RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.10
15
自転車の乗りはじめた頃から行ってみたいと思っていた場所があります。

それは霞ヶ浦です。
霞ヶ浦には何度か行ったことはあるのですが、そこに浮かぶ帆曳船が見たいのです。

帆曳船とは、霞ヶ浦でわかさぎなどをとる帆曳網漁に使う船のことです。
大きな帆を広げて、風の力で網を曳く姿が美しいそうです。
今は漁に使われることはなく、観光船として活躍しています。

茨城県のHPより拝借
151012w.jpg


観光船である帆曳船は期間限定の土日祝日しか運行していません。
つまり、平日休みの私たちとは縁遠かったわけなのです。

しかし、そのチャンスがまわってきました。
12日の体育の日、私たちの休みと重なったのです。
千載一遇の機会を得て、車に自転車を積んで出発。

栃木県美浦村の光と風の丘公園をデポ地とさせていただきます。

151012a.jpg


Giant OCR2 デビューです。

国道125号で土浦方面へ進行。
のんびり行きますよ。

しばらく走ると霞ヶ浦が見えてきます。
適当に曲がって、霞ヶ浦CRに入ります。

霞ヶ浦のまわりは、蓮田がおおいです
151012b.jpg


なぜだかぐらが蓮の収穫に興味津々
151012c.jpg


霞ヶ浦CR
151012d.jpg


気持ちよい道ですが、やたら羽虫が多いです。
立ち止まると首や顔にバンバン止まってきます。
すれ違うサイクリストが、顔をバンダナのようなもので覆っているのは虫対策でしょうか?

白鳥もいます
151012e.jpg


予科練平和記念館
151012f.jpg


人間魚雷「回天」の模型
151012g.jpg


ここでCRから国道に移って、霞ヶ浦総合公園へ。
霞ヶ浦CRは、他のCR同様一本道ではありません。

風車
151012h.jpg


土浦の街へ。
ここでお昼を食べるのですが、まだちょっと時間が早いので・・・

ケーキ屋さん
151012i.jpg


とか

パン屋さん
151012j.jpg


とか

ケーキ屋さん
151012k.jpg

151012l.jpg


とかまわって、ランチタイム。

洋食 大かわ
151012m.jpg


開店時間11時半の少し前に入ったのですが、すでに2席しか空いていませんでした。

私は、ハンバーグとオムライス(小)
151012n.jpg

151012o.jpg


ぐらは、クリームコロッケとカレー(小)
151012p.jpg

151012q.jpg


さっき行ったパン屋さんで「ここはカレーが名物」と聞いていたからです。

ハンバーグとオムライス、コロッケは「THE・町の洋食屋さん」といった感じ。
カレーは口に入れた瞬間は甘さを感じて、後味は辛味が効いてくるという面白い味でした。

お昼もたべて、本日のメインイベント「帆曳船」です。

なんでも、帆曳船は沖宿という港から出るとのこと。
そちらへハンドルを切ります。

151012r.jpg


船はどこか?ときょろきょろしながら走っていると、それらしき二艘が沖に向かって走っていくのを見えました。
帆畳んだ状態で、エンジンをうならせて進んでゆきます。

私たちは自転車を降りて、土手に座って帆が開くのを待ちます。

写真では確認できませんが、ここに船が浮かんでいるのです
151012s.jpg


暑いんです。
日差しがサンサンと降り注いでいます。

・・・15分経過。

変化なし。船はちょこっと移動したりするだけです。

・・・20分経過。

帆のような白いものが出てきました。
しかし、まだ広げません。

・・・35分経過。

観光船が帆曳船に近づいてきました。
やっぱり観光船を待っているのでしょうね。観光の目玉なんですから。

・・・45分経過。

観光船は帆曳船に近づいたり離れたりしますが、帆曳船は変化なし。

・・・60分経過。

観光船、帰る。
これはもしかして、これで終了か??

近くにカメラをセットしている人がいたので聞いてみたら、
「今日は風がないから、終わりかも」ということです。

まあ、風が無ければ帆が開きませんからね。

というわけで、わたしたちも諦めてUターン。

帆曳船あった!!
151012t.jpg


来た道を戻って、途中、予科練平和記念館で休憩。

ゼロ戦の模型
151012u.jpg


ここからは、国道125号でデポ地まで戻りました。

本日の走行は、56km。

天気が良くサイクリング日和でしたが、肝心の帆曳船がみれなくて残念。
また機会があれば行ってみようかなあ。



151012v.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

> 栃木県のHPより拝借

栃木にも帆曳船があるのでしょうか?

No title

こんにちは。
私もぜひとも霞ヶ浦の帆曳船を見て、ブログにも載せようなんどかチャレンジしましたが、一度もお目にかかっていません。ちなみに帆を張っていないところも見たことないんですけどね・・・ 一度は帆を張る姿を見てみたいですよね。ただ・・・帆を張っているってことは行きか帰りは向かい風なんでしょうけど。

Re: No title


茨城県でした^_^;
ご指摘ありがとうございます。

> > 栃木県のHPより拝借
>
> 栃木にも帆曳船があるのでしょうか?

Re: No title

Tomyさん、こんにちは。

帆曵船はやはりなかなかお目にかかれないものなのですね。
帆を張っていない船は、見つけることは難しいと思います。私たちは、港からでるところを発見出来たので、目で追って場所を確認できました。
沖に出た状態では豆粒みたいですから、普通は気づきませんね。
風がないのは自転車乗るにはありがたかったですが、この日ばかりは風が欲しかったです。


> こんにちは。
> 私もぜひとも霞ヶ浦の帆曳船を見て、ブログにも載せようなんどかチャレンジしましたが、一度もお目にかかっていません。ちなみに帆を張っていないところも見たことないんですけどね・・・ 一度は帆を張る姿を見てみたいですよね。ただ・・・帆を張っているってことは行きか帰りは向かい風なんでしょうけど。