RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.08
12
久しぶりにロングライドしてきました。
どのくらい久しぶりかというと、4月に伊豆イチ未遂をして以来です。

今回の目的地は、以前から気になっていた峠ふたつをからめたコースです。

奥武蔵グリーンラインを走ったときに寄った名栗湖。その時は湖を立ち寄っただけで帰ってきてしまったのですが、後日そこから秩父に抜ける道があることを知ります。
我が家から秩父へのアクセスはよろしくないので、この有馬峠を抜けて秩父へ行ってみたいなと思っていました。

また、秩父からは志賀坂峠に行ける林道があってその場所も過去に志賀坂峠を走った時に、この林道はどこに繋がっているのかな?と疑問だった林道だったのです。
今回はその二つをまとめて走ってみようかという計画です。

しかし距離は260kmほどとロングライドとしては控えめですが、獲得標高が3000m弱ということなのでかなり厳しい道のりになりそう。
本当に走りきれるか?とビビリながらも決行しました。

私のロングライドのスタイルは、仕事を終えただちに就寝。2,3時間眠ったあと午前12時頃に出発するというものです。
しかし今回はあえて、眠らずにスタートして途中仮眠をとる形を試してみることにしました。

仕事を終えてすぐに眠りにつけるものでもないし、スタートを早めることで目的地に着く時間的余裕がでるのではないかと考えたからです。
ただし仮眠なしで走るのは、ロングライドの先人たちのお言葉からも、自身の経験からも危険であることは承知しております。
ファミレスなどしっかり休める場所で、きちんと時間をとることにします。

そんなわけで、出発は午後8時。
いつもなら静まり返った街のなかを走り出すのですが、この時刻ならまだ街は賑わっております。
場所によっては車も渋滞していたりして、勝手が違います。
そして、街を徘徊している人種も違っていて渋滞する車をすり抜ける時などに軽くチョッカイだされたりしたりして、走りづらかったりもします。
真夜中の街の方が安全だとは気づきませんでした。

22時 東京都にIN
160808b.jpg


信号にやたら引っかかります。
時間ばかり経って、距離が伸ばせません。

街をほのかに照らすロウソクのよう
160808c.jpg


早稲田通りに入ると、少しはまともに走れるようになってきます。
以前青梅へ向かった時には早稲田通りから青梅街道に入ったので、今回は新目白通りを経由して走ってみました。
こっちの方がアップダウンがある感じですね。青梅方面へ行くのは早稲田通りで行った方が良さそう。

次第に深い時刻になってきますが、あまり眠気を感じません。
目的地である名栗湖に入るための成木街道の基点である東青梅のファミレスで仮眠をとろうと考えていました。
しかし、通り過ぎるファミレスの閉店時間が早いのです。
12時閉店や遅くても2時閉店ばかり。ファミレスって24時間営業じゃないの?

もしやと思い、予定していたファミレスの閉店時間を調べてみたらなんと12時閉店。
すでに閉まっているじゃありませんか・・・。

急遽、その周辺のファミレスで24時間営業の店を探して仮眠場所は確保しました。
リサーチ不足でしたね。

1時にはファミレスに入りたいなと思っていたのですが、結局1時45分くらいに入店。

ジョナサン青梅 にて、たらこスパをカーボローディング
160808d.jpg


2時前ですが、お客さんはまばらながらもいて、おしゃべりに興じています。
まあそういうのが目的のお店なのだから当然ですが。

サクッとパスタを平らげて、仮眠。
・・・しようにもしゃべり声や照明の明るさで眠れません。
机に突っ伏して目を閉じてみます。

それでもウトウトできて、気づくとお店には誰もお客さんはいなくなっていました。
このとき3時。

こりゃいいや、4時くらいまで寝ちゃおうと思った矢先、居酒屋から流れてきたであろう若者たちがドヤドヤやってきました。
ああ、こりゃだめだなと退散することに。

3時半に店をでました。
それでも滞在時間90分の半分くらいはウトウトできた模様。
頭もスッキリしています。

東青梅駅を通過して、成木街道へ。
成木街道の入口がラストコンビニなります。

ファミリーマート 青梅成木街道店 3時40分

ブレンドコーヒー オレンジジュース1L ブラックサンダー バターロール6個いり

コーヒーを飲みながらパンを一つ補給。ボトルにオレンジジュースを詰めて出発。

まだ暗いので、ライトに照らされた山道をゆるく登って行きます。
山道といっても県道なので、しっかりとした普通の道路です。

この道は以前も走ったことがあるので、景色が見えなくてもいいや。
そのうちに空が白みはじめました。

160808e.jpg


そして名栗湖へ
160808f.jpg

短くて急な坂を登って名栗湖
160808g.jpg

160808h.jpg


さて、ここからが本番の有馬峠クライムです。

名栗湖の周りをぐるっと回るように走って
160808i.jpg


林道の入り口へ
160808j.jpg

160808k.jpg


特に景色が良いわけでもなく、普通の林道の雰囲気です。
が、普通でないのは斜度です。

坂を登っていると、なんだかスピードがでないのでおかしいなと思ったら10%でした。
この林道は10%が普通です。平坦きたと思ったら5%、坂が急になったと思った時は15%という感じです。
いろんな坂に登りましたが、かなりきつい峠です。

路面はたまに小さな尖った石が落ちていますので気をつけないとパンクしそうですが、荒れ放題というわけではありません。
突然広くて舗装の良い場所があったかと思えば、狭くてガタガタのところもあるという感じです。

しかしきついんです。
名栗湖ではボトルがほぼ満タンに入っていたのでそのまま走ってきてしまいましたが、ドリンクの減るスピードが早いんです。
おもわず途中で自転車を降りて座り込みます。
息を整えてしばし休憩しますと、喉の渇きもおさえられてきました。
走っているとあちこちで小さな滝やら小川やら目に付きますが、それは飲めないのでやはりダブルボトルを推奨します。

走り出して、空が近くなってきました。
そろそろピークか?という頃に本当の平坦がきます。
そして降ったりもします。この辺りからは尾根伝いに走る感じです。

いよいよピークに近づいていると油断してはいけません。
ここから3kmほどアップダウン。これが長いんです。

有馬峠
160808l.jpg


やっと着いたという感じ。
標高1142m。ヘビー級。もう登りたくない。

名栗湖が小さくみえます
160808m.jpg


ゆっくり休もうと思っていたら、ブヨ(?)がブンブンうるさいのでさっさと降ります。

山が深い
160808n.jpg


こちら側も道が荒れてる箇所があるので注意です。
いちばん酷いところはこんな感じでした。

160808o.jpg


秩父側に入ると恐ろしい看板
160808p.jpg


「有馬峠で熊をみた」というような噂もきいていたので、ちょっとビビッていたんです。
会わなくて良かった。

なんだかおもしろい人形がたくさんありましたよ
160808q.jpg


今日も暑くなりそうだけど、気持ちよい
160808r.jpg


寄国土トンネル
160808s.jpg

160808t.jpg


獅子舞をモチーフにしているそうな。

浦山ダム
160808u.jpg


ダムの周りはアップダウン。

国道140号に入ります。
やっぱり下界は暑いです。

次に向かうは八丁峠ですが、この辺りがラストコンビニなので補給しておきます。

ローソン 秩父荒川上田野店 7時39分

とろろそば アイスキャンディ グリーンダカラ

イートインスペースがあったので、そばを食べてちょっと休憩。

しかし秩父は山が深いです
160808v.jpg


走っていると視界に山の頂上が見えません。
見上げないと頂上が見えないのです。
これって山が近いんでしょうね。長野なんかの方が高い山があるのでしょうが、遠くにあるので視界の中に山がまるまる納まります。
秩父は緑の壁があるだけです。

写真も縦にしないと収まらない
160808w.jpg


三峰神社 一の鳥居
160808x.jpg


神社まで近いなら参拝しようかなと思いつつ、でも三峰神社って山の上だったような気が・・・。
ここから徒歩3時間だそうです。もちろん参拝はまたの機会にさせていただきました。

160808y.jpg


森林浴気分で走ります しかし暑い
160808z.jpg


道の駅 大滝温泉
160808z2.jpg


赤コーラと朝買ったロールパンを補給。

これまでもジワジワ登りでしたが、さらに登りがきつくなってきます。

ループ橋
160808z3.jpg

160808z4.jpg

160808z5.jpg


トンネルがいくつか出てきて、中津川。

160808z6.jpg


この写真を撮って、次のトンネルにはいりますがこれが長いんです。
2kmもあるんです。しかも登ってます。
自転車に乗っている方ならだれもが嫌であろうパターンですよね。

長いトンネルなので、GPS電波が遮断されてeTrexの画面も落ちます。
トンネルの路肩は広くはないですが、交通量もまばらなのでそれほど危険は感じません。

やっとトンネルを抜けて、eTrexの画面が復帰。
するとルートをはずれているではありませんか!!!

さっき写真を撮った道へ行かなければならなかったようです。
あの2kmのトンネル登りはなんだったのでしょうか・・・。
時間と体力を無駄使いしてしまいました。
Uターンします。今度はくだりなのでさーっと元の場所へ戻れました。

さて、気を取り直して八丁峠へ
160808z7.jpg


中津川を眺めながら
160808z8.jpg


朝、有馬峠を登った身ですから、坂としてはまったく緩いです。

ルートラボによれば、

有馬峠は11kmを770m登る。平均斜度7%
八丁峠は16kmを648m登る。平均斜度4.3%

しかも有馬峠は3kmほど尾根伝いの平坦区間ありですから、数字よりも坂区間の斜度はきついはずだし。

八丁峠はらくちんか?

路面悪すぎ。。。。

有馬峠なんてもんじゃなく、酷い場所が多いです。
それは、ニッチソという会社が石灰を掘っていて稼動しているので、ダンプが走ったりするからかもしれません。
実際、狭い林道で2台のダンプとすれ違いました。

それでもこの林道は魅力的です。

やはり緑深いこと
160808z9.jpg


たくさんの小さな滝が流れていたり
160808z10.jpg


秘境感も満載
160808z11.jpg


オーバーハング
160808z12.jpg


林道入口
160808z13.jpg


いくつものトンネルを通過することになるのですが、照明なんてありません。
なかでもこのトンネル。

160808z14.jpg


ものすごく長いけど中は真っ暗闇です
160808z15.jpg


明るいライトがないと通過できないでしょう。

そして、八丁峠といえば廃墟マニアの人らには有名スポットなんです。

160808z16.jpg


ニッチソが昔使っていた建物跡とのこと。

この廃墟を過ぎると普通の林道です。

途中に水場があったので、冷たい水で顔を洗ってリフレッシュ。

ピークの八丁隋道までは長かった。
やっと現れた隋道。

八丁峠 標高1240m

160808z17.jpg


八丁隋道も長く照明はないのでライト必須です。

八丁峠は、走っていて楽しい峠でした。
深い緑、秘境感、廃墟、さまざまな顔があるテーマパークのような峠です。
斜度も常識的なレベルだし。ただ路面の荒れとダンプにはご注意。

八丁隋道の向こう側
160808z18.jpg

さーっと降ると志賀坂峠にでます。
160808z19.jpg


ここで本日の登りは終了。
時間と体力と気力があれば矢久峠までちょいと登ると絶景が広がっている場所があるということで、行ってみようとも考えていたのですが当然そんなものは残っていません。

志賀坂トンネルの向こうは群馬県
160808z20.jpg


一気に下って、国道462号十国峠街道へ。

神流川には釣り人がたくさんいました
160808z21.jpg


時刻は12時半。
どこかでお昼を食べないと。
と思いつつ、お店がまったくないんです。もちろんコンビニも。

そして暑い。ものすごく暑いんです。
とにかく児玉方面へペダルを回します。

後で考えればこの時点で補給不足でした。ハンガーノックになりかけていたのかもしれません。

補給をしなくてはと思いながらも、店はなし。
かといってロールパンは食べたくないし、食欲もそれほどなし。
ただただ水分ばかりをとっていたので、たぶん胃液が薄まって体調も良くはない。

道の駅 万葉の里に到着。

ここでお昼を食べるのが面倒になっていました。
この判断もハンガーノックで思考能力が低下していたのでしょう。
あと30kmほどで輪行予定の駅に着くという気持ちもあったのですが、1時間半はかかる距離なのですが。

結局ここでは、ドリンクだけ補充してまた走り出します。
しかしすぐに力が入らない感じで、やっぱりあそこでなにか食べるべきだったと後悔します。
しかし、店が無い。

アイス食べたいなあ・・・とか思いながらこの辺りから登りが多くなってきたりしてますます疲れてきます。
この駅まで向かうというためだけに走る距離が無駄だなあ・・・しかし、それこそがロングライドなんだよねえ。

たしかもうひとつ道の駅があったから、そこで絶対なにか食べようと心に決めて走って行きます。
そして道の駅 上州お越しの向いにあったそばやさんへ。

ざるうどん 1時半
160808z22.jpg


ものすごくおいしい。
大量に汗をかいていたためか、つゆのしょっぱさを身体が欲しがって飲み干してしまいました。

これで一息ついて、あとは駅まで走るだけ。

本庄早稲田駅近くのコンビニで汗まみれのジャージを着替えて、駅へ。

160808z24.jpg


おつかれちゃん
160808z23.jpg


4時23分発 新幹線あさまにて帰ってきました。

いつも最後部座席を指定するのですが、この日は指定席は売り切れ。仕方ないので自由席を買いましたが満員で座れずでした。
夏休みだからでしょうか。

今回、仮眠をあまりとらずに走ってきましたが、走行中は眠くなったりしませんでした。
ただ東京駅から自宅までのあいだ(座れた)爆睡してしまったので、やはりもう少し仮眠をとらなければと思うところです。

自宅で仮眠と取らずに出るメリットは、途中で大休憩が出来ることでしょうか。
仮眠をとってから夜中に出る場合、昼食以外大休憩しないで走ってしまいます。
100kmくらい走って大休憩できると、身体の負担も軽くなるような気がします。

本日の走行は、263km。

160808a.jpg


edge500からルートラボにおこすとアフリカ経由になってしまうので、eTrex30xからおこすとふたつに分割されてしまいます。アフリカいかないからいいけど。








ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

臨場感溢れる二つの峠を越えるロングライドレポ、とても楽しく読ませていただきました。お疲れ様でした。
260kmがロングライドとしては控え目な距離、というのに次元の違いを痛感しました。
秩父の辺りは紅葉の時期に行くととても良さそうな所ですね。でも自転車じゃあとても行けそうもない所ですね。(^_^;)

Re: No title


nobsun3さん、こんにちは。
秩父は千葉とも信州とも雰囲気が違って楽しいですよ(^-^)
まあ、輪行にせよアクセスはいまいちなのが、珠に傷ですね(^-^;

No title

お疲れ様でした〜
秩父方面まで足をのばされたんですね。
一部のコース(といっても逆方向だけど)は5月のブルベで走りましたが、秩父の山は房総と違って奥が深いですね。どこまでも山が続くって感じだし。でも天気がよくて景色も楽しまれたようですね。私のときは曇っていて名栗湖までとても見えませんでした・・・
紅葉シーズンもきっといいコースなんでしょうね。

Re: No title

> お疲れ様でした〜
> 秩父方面まで足をのばされたんですね。
> 一部のコース(といっても逆方向だけど)は5月のブルベで走りましたが、秩父の山は房総と違って奥が深いです

Tomyさん、こんにちは。
秩父は本当に緑が深いです(^-^)
房総も自転車天国ですが、秩父も別の意味で自転車天国かも。
ブルペで有馬峠越えはきついでしょう。

アフリカ?ライドお疲れ様でした。
真夏でもロング行っちゃうんですね。尊敬します^^;
読んでいて東京を上手く越える方法があればな〜と思います。行きも輪行だと面倒ですかね?
え?距離が走り足りなくなる?^^;;

Re: タイトルなし


ひろさん、こんにちは。
行きも帰りも輪行。しごく普通です(^-^)みんなそうしています。
ただ、私のように平日休みだと通勤ラッシュに合うので輪行したくないという理由もあります(^-^;
まあ、距離走りたいというもの確実にありますよ(^^)d

お疲れ様でした!
もう異次元過ぎちゃって同じ人間と思っちゃダメだということを再認識しました(笑)
3000m-upってだけでハァ??ってなるのに、その内の本格的な登りの2000mは140~200kmに凝縮されているというマゾっぷり(^^;

No title

ヨタリさん、こんにちは。
3000UPはやりすぎでした^^;
ワンライド、ワン峠。それが楽しいライドの基本ですね^^
坂バカさんは有馬峠お勧めします。
普通の人は八丁峠に行きましょう~。

お疲れ様でした~♪

淡々とした言葉で綴っていますが…

内容が…(-_-;)

秩父は小学生の頃、夏休みの定番でした。
浦山とか、行ったっけな~。

でも、自転車で走るのは…?

Kuroさん、こんにちは。
秩父はなかなかいいですよ。ちょっと行きずらい(輪行でも)のがネックです。