RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.07
21
海の日。
月曜日の祭日なので、私の休日と自転車仲間のお休みが重なり合う貴重な時間であります。

そこで「西伊豆スカイライン&天城越えライド」を企画してみました。
西伊豆スカイラインは一度走ったことがあります。
その時も良い天気に恵まれて、絶景ロードを堪能しました。その後、何度か西伊豆スカイラインに行こうと計画していたのですが、天候が悪かったりしてなかなか機会を得ることができませんでした。
天城越えも、途中道の駅・天城越えまで登ったものの、雨に降られて泣く泣くバス輪行して降りてきたという苦い経験があります。

今回は、その二つを組み合わせてルートを作ってみました。
距離としては70km強しかないこのコース、走ってみると茨の道でございました。

今回参加していただいたメンバーは、神奈川からKIKUさんkumaさん。千葉からnobsun3さんにしやんさん、ぐりとぐら、おはるさん。
ぐらとおはるさんには、厳しいコースだということはわかりきっていたので、初めからコースを途中離脱する計画です。

集合は道の駅・伊豆のへそに10時だったのですが、KIKUさんとkumaさんが、8時半に函南駅まで輪行して先ごろ世界遺産に認定された「韮山反射炉」を見学しにゆくという話をきいて、急遽のっからせていだだきました。

千葉県からはるばる車に乗って、8時すぎに函南駅に到着。

函南駅
150720b.jpg


すると集合時間にはまだ早いのに、KIKUさん登場。
150720b1.jpg


そして集合時間ぴったりにkumaさんも。
150720b2.jpg


本日はよろしくお願いいたします
150720b3.jpg


ぐらとおはるさんは、本来の集合場所である道の駅へ車で待機すべく出発します。
KIKUさん、kumaさんと、車で一緒に来たにしやんさんと私の4人で韮山反射炉へ。
地理がさっぱりわからない私は、kumaさんのあとにくっついてゆきますが、朝イチから鬼引きの洗礼を受けてウオーミングアップ完璧です。
150720c1.jpg


韮山反射炉
150720c2.jpg


世界遺産効果か、朝から賑わっておりました。

で、ここってどんなとこ?
っていうのは、まあざっくばらんに言うと「江戸時代に鉄をとかして、大砲をつくっていたところ」という感じでしょうか?

こういうのを作っていたらしい
150720c3.jpg


さくっと見学を終えて、道の駅にむかます。

狩野川CR
150720c4.jpg


緑がまぶしい川沿いの道をゆっくり流してゆきます。
水辺は気持ちいいですね。

集合場所の道の駅に着くと、三島まで輪行してきたnobsun3さんもすでに到着していました。
150720d1.jpg


出発前に集合写真
150720d3.jpg


今回、一緒に走っていただけるはずだったぐらの旧友・Sちゃんと愛犬ダンディも一緒に。またの機会に走りましょう。

ぐらとおはるさんは電動自転車をレンタルです
150720d2.jpg


http://izunotabi.com/cycle/さんにお世話になりました。
一日500円とは、安っ!!

まずは修善寺を目指して出発進行。

前日に梅雨が空け、青空の下サイクリング日和・・・というか、ちょっと暑いです。酷暑といっていいですね。

このツアー、私が企画立案したのですが、いつものように道案内は人任せ。
しれっと列の後方に陣取り、神奈川勢のお二人の後に続きます。
さっきまであんなに鬼曳きしていたkumaさんが、ぐらとおはるさんに考慮していただき時速20km以下のまったり走行。さすがジェエントルマンですね。

電動自転車に慣れていない二人が走りながらキャーキャー言っているうちに、修善寺に着いちゃいました。

150720e1.jpg

150720e2.jpg


これが有名なだるま石
150720e3.jpg


なにかのイベント?甲冑姿の武士たち
150720e4.jpg


さて、ここから登りが始まるんです。

田んぼや民家の脇を通る田舎道
150720f3.jpg

150720f2.jpg

150720f1.jpg


ほのぼのしますが、登っています。
私が以前登った道と違います。
どうやら前回は修善寺自然公園の方からアクセスしたようです。
こちらの県道18号の方が、趣があります。

道はいつしか山の雰囲気になってゆき、坂の斜度がきつくなってきます
150720f4.jpg


ハーハーゼーゼー言いながらも、達磨山レストハウスに命からがらたどり着きました。

ここからは富士山が鎮座する相模湾を一望できるはずなのですが、この日は富士山に雲がかかっていました。
150720f5.jpg


登頂証拠写真をパチリ
150720f7.jpg


西伊豆スカイラインには、ここ達磨山レストハウス以外に食事が出来るところはもとより自販機もないので、ここで昼食をとります。

私は人気ナンバー1とかの、焼きカレーうどん
150720f6.jpg


中にたまごが入っていて、なかなかイケました。

ご飯を食べたら、ぐらとおはるさんはここでUターンして山を降ります。
予定ではこの先、達磨山まで走るつもりだたのですが、電動自転車のバッテリーが怪しくなっていたので、安全マージンをとっての途中離脱となりました。
また、暑さで体調がおもわしくないkumaさんもここでDNFということで、ぐらとおはるさんを連れて帰還していただけるとのこと。ご厄介をおかけしました。

なんでも、坂を下った後にカキ氷をお付き合いいただいたり
150720j2.jpg


道の駅まで送り届けてくださったりと、至れり尽くせり。ありがとうございました。
150720j.jpg


私たちは、ここからが絶景ロードのはじまりはじまり。

まずは戸田峠まで登らないといけないんですけどね
150720g1.jpg


ここからは写真のとおりの、気持ちよい道が続きます。

150720g2.jpg

海側
150720g4.jpg

山側
150720g3.jpg

150720g5.jpg



アップダウンがあったり、風も強く吹いたりいろいろありますが、そんなネガティブがチャラになる美しい景色。
まさにスカイラインの名にふさわしい、空の中を、空に向かって走ってゆくようなファンタジーの世界が広がっています。

150720g7.jpg

150720g6.jpg

150720g8.jpg

西伊豆スカイラインは、国道127号と県道411号からなっています。
県道側に入ると、国道側よりは見通しが悪い箇所が増えてきます。
しかし、まだまだ絶景スポットもあります。

富士山が顔を出してくれました
150720g9.jpg


風早峠
150720g10.jpg


ここから、湯ヶ島まで下ります。
この下りは、道が狭く路面も悪いところも多いので、注意が必要です。
そして、なぜだか崖側から道路に水が流れ出しているところがところどころあって閉口しました。

150720h.jpg

長い坂を降りきったら、国道414号で天城越え。
この道は交通量が激しく走りづからったです。

150720h2.jpg

また気温もますます上昇してゆき、体力が蒸発されてゆきます。
浄蓮滝と道の駅・天城越えと小まめに休憩をとります。

150720h3.jpg

わさびソフト
150720h4.jpg


前回きたときは、ソフトクリームにわさびが練りこまれたものを食べたので、今回は普通のソフトクリームの生わさびが添えられたものをチョイス。
お味はどうか?暑くてソフトクリームがどんどん溶けるので、慌てて食べるのに必死でいまいちよくわからんでした・・・。

ここからちょいと登れば天城峠です。
150720h5.jpg


楽しみにしていた、旧天城トンネルは通行止めでした
150720h6.jpg


なので、新天城トンネルをもって天城越えします。

新天城トンネル
150720h7.jpg


ここからは、バビューンと一気にくだりまくりです。

ループ橋
150720i.jpg


河津のまで降りてくると、川沿いのCRで駅へ
150720i2.jpg


河津桜の季節は、きれいなんでしょうね。
この川で泳いでいる小学生がいました。
それだけ水がきれいということでしょう。

河津駅に到着
150720i3.jpg


本日はここで終了です。

走行は87kmでした。

KIKUさんと nobsun3さんはここから輪行
またご一緒お願いいたします
150720i4.jpg


お気をつけてお帰りください
150720i5.jpg

150720i6.jpg


しかし、このあと三連休最終日のラッシュにあって大変な思いをされたそうです・・・。合掌。
そういう私たちは、日帰り温泉に入ってから夕食をとったり渋滞に巻きこまれたりして帰宅したのは12時前でした。

今回、天気にも恵まれ絶景ロードを満喫できました。
しかし、全工程の半分が登り坂というハードなコース設定は、登ればすぐに登頂してしまう千葉の自転車乗りの浅はかゆえ。
酷暑も手伝って、いささか厳しいライドとなってしまったことは、反省点としてここに記するべきでありましょう。

次回はもっと快適なライドを企画すべく、皆様のお知恵をお借りしたいと思います。
また、いつもながら道案内などお世話になりました。
これに懲りず又、ご一緒お願いいたします。



150720a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

昨日はお疲れ様でした!
そして往き返りの長距離運転ありがとうございました。
神奈川チームの先導でミステリーにはならず済みましたが(^^;
やはり千葉を飛び出て他県遠征は楽しいですね。また宜しくお願いします!

にしやんさん、こんにちは。
昨日はお疲れ様でした(`_´)ゞ
他県に遠征は楽しいです^ ^道先案内人がいるともっと楽しいです^ ^
道中ミステリーはなかったですが、帰りの車がミステリーでしたね^^;
またお付き合いお願い致します^ ^

No title

西伊豆では本当にお世話になりました。
房総と同じような半島にある伊豆の雄大な景色はとても感動しました。西伊豆スカイラインも同じスカイラインと名のつく房総とはまったくケタ違いの素晴らしさでした。またいつか行ってみたいと思ってます。
唯一残念だったのはみなさんに付いて行くのがやっとというかいつもお待たせしてしまって皆さんのペースを乱してしまったことです。
次はもう少しまともに走れるように精進します。
本当にお世話様でした。また、次のミステリーを期待してます。

nobsun3さん、こんにちは。
絶景ロード、気持ち良かったですね^ ^房総スカイラインはちと空が遠いですね^^;
コース的に厳しかったですね(・・;)さかはあの半分で良かったらですね^^;
またご一緒お願い致します。

No title

景色を見ると行きたくなりますが、
nobさんのつぶやきを聞いていたら、
「こりゃ、無理だわ」と、
即座に頭が切り替わりました。

自転車で天城越えか~♪

kuroさん、こんにちは。
西伊豆スカイライン&天城越えだとちと辛いですが、どちらか一個だとそれほどでもないです。
是非とも絶景ロードを^ ^