RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.09
06
輪行が苦手です。

どうしても自転車にキズがついてしまいます。
どうしてか?と自分なりに考えてみれば、

①フレームと車輪をしっかり固定できない
②京葉線の乗り換えでやたら歩く

①については、私の不器用さ。②は東京駅で乗り換え時に、東京駅の端から端まで歩く乗換え区間の距離の長さゆえ、移動中に自転車を固定してるバンドがゆるんでしまう。

つまりは、私の不徳にいたすところであります。
しかしながら、世のローディーをみてみれば私の不器用を一方的に笑いものにせざる者ばかりでもないかと。

フレームにホイールを縛り付けるということ自体、正義なのか??はなはだ疑問なわけです。
私の周りの自転車乗りの輪行事情を観察するに、きっちり「フレームにホイールを縛り付ける」タイプの輪行袋を採用していない御仁も多いのです。

ホイール収納ポケットが備えられた輪行袋を使っていらっしゃる方も多いし、フレームとホイールを固定しないで輪行袋の外からベルトで固定するタイプの輪行袋を採用されている方もいます。

私の使っている輪行袋は、定番のオーストリッチL100です。
これは同じオーストリッチでもロード220やロード320のようにホイールを納めるポケットがありません。
三点でフレームにホイールを縛り付けるのです。
ゆえにガッチリ、フレームとホイールを縛り上げないと移動中に緩んでフレームに傷がつくというわけです。

私は、フレームにホイールをがっちり縛り付けるスキルを諦めて、フレームとホイールを分割して運ぶという方法を選択することにしました。

タイオガ ホイールバック デユアル
150906a.jpg


ホイールが2本入るホイールバックです。

中に仕切りがはいっています
150906b.jpg


旧型は仕切りのための前掛けみたいなものが入っていて収納が面倒だったみたいです。
新型は袋の底までは達しいない仕切りの布が一枚。

クイックが当たる部分は補強がしてあります
150906c.jpg


ホイールを重ねて入れると、ちょっとずれて入る仕組みになっています
150906e.jpg


ホイールを収納した状態
150906d.jpg


なかなか使い勝手が良さそうです。
ネガティブは、荷物が増えることでしょう。
片肩にフレーム入り輪行袋、片肩にホイールバック。その他に荷物もあるのでリュックは必須か??

しかし、これで自転車に傷がつくことはほぼないでしょう。

これは輪行革命となるか!!??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

輪行のコツはフレームの傷を無視できる精神力です

KIKUさん、こんにちは。
既にキズだらけなのであまり気にはしていないのですが、収納する時間手間、時間短縮も考慮しました。

No title

発想の転換ですね。

これだと、荷物が増えるのと、
移動するときに両肩に荷物ってことになる?

ん~、でもやってみる価値はありそうですね(^^♪

kuroさん、こんばんは。
荷物が増えることと、輪行の手順が増えることを計りにかけて、私的にはこちらをえらびました。
とはいうものの、実際にこのスタイルで輪行してみないと結果はわかりませんね。