RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.09
17
ずいぶん前に「どこか行きたいなあ~」と 地図を眺めていたら『柳沢峠』という文字を見つけました。
柳沢峠というワードはよく耳にしていたので、これがそうかと思ったわけです。
場所をよく確認すると、自宅のある千葉からでも行けそうな感じがします。

柳沢峠まで自転車で行くとして、どういうルートをとればいいのか?
地図をふかんすると、『笹子峠』があります。
笹子峠も気になっていた場所です。そこから自宅に戻る方向には『大垂水峠』があってこちらもサイクリストの中では定番スポット。
この三つの峠を繋いで走るのはおもしろいルートかもしれません。

というわけでルートは決まったのですが、私の休みと天候や予定が合わなかったりしてなかなか実現しませんでした。
なにしろロングライドになるので、カバーする地域が広くまた時間もかかるのですべての条件で晴れということが難しいということがあります。

しかし、ついにその時はやってきました。
天気予報によれば絶好の行楽日和。安定した晴れだということです。
このチャンスを逃しては、またいつ出かけることができるかわかりません。

着々と準備をして備えますが、出発前日に天気予報が急変しました。
でも雨は降りそうもなく「曇り」予報。
まあ仕方がありません。雨が降らなきゃいいやと妥協することにしました。

出発は午前0時とします。
その日は仕事が終わったら、可及的速やかに一秒でも早く床に着くことに成功しました。
20時にはふとんにIN出来ましたが、そんな時間にストンと眠りに落ちるわけもなくゴロゴロ。
しかし2時間くらいは眠れたようで、23時頃起床。着替えて歯磨きをしておにぎりを2個補給します。
ジャージのバックポケットに更に2個おにぎりを突っ込んで、23時40分スタートを切ります。

天候が悪くなるときいていましたが、空にはぽっかり月とキラキラ星が輝いておりました。
翌日が祭日だからでしょうか、夜中でも普段よりは人が歩いています。
走り出す前は、少し肌寒いくらい?と思うほどでしたが、風もなく快調に夜の街をすり抜けて行きます。

海浜幕張辺りで雲が広がりだして月が姿を隠しはじめます
140915c.jpg


美浜大橋から東京を望む
140915b.jpg


船橋から国道14号へ。
ここから例のごとく信号に引っかかりまくります。
いつものことですが、なかなか先に進めません。

市川橋に1時30分
140915d.jpg

ここで持参したおにぎりをひとつ補給します。

東京都に入ると、蔵前橋通りを行くのですがやっぱり信号に行く手を阻まれます。

スカイツリーがテッペンまで見えるので雨は降らないかも?
140915e.jpg


清澄通りを左折して京葉道路へスイッチし、両国橋で隅田川を渡ります。
隅田川はなんだか独特なにおいがすると思うのは私だけでしょうか?

靖国通りを行くわけです。
ここから更に信号地獄が始まりました。
信号で止まっているとタクシーが並んで停車します。信号が青になるとタクシーは先に進みますが、次の信号が赤になるのでまたそのタクシーと並ぶことに。
これって車と同じスピードで走っているといっていいんでしょうかね。

靖国神社はひっそりと
140915f.jpg


こんな感じで新宿へ 2時40分
140915g.jpg


このガードを越えると青梅街道が始まります
140915h.jpg


今回は、青梅街道をほぼ全線走破する計画です。

休日前だからか、それとも不夜城歌舞伎町だからか喧騒が街をつつんでいます。
新宿という街は、自転車で走りづらいことこの上ないです。
二段階右折をどうやってやるのだろう?という構造の道路が多いんです。

なのでちょいと迂回して「自転車LOVE」ということで
140915i.jpg


青梅街道に入ってもしばらくは信号に引っかかりながらも、少しづつまともに走れるようになったきます。
青梅街道は、田無で「新青梅街道」と「青梅街道」に別れるのです。
当初の計画ではあくまでも「青梅街道」にこだわろうと思っていたのですが、「新青梅街道」の方が単純な道だし「新」とつくのでバイパス的なイメージを持っていたのですが、普通の道路だったのでそのまま「新青梅街道」を進むことにしました。

