚違うって、やっぱりすごいことなんでしょうね。際立った特徴があるということは、それに伴うデメリットがあるということになると思うので、普通という特徴は正しいという証明なのかもしれませんね。

kuroさん、こんばんは。
軽さは正義。たぶん真実です。

Tomyさん、こんばんは。
6年ですか。まだまだ乗れる?そろそろ次??微妙な頃ですね。
たぶんカーボンからカーボンだとあまり差は無いような気がします。あるいはクロモリとか別の方向に行くか??
自転車の世界は広くて深いです^^

いいなあ。新しい自転車。納車おめでとうございます。

Re: タイトルなし


kaol_suppleさん、こんにちは。
雨ばかりでまったく乗れていませんが(´・(ェ)・`)