RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.05
19
天気がよければ日光に行こうと思っていました。
ホテルを予約したり、ルートを確認したりと準備万端だったのですが、天気がいまいち。
日光は晴天の日に行きたいと思ったので、予定変更です。

ならばどこにしようか?

前々から気になっていた秩父方面に目をつけます。
秩父は絶景ロードというわけではなさそう。
多少の悪天候でもまあ大丈夫なのでは?

自宅から都内を抜けて名栗湖からアクセスして、志賀坂峠から十国峠を経て佐久平から輪行しようかと。
それだと250kmくらい走ることになります。

実は先日の筑波山ライドから膝の調子がよろしくありません。
それに天気も微妙なので、もし雨に降られた場合ずぶ濡れで輪行するのはかなり面倒です。

ならば秩父まで車載して、今回のライドの目玉である志賀坂峠・十国峠だけでもいいかと思いなおします。
でも十国峠からUターンするのもおもしろくないので、佐久から国道254号・富岡街道で戻ってみるのもいいかなとか。
富岡といえば世界遺産になった富岡製糸工場もあるし。
だだそのコースだど、やっぱり走行200kmになってしまうんですけど・・・。
まあ、様子みながらどうしてもダメなら志賀坂峠だけ登って、国道462号から引き返す手もあるなんて保険もかけます。

当日は午前零時半ころ、車で出発。
この時間帯はいつもなら自転車で走っているので、ちょっと変な感じです。

3時半頃に、道の駅ちちぶに到着。
150518b.jpg

寒いです。
車から出たくない。
しかし、行程も長いのでいつまでもウダウダしていられないのです。
車の中で持参したおにぎりと、途中コンビニで買ったマーガリン入りバターロール4個入りの一つを補給して4時前に出発。

今回のコース、前半は国道299号を行きます。
国道299号は、酷道299号といわれその筋の方には有名な道です。
関東圏では整備状態が悪く、荒天では通行止め、冬季も積雪のため12/24 ~4/8までは通行止めです。

秩父神社
150518c.jpg


お参りしようかと思ったのですが、朝早すぎて拝殿がしまってる??
なんだか暗くてわからなかったので、お参りしないで後にします。

そして秩父駅
150518d.jpg

こちらもまだ静まり返っていました。

国道299号をゆきます
150518e.jpg

秩父の街はなんだか風情があって良い感じでした。
またゆっくり着たいなと思わせてくれる街です。

だんだん明るくなってきます。
山が遠くにみえてきました。

150518f.jpg

千葉のようにあまり高くない山です。
しかし、その連なりが千葉とは違います。
ずっと奥まで山がぎっしりという感じです。

お日様が出てきて、天気も良さそう。
膝も具合も違和感はあるものの、痛いというところまではありません。
いつも軽めのギアで走っている私ですが、それよりも一段軽くして走ってみます。少しでも膝の負担を減らすためですが、つまりスピードはいつもよりでません。

志賀坂トンネルまでの距離表示あり
150518g.jpg

民家や畑、林を抜けてぬるゆると登ってゆくかんじです。
気持ちの良い道が続きます。

150518h.jpg

それでも確実に標高は上げてきています。
さっき走ってきた道が、眼下に見下ろせます。

150518i.jpg

山が深い
150518j.jpg


激坂区間はなく、6時前に志賀坂トンネルに到着。

150518k.jpg

志賀坂トンネルからの眺め
150518l.jpg


絶景を眺めながら、持参したおにぎりを補給。

トンネルを抜けると群馬県。
150518m.jpg

ダウンヒル開始。
グワーンと下ります。

途中、恐竜の足跡の化石。

150518n.jpg


壁の上方3つの穴と縦にくぼんでいるラインがそうらしいです。

150518o.jpg


説明の音声があるらしいですが、ボタンを押しても反応なし。
もしかしてこのボタンの形状からして、案内員さんを呼ぶチャイムだったりして??

150518p.jpg


さらに下ると恐竜センター。恐竜推しの神流町。
150518q.jpg

150518r.jpg


ところで、登っている時はそれほど痛くなかった膝ですが、下りで脚を止めていたからかペダルを漕ぎ出すとイテテ。。。
それでも誤魔化し誤魔化し走ってゆくと、痛みは弱まります。
今日はのんびり行こうと改めて誓うのです。

道の駅・上野で休憩
150518s.jpg

ダウンヒルしてきて寒かったので暖かいコーヒーとマーガリン入りバターロールをひとつ補給。

県道124号と分岐
150518t.jpg


この辺りまではのどかな田舎道です。
県道124号を行くと、長野との県境にぶどう峠があります。
ぶどう峠越えが長野にゆくのには一番楽という話をきいたことがありますが、本当かな??

写真の奥の見える白い看板は「御巣鷹方面」とあります。
飛行機事故があったのは、その辺りなんですね。

さて、県道124号を越えると、道幅は狭くなってきます。
150518u.jpg

そして登りも始まってくるのです。

これでも国道。車のすれ違いは難しいです。
150518v.jpg


国道299号名物、オーバーハング。
150518w.jpg


オーバーハングとは、登山用語で「ひさし状に張り出している岩壁」のことです。
確かに大型車は通れないでしょうね。

国道というより林道の雰囲気。まあかつては林道で国道に格上げされたのがこの道です。
150518x.jpg


落石注意の看板多数あり。
確かに小石やもっと大きい石も落ちています。
しかもかなりとがった石なので、踏んでしまったらパンクのリスクは高そうです。
走っていて、崖でゴロッという音がして小石が転がっていました。幸い道路までは落ちてこなかったですが、怖いですね。

いよいよ登りが続く区間に入ります。
激坂ではありませんが、10%くらいの坂が続く感じでしょうか。
ヒーヒー言いながらチンタラ登ります。

長い。
いつまで登るんだってくらい、長いです。
もともと南房総のあっという間に終わってしまう坂しか登っていない千葉県人ですから、なおさら長く感じます。

もしかしてピーク?と思われた矢弓沢林道の入口。
150518y.jpg


ここで一息つきます。
この矢弓沢林道、国道299号より距離が短いです。
つまり坂が急ということですね。かなりの激坂みたいです。近寄らない方が身のためです。

ここから一旦下ります。
結構下ります。
せっかく稼いだ標高を無駄に捨ててしまうのはもったいない。
どうせピークまでまだ登るんだから。

でも、下ってちょっと上り返すとピークの十国峠へ。

150518z2.jpg

峠は長野との県境
150518z.jpg


長野に行くのにわざわざ国道299号で来たという車のおじさんとおしゃべりなんかして、息を整えます。
持参したおにぎりを補給。

下ります。
長野側には、カーブナンバーの標識
150518z3.jpg


気持ちよい林間コース
150518z4.jpg


降りきると八ヶ岳が目に入ってきます。
JR小海線のかわいい一両車両がトコトコと通過して行きます。

県道2号を北上。
下界は風強し。
田植え作業真っ最中の田の中を進んで行きます。

臼田駅
150518z5.jpg


セブンイレブン 臼田田口店 9時34分
オレンジジュース1L シュークリーム

また山に入るので、そのまえに甘いものを補給。
コンビニの前に大きな山があったので、店員さんに「有名な山ですか?」ときいたら「浅間山です」と。
ああ、あれ浅間山かあ、ずいぶん遠くまで来ちゃったなあ。

国道254号を秩父に向けて帰ります。
150518z6.jpg


しかし、強烈な向かい風です。
これは「筑波の悪夢ふたたび」です。
ほぼ同じスチエーション。

強い向かい風、膝痛。電車なし。
しかも今回は登りときたもんだ。

「まあ、しゃあない。ゆっくり行こうや」

諦めの境地というか、開き直りというか・・・これこそメンタルが鍛えられたこといことか?

左に浅間山
150518z7.jpg

右に八ヶ岳
150518z8.jpg


絶景を眺めながらコキコキペダルを漕ぎます。

向かい風で交通安全旗がはためいています
150518z9.jpg


走っていると、なんだか山肌がすごい
150518z10.jpg


内山峡というらしい。
道端に「姫岩」とか「行人岩」とか看板がポツンポツンとあったので、どこにそんないわがあるのか?と反対側をキョロキョロしていたのですが、この内山峡のひとつひとつの岩の名前だったんですね。

内山峡を越えると、段々登りが始まります。
県境を越える峠なので、さぞや厳しいだろうと予想していました。が、一方で内山峠の標高は940m、十国峠は1351m。若干内山峠の方が楽なのでは?しかもトンネルあるし。

と思って登ります。
登坂車線もあります。やっぱり厳しいのかとエッチラ。するとトンネルが見えてきました。

内山トンネル
150518z11.jpg


内山峠はこのトンネルの上にありますが、行きません。
内山トンネルは1254mという長いトンネルです。
交通量はそれほど多くないし、トンネル内部に中央線の仕切りもないので、車が後ろから来ても余裕を持って追い抜いてくれます。

トンネルを越えると、グワーーっと下りです。

長い長い急な下り。
150518z13.jpg


下りながら長いトンネルが二つあります。
二つ目のトンネルは、トンネル内でカーブしていてしかも滑り止めの細かい縦溝(レコード盤といわれる)があって危険です。
急な下りなのでスピードが出ていて、少ないながらも大型トラックも猛スピードで降りてきます。
スピードは控えめがよろしいかと。

下りながら妙な形の山が見えてきます。

荒船山
150518z12.jpg


山頂が船に見えることから名前がついたとか。
この上の部分にも登れるのだそうです。クレヨンしんちゃんの作者・臼井 義人さんはこの山の山頂から転落死されたとか。山頂には柵もなく断崖絶壁だそうです。

しかし、長く急な下りが続きます。
これは群馬側から登ったらさぞや大変そうです。

山間区間を抜けても、くだりは続きます。
150518z14.jpg

結局、埼玉県境くらいまでなんとなく下り基調でした。

下仁田でお昼。
道の駅ならご当地グルメっぽいものがあるかな?と立ち寄ります。

150518z15.jpg

しかし、味噌田楽くらいしかなく、しかたなくうどん。

150518z16.jpg


お昼を食べたらまた国道に復帰。
風は相変わらず吹いていますが、下り基調なので快調に走れます。
膝の具合もなんとか落ち着いています。

富岡へ。
富岡といえば、世界遺産になった富岡製糸場。

150518z17.jpg


まあ、観光客でいっぱいでした。
ので写真を撮って、さっさと退散です。

ひたすら郊外の道を走ります。
やはりダンプが多いです。

筑波に行った時、茨城のダンプはクラクションを鳴らしてから抜き去ってゆくと書きました。
こちらのダンプはどうでしょう。
なにもなくギリギリ脇を走り抜けます。
目立ったのは、熊谷ナンバーのダンプですから、埼玉のドライバーと言った方がいいのかもしれません。
とにかく強引です。
なので、自転車のバックミラーに大型車をみつけたら、歩道に回避します。
自己防衛しないと危険極まりないです。

セーブオン 藤岡大塚店 13時45分
炭酸水500ml ガリガリ君ゲンキドリンク味

疲れた時は、炭酸水が欲しくなります。

籐武橋で埼玉に入ります
150518z19.jpg


長瀞にでたいのです。
長瀞にはいくつかルートがあります。

なんとなく地図近そうなルートを選んだのでしたが、後で調べたら一番登りがある道を選んでしまったようです。

国道254号から児玉で県道287号に入って間瀬峠を行きます。

途中にダム湖の間瀬湖
150518z20.jpg>
150518z21.jpg


ここからも結構登ります。
調子良かった膝にも影響が出てきます。

最後にこの登りは誤算でした。

ピークに標識なにもなし。
150518z22.jpg


でもピークから200m降りたところには標識が
150518z23.jpg


間瀬峠からの景色 登ってきたご褒美
150518z24.jpg


下ると国道140号。
長瀞へ。

長瀞駅は関東の駅百選のひとつ
150518z25.jpg


長瀞といえば、ライン下りです。
150518z26.jpg


岩畳
150518z27.jpg


国道140号に戻って、秩父まで。

デポ地の道の駅に到着。16時。
150518z28.jpg


本日の走行は204km。

予報よりも天候は良く、雨はおろかうす曇から晴れ。まずまず好天といって良いくらいのコンディションでした。
風が厳しい場面もありましたが、なんとか忍んで復路は下り基調に助けられました。

秩父はなかなか良いところでした。
まだ行きたいスポットもあるので、近々再訪したいと思います。

帰るまえに、日帰り温泉でひとっ風呂浴びます。
ポタポタ&ポチャポチャは最高です。

こうなると車運転して帰るの面倒になっちゃうなあ。。。



150518a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

恒例のロングライドお疲れ様でした。

佐久穂町まで行ったんですね~。

ついでに、ツル八のゴールの麦草峠まで行っちゃえばよかったのに(笑)。

ともあれ、膝の痛みは気になりますね。無理せずご自愛ください(^^)/~~

にしやんさん、こんにちは。
草麦まで行くと帰ってこれない^^;草麦はいつか行きたいスポットです。違うルートで考えましょう^^

毎回ハードなライドをこなしていますね。
ブログ記事を拝見しただけでお腹いっぱいになりました。(笑)
秩父を起点に佐久の方まで回って来られるとは目からウロコです。
ぐりさんの記事に触発されて秩父を走ってみたくなりました。

NOBさん、こんにちは。
秩父はいいですよ。房総の道に雰囲気が似てるような気がします。
ぜひいらしてみては^ ^

ルートが想像出来ません。

考えてみたくないです、
絶対に!

でも、秩父は魅力的だなぁ~!

kuroさん、こんにちは。
秩父いいですよ。山ばっかりですが^^;開けた景色というのはあまりありません。雰囲気は千葉と似てます。なんとなく落ち着きます^ ^

No title

秩父から長野佐久穂までのライド、お疲れ様でした。膝の具合は大丈夫ですか?あまり無理せずに大事にしてください。
秩父方面は自分は奥武蔵グリーンラインしか経験ありませんが、確かに千葉の君津とか南房総の山の中と似た雰囲気がありました。ただ、そのスケール感、山々の連なりの奥深さとか所々開ける景色の壮大さは千葉とはケタ違いのものでした。今度は秩父、長瀞辺りもポタポタしてみたいなと思ってます。
この浅間山と八ケ岳を眺める佐久平からの風景もいいですね。この辺りをポタポタしてみたくなりました。
ぐりさんが自走で走る場所は自分では魔法の絨毯がないととても行けないところですが、走ってみたいコースを考える上でとても参考になります。

nobsun3さん、こんにちは。
秩父の街中はいい雰囲気でした。長瀞周辺、桜の時期がいいみたいです。八ヶ岳、浅間山、荒船山、大きい山は千葉にはない魅力ですね^ ^