セブンイレブン 田無南1丁目店 3時36分

カップ坦々麺と持参したおにぎりを補給。

坦々麺を食べたので、淡々と進むとかいう親父ギャグを編み出しながらペダルを踏んでゆきます。
私は走り出すとあまり眠くなるということはないのですが、今回あくびがヘビーローテーションです。
たまらずコンビニにピットインします。

セブンイレブン 青梅千ヶ瀬町4丁目店 5時16分

ホットコーヒー

地べたに座り込んで目を閉じてみます。
でも眠れたりはしません。
温かいコーヒーを飲んでしばらく休んでいたらスッキリとしました。

日の出の時間ですが、太陽は姿を見せてはくれません。
しかし、もう前照灯をつけなくてもよいほど明るくなっていました。

青梅駅
140915l.jpg


青梅の町は、昭和レトロで町おこしなんですね
140915j.jpg


赤塚不二夫となにか縁があるのでしょうか?
140915k.jpg


ここから青梅街道は国道411号に入り、いよいよ山の雰囲気になってきます。
しかし、思ったいたほどの登りはなくて、気持ちよくサイクリングができました。
青梅から奥多摩まではのんびりポタリングなど向いているのではないでしょうか。

多摩川
140915m.jpg


晴れていたら気持ち良さそうな道が続きます
140915n.jpg


山深くなってきます
140915o.jpg


山が深くなるということは、補給ができるポイントも少なくなるということです。
JR青梅線・古里駅前のセブンイレブンが最後のコンビニになるので、食料を確保していきます。

セブンイレブン 奥多摩古里店 6時15分

オレンジジュース 1L つぶあんぱん4個入り

奥多摩湖を過ぎて、しばらく進んだところに「道の駅 たばやま」があるのですが、たぶん開店前。
道の駅でなにも食べるものがなかったら、柳沢峠の茶屋までお店はないかもしれません。
過去の失敗からかんがみて、多めに食料を確保しておきました。

奥多摩駅
140915p.jpg


奥多摩駅を過ぎれば、坂は険しくなってきます。
でもまだ序盤、ゆっくりと進みます。

奥多摩湖の駐車場では、もう紅葉?
140915q.jpg

曇りがちですが、薄日をあびた湖畔が美しい
140915r.jpg

140915s1.jpg

国道139号との分岐を、直進します。

あの橋を渡れば、都民の森や松姫峠、鶴峠なんかに行けます。
140915t.jpg

ここであんぱんを一つ補給してブレイクタイム。

また走り出してすぐに、山梨県に入りました。
140915u.jpg

大菩薩ラインとは山梨県での道路の愛称らしいです
140915v.jpg

道の駅・たばやまはやっぱり開店前でした。
140915w.jpg


ちょっと肌寒いので温かいコーヒーでも買おうとしたのですが、冷たいのしかなく諦めました。あんぱんひとつ補給して備えます。

これまでは緩い坂がきて、平坦あるいはちょっと降ってまた緩い坂を登るというパターンで脚には優しい道でした。
しかし、甲州市に入る手前辺りから坂の斜度が上がってきて、休み区間も減ってくるというパターンに変化してきます。

坂はきつくなるし、もういい加減登っているのにまだまだ先は長そうで心折れそうになります。
せめて青空で木々の緑とのコントラストが楽しめれば気分も違うのでしょうが、うす曇の元黙々とペダルを踏み続ける忍耐を必要とします。

もういいかげん着いてもいいんじゃなか?とサイコンの標高をみればまだまだ先は長い長い。
意識朦朧となりもう休みたいと念じていたところにわらび餅屋さんがありましたので、当然のごとく吸い込まれます。

140915