RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.01
23
一昨年くらいからロングライドがマイブームな私です。

ロングライドをしていると、雨が気になります。
計画をしていた日が雨で出走できないということはもとより、出かける時は晴れていても途中で雨に当たりそうだということで出かけることを諦めたり。
また、天気予報では晴れと言っていたけれど、走ってる途中で雨が降りそうになって輪行で帰ってきたこともあります。

どうしてこんなに雨ばかりに当たるのか?

よく考えてみれば、ロングランドをしていて雨に当たらない方が珍しいことなのではないか?という結論に達しました。
広範囲を長時間走るわけですから、そのどこかで雨が降るということは、しごく当然のことです。

だから「雨だから走るのやめよう」ということでは、ロングライドなんて出来やしないのです。
ブルペをやってる人たちが、雨でも走るのはそういう理由なのですね。

雨の中を走るということは、その備えが必要です。
そこでレインウエアについて、自分なりに調べてみました。

結論から言うと、100均やコンビニで売っている使い捨ての「安いやつ派」とゴアテックスなどを使った「高級品派」に別れるようです。
その間をとった中途半端なものは、「帯に短しタスキに長し」で結局「安いやつ派」か「高級品派」どちらかに流れてゆくそうです。

ロングライドはブルペに学べということで、ランドヌールたちはどうしているのか??

ランドヌールのレインウエアの制服とでもいうべきレインウエアが存在するのだそうです。

それは、モンベルのGORE-TEX サイクルレインジャケット
これを着れば、間違いなしだそうです。

しかし、お値段が上下で52000円ほど。
クロスバイク買えますよ。

いくら良くても、カッパに5万も出したくないです。

おなじモンベルで自転車用ではないけれど、ゴアテックスを使ったレインウエアがあります。

トレントフライヤージャケット

こちらは上下で36000円ちょい。
だいぶお安くなりましたが、まあ高額であることは間違いないです。

サイクルレインジャケットとトレントフライヤージャケットの違いはなにか?

サイクルレインジャケットは、自転車用と謳ってあるだけあってひじ部分が立体裁断になっていたりファスナーのうえにカバーがついていたりします。
トレントフライヤージャケットとの一番の違いは、ベンチレーションの有無です。

安いレインウエアと高いものとの最大の違いは「透湿性」です。
ゴアテックスのような素材を使ったレインウエアは、雨は通さないけれど汗は逃がすというハイテック。

ビニールのレインウエアは、雨では濡れないけれど自分の汗で蒸れてずぶ濡れになるのです。結局レインウエアを着ていても濡れてしまっては本末転倒。
浸透性の高いレインウエアは「蒸れない」のです。
ただゴアテックスにも限界があって、ベンチレーションを開閉することでレインウエア内の温度調節をして汗をかかないようにしてやれば、なお蒸れ知らずです。

サイクルレインジャケットにはベンチレーションがついています。
トレントフライヤージャケットにはありません。

私は超高額のサイクルレインジャケットを買う気はありません。
トレントフライヤージャケットでブルペを走っている人をネットで見つけることはできませんでしたが、トレントフライヤージェケットのひとつグレードを落としたストームクルーザーで走っている記事は見つけました。

トレントフライヤージャケットとストームクルーザーの違いは収納した時のサイズです。トレントフライヤージャケットの方がコンパクトになります。
この両者の使い勝手は、同等と思われます。

ストームクルーザーでも問題ないという記事と、長時間の走行では蒸れるという記事があり実際のところはその人の使い方次第なのかもしれません。

ところで、私の友人にSR取得者がいます。
その彼にレインウエアーのことをきいてみました。

彼は使い捨てできる「安いやつ派」でした。
ランドヌールは「安いやつ派」が多いとのこと。

嵩張るレインウエアを持って走るデメリット。使い終わったら捨てられ身軽になれるメリット。どんなレインウエアでも蒸れるから一緒という達観。

トレントフライヤージャケットを買うべきか?使い捨てカッパで凌ぐか?
ゴアテックスは管理が面倒でもあります。数年立つと撥水効果が薄れてくるとも。

悩むところです。


そんな時、偶然の巡りあわせでモンベルのアウトレット店に行く機会がありました。
せっかくだから、レインウエアの偵察でもしてやろうと店内に潜入します。

サイクルレインジャケットを見つけて、羽織ってみます。
たぶんこれっていいんだろうなと思いますよ。
でも買いません。いや買えません。

トレントフライヤージャケットも試着します。
自転車用ではないですが、普通のウインドブレーカーのようでバタツキもしなそう。
ロードバイクの乗車姿勢をとっても違和感ありません。

しかし、やはりベンチレーションがないのが気になるところです。
とりあえず「安いやつ」で様子を見て、だめならまた考えるか・・・。

その時、一緒に来ていたぐらが何かを発見したのです。

「脇にファスナーがあるのと、ないのがある」

なんですと!!

同じトレントフライヤージャケットなのに、脇の下にベンチレーションがあるものとないものが並んでいます。

どういうこと??

よく商品のタグを見ると、ベンチレーションがあるものには「海外製」ないものには「日本製」と。
店員さんを捕まえて聞いてみます。

するとなんでもないような感じで「そうです。海外製のものはベンチレーション付きです」

ネットであんなに調べたけど、そんな情報はひとつもヒットしませんでした。
トレントフライヤージャケットにはベンチレーションが無いと思い込んでいたので、ちょっとぐらっと。

さらに店員さんに詰め寄ります。

「海外製って常に置いてあるんですか?」

店員さんいわく「海外製はたまにポツンと入ってきたり入ってこなかったりです。日本製は常にあります」

ということは、このチャンスを逃すとベンチレーション付きのトレントフライヤージャケットは手に入らないというとこもあるのか??

ここで、購買意欲指数はググーンとアップ。

しかし、色であります。
トレントフライヤージャケットは「赤」「青」「緑」です。(日本製には「黒」「茶」もあり)

私は目立つ「赤」が良いと思ったのですが、店頭に海外製の赤がありません。
レジに行って、「海外製のトレントフライヤージャケットの赤ありますか?」ときくと、ここにはないが倉庫に在庫があるので自宅まで送ることが可能だという。

「じゃあ、それでお願いします」

あれ?買っちゃった!!

まあ、今使っているウインドブレーカーもそろそろヘタってきたし、普段はウインドブレーカーとして使おうとも思います。

150123a.jpg

脇下にベンチレーション
150123b.jpg

海外モデルだけの仕様
150123c.jpg

ちなみにサイズはSです。

試着した結果、日本製のSサイズがピッタリの私が、海外製のSはちょっと大きいという感じです。
150123d.jpg

収納サイズ 縦16cm 横7cm ipone5cと比較 
150123e.jpg

ジャージのバックポケットやボトルゲージにも収納可。

買ったのはジャケットだけです。
パンツはコンビニのでいいやというわけです。

私は以前、オートバイに乗っていたので「カッパの下はすぐにダメになる」というのを経験済みです。
シートとカッパの摩擦でダメになるのか、カッパはパンツから防水性が落ちてきます。

なので、とりあえずパンツはコンビニのカッパで様子をみようと思います。
100均のものよりコンビニの物のほうが、耐久性があるらしいです。

これで「雨だからDNS」と言えなくなりました。

インプレはまた今度。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

モンベルのレインウェアいいですね〜♪
これで、雨が降ろうが槍が降ろうが無敵ですね。今年は是非400kmオーバーを達成してくださいね(^^)/

にしやんさん、こんにちは。
レインウェア買ってしまったので、雨にも負けず走りたいと思います^ ^

No title

自転車用途だとベンチレーションは大事ですよね。
先日パールのウィンドブレーカーに変えたんですが、今までの物より断然快適になりました。
それにしてもロングライドってお金かかるのね(笑)

pentaさん、こんにちは。
やはり機能が優れた装備は重要ですね。
ロングライド、ライトやら衣類やらバッグやらお金かかりますT_T

No title

モンベルの袋だったからてっきり寒さ対策かと思ったら雨対策だったんですね。なかなかカッコいいですね。これで雨の日も気にする事なく思う存分に走れますね。
自分もいちおう自転車用の雨具は持ってますが使った事ありません。そもそも雨予報だと走らないですしね。(^_^;)

nobsun3さん、こんばんは。
モンベルはレインウェアでした。できることなら雨は避けたいですね。備えあれば憂いなしといきたいところです。

むむ~。

自転車用のレインウェアですか!

雨でも夜でも走るのですね。

あぁ~。
真似はできません。

kuroさん、こんにちは。
備えあれば憂いなし^ ^ということで、もう晴れ男決定( ̄^ ̄)ゞ