RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.06
02
現在使用中のサドルバックは、トピークの「エアロ ウェッジ パック (クイッククリック) Lサイズ」です。
このサドルバックは、ロードを買ってすぐに装着しました。

クイッククリックといって、ワンタッチでバックをサドルから取り外せるのが便利。
購入時、ロードバイク初心者だった私は大して考えもせずこのサドルバックを選んだのでした。
しかしこのクイッククリックという方式は、アタッチメントが合うサドルと合わないサドルがあることを知りませんでした。
ロードバイクを買ったときについていたフィジークのサドルには問題なく取り付けることが出来ました。
ビギナーズラックとでもいうのでしょうか。

しかし、次にサドルを変えたときには取り付けることができませんでした。
その時は、サドルバックよりもツールボトルにしたほうがサドル周りがすっきりするかと思って取り外しました。

そして今のサドルに変えたとき、サドルバックがつくか確認してみます。
やっぱりツールボトルよりサドルバックのほうが、使い勝手が良いのです。
結果、アタッチメントはサドルに付くものの、タイヤとのクリアランスの問題でそのままでは使えないことに。
アタッチメントの位置など変えて、タイラップで固定など工夫して無理やり使用中です。

またサイズは、小さいより大きい方がいいだろうという単純な理由でLサイズにしました。
しかし普段の使用では半分くらいしか荷物が入っていません。
それはそれで、ちょっとしたお土産が入るし問題はありません。
ロングライドをするときも、着替えを必要としない程度の距離であればなんとか荷物を収納できます。

そんなわけで、このサドルバックに不満はなかったのです。
が、新しいサドルバックを買ってしまいました。

というのも、ロングライドのためです。
着替えをもたない距離ならば問題のないトピークですが、さすがに着替えまでは無理です。
冬ならば着てゆける合羽なんかも、夏はどこかに収納しなければいけません。
これまではジャージのバックポケットに突っ込んでいましたが、やっぱり荷物は自転車に背負わせたのです。

そこで目をつけたのが、定番のオルトリーブ サドルバックLです。

世の中にはこのサドルバックより大きなものもあります。
ネットなどで調べると、このサドルバックの収納力の評価はまちまちなのです。
これで一泊旅行も行けるという意見の一方、ちょっと物足りないという声もあります。
使う人の感覚や、持ち物の多さでそのあたりの評価はかわってくのでしょう。

ここは実際に使ってみなければわからないでしょう。
また、自分のサドルとアタッチメントが合うのか?タイヤとのクリアランスは大丈夫か??など購入にあたって二の足を踏んでいました。

そこに、自転車仲間のぶっちょさんがご自身の所有するオルトリーブLを貸してくれるというありがたいお話をいただきました。

さっそく実験してみます。
タイヤとのクリアランスは大丈夫でした。
収納力も最低限の着替えなら収まるのではないかなという印象です。

ということで、オルトリーブLでいい感じです。

で、購入したのは・・・。

オルトリーブ サドルバック マイクロ
bac1.jpg

無難に黒にしようとしたのですが、目立つグリーンに。
自転車も服装も目立った方が安全度が上がると感じているからです。
チェレステカラーの車体とも違和感が薄いと思うし。

150602a.jpg

・・・オイオイ、サドルバックLじゃないのかい!!

オルトリーブのアタッチメントは、サイズにかかわらず共通のようなので、マイクロもLも使い回しが出来ます。
オルトリーブLを使うなら、普段使用するものもオルトリーブが良いかと。
トピークはタイラップなどで強引につけているので、付け直すのは面倒くさいのです。

トピークははじめにロードについていたサドルを使っているR3に移動。
とりあえず、ロングライドの予定が無いので普段使いのマイクロから購入しました。

このマイクロ。
名前の通り小さいです。
しかし、見た目よりもたくさん入るという評判なのです。

私が普段サドルバックに入れているもので試してみます。

150602b.jpg

チューブ1本
CO2ボンベとアダプター
タイヤレバー3本
マルチツール


これでちょっとギリギリ。
鍵がなければ三つ折できるけど、二つ折り。

まあサドル周りがスッキリしていいかも。。
トピークのサドルバック外したら、思いのほか車体が軽くなった気がします。
オルトリーブマイクロは軽量サドルバックという一面もあります。

ロングライドの計画がたったら、Lを購入しようと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

何といっても、
カラーがステキ!

No title

kuroさん、こんにちは。
いままでこの手のものは「黒」と決めていたのですが、最近は自転車=目立つが正義と思っているので、緑もありでしょう^^

No title

奇遇ですね。
自分もダホン用のサドルバッグをオルトリーブのLにしました。ロードもどうしようか迷い中です。
トピークのよりも軽いなら替えてみようかな?