RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.05
18
5月。
一年のうちでもっともサイクリングに適した季節です。

5月にロングライドに行きたいと、4月のうちから地図を眺めながらつらつらと考えていました。

プランA

まず思い浮かんだのは、「千葉→直江津」。
私が初めてロングライドをしたのが「千葉→直江津」です。

その時は、難易度が一番低いといわれている国道17号、国道18号を使う碓氷峠越えのルートです。
「千葉→直江津」には他に渋峠越えルートや三国峠越えルートもあるのです。

渋峠は以前走ったことがあったので、今回は三国峠を越えて直江津まで行ってみようかという計画。
しかしルートラボでコースを引いてみると、三国峠の登りを過ぎた後にまだ2つくらい大きな峠が待ち受けています。
これは湯沢辺りで一泊した方が無難かなあなんて。

考えてみれば特に直江津まで行かなくたっていいんだよね。
ならば湯沢で一泊して、国道117号、国道403号で志賀高原から渋峠を登って長野原草津口から輪行などどうか?と考えました。
でも、これは距離が長いし山も高いので無謀でしょう。

プランB

志賀高原から渋峠に登ったことがなかったので、そのアプローチは面白そうだと思いプランBです。

東京から直江津に向かうルートを検索していたら、高崎から二度上峠で北軽井沢に抜け、国道406号に入り菅平から長野に降りて直江津に入るというものを発見しました。
よく自転車ブログで「二度上峠」とか「鳥居峠」というワードは目にしていたので、ここを走ってみたいという気持ちも湧いてきます。
長野に一泊して、翌日国道292号で志賀高原側から渋峠に登るというのもいいなとか。

プランC

他に違う場所でよいところはないかと、地図を俯瞰します。

気になっていたヒルクラポイント「有馬峠」。
ここは青梅にある名栗湖から秩父に抜ける林道です。秩父にぬけたら「八丁峠」で「志賀坂峠」まで登り長野方面へ。
楢原から県道124号に入って、「ぶどう峠」。小海辺りで一泊か。

二日目は「草麦峠」を登って茅野から輪行とか。
しかし、小海に適当な宿が無く、佐久平までゆかないとビジネスホテルがなかったので、この計画はだめかなあ。

プランD

東北はどうだろう?
去年秋に行った会津若松。

前回とは違うルートで、袋田の滝を通って会津若松へ。


二日目は、只野川沿いを走って浦佐から輪行。


これなかなかいいな。


ということで、プランDに決定したのは4月の中旬です。

ルートを作成して、宿を確保。

「ロングライドは計画が重要」ということがうすうすわかってきたので、はじめてタイムスケジュールを作って補給ポイントを確認したりします。

day1.jpg

day2.jpg




今回は完璧な計画だなあ、と自画自賛していました。


プランE

ところが、出発10日まえに偶然みつけた自転車ブログの記事に釘付けになってしまいました。

それは「峰方峠」。

公の機関で「峰方峠」「白沢峠」(同じ峠です)の画像が探せなかったので、興味のある方は検索してみてください。
白馬連峰の山並みが目前にみえる絶景ポイントなのです。
しかも今の季節が、雪渓がみえて景色がいいということなんです。

急遽、計画を練り直します。

メインは「峰方峠」ですが、一日でそこまでたどり着くのは困難。
輪行で白馬までゆくと、わが町を始発で出ても白馬着はお昼前。なんだか時間がもったいないので、初日は長野で宿泊して二日目に峰方峠を目指すことにします。

で、どうやって長野まで行きましょうか?

思いついたのはプランBです。
高崎まで行って、二度上峠から鳥居峠、菅平を経て長野に。
これを我が家から自走しますと300kmくらい。

高崎から長野までこのルートだと走行距離110kmほどで獲得標高2200m。
我が家から高崎までは176km。高崎まではほぼ平坦ですが、176km走ってからのこの標高を登るは自滅へ向かう地獄の行軍でしょう。

ここは脚を残しておくべきと考えて、一日目は高崎まで輪行としておきました。



本番は翌日であるし、本番だって120km走って獲得標高は2500m越えてます。



ここから、ルートを引いてeTrex30xに入れたりします。
会津若松のホテルをキャンセルして、長野のホテルに予約を入れます。

・・・が、しかし。

天候が思わしくないんです。

ここ1ヶ月くらい、私の休みである月曜日になると雨が降るというサイクルになっていました。
こういうことはこの季節珍しくはないことで、周期的に天候がくづれることはしばしばあります。
それが月曜になっただけなのですが、月曜が休みの私には致命的なのです。

毎日天気予報とにらめっこしていたのですが、どうもライド当日の月曜火曜日は天気がくづれるようです。
しかも火曜日は雨予報。月曜日はなんとか曇りで雨は降らないようです。

せっかく出かけるのなら晴れた日のほうが良いということは当然ですが、今回は天気が悪いと絶景がみれません。
あの景色が見えないならいく意味もないのです。

ライド決行日3日前の天気予報も悪いままだったので、ホテルはキャンセルしました。


計画は振り出しに戻りました。

なんとか月曜日は雨は降らないようだったので、お泊りはなしでロングライドに行こうと計画を変更します。
そこで候補に挙がったのは、プランCの短縮バージョンプランFです。

プランF

有馬峠から八丁峠、志賀坂峠までは同じで、十国峠を児玉へ戻ってくるコースを考えました。
我が家から自走すると400kmほどになりますが、雨には降られないはずです。
火曜日は雨ならどうせ自転車に乗れないので、月曜日にがっつり乗って火曜日は休脚日とすればいいかとか。
またまたルートを引いて、eTrex30xに入れたり準備をします。


なんですが・・・。

前日の天気予報が変わります。

月曜日は晴れ。月曜夜から雨になり火曜日午前早いうちに雨は上がるという予報に変わったのです。
ならばということで、プランEにまたまた変更。

前回とは違う、長野のホテルを予約して、朝一番で新幹線のチケットを買いに行ったりしてバタバタです。
いきなり日帰りサイクリングから、お泊りサイクリングになったので、何をもって行っていいのやら悩んだりします。
急遽決めたことなので、あらかじめ宿に着替えなどを送る時間的余裕も無いですので、サドルバックに詰める分しか持ってゆけません。
必要最低限のものを詰めて、ジャージなどは宿で洗濯して二日目も乾かして着るつもりです。

というわけで、自分でもなにがなんやらわからないうちに、ライド当日を向かえました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

ボッチで走るのは寂しいけどこの急遽変更が出来るのが魅力ですね^^
皆で走るとなるとこうはいかない
自転車は天気に左右されるので基本は一人で勝手気ままが一番ですねw

Re: こんにちは


KIKUさん、こんにちは。

その通りですね。
グループライドだと、雨でも決行か中止の二択ですね。
ボッチだと、集合時間もないしコース変更も自由。途中で止めて輪行とかもあり。
しかし、グループライドにはグループライドの楽しさもあるので、バランスよく楽しみたいです(^ ^)

行き先やルートを考えるのは楽しくもあり、計画がしっくりこないと悩みでもあり、ですよね。どうせここまでいくならあそこも行けるか?とか、輪行するならいっそアッチに行ってみるか?とか。私もGW前に同じような堂々巡りをしてまして、ぐりさんもそうなのかと共感して笑って読ませて頂きました(笑)

ライドレポ楽しみにしてますね。

Re: タイトルなし



ヨタリさん、こんにちは。
ついつい欲張って、あっちもこっちもと盛りだくさんな計画をたててしまうのですが、いざ走ってみるとヘロヘロになつたりして^_^;
特にロングの場合は、綿密な計画が必定と最近気づきましたf^_^;

二転三転した計画。迫り来る雨。結果はどうなったのか⁈実走編楽しみにしております。
雨予報が晴れに変わった時は、やっぱり天気崩れやすいよね〜^^;

Re: タイトルなし



ひろさん、こんにちは。
自転車乗りが天気に翻弄されるのは常ですが、前日に変更とかは嫌ですね^_^;
実走も予定通りにいかないのもまた然り。

会津から只見川沿いって言ってたのに何故白馬?と思ってましたが、こんな紆余曲折があったのですね(^^;)
本編楽しみにしてます♪

Re: タイトルなし



にしやんさん、こんにちは。
計画が二転三転して、右往左往。
只見川はいつかリベンジしようと思います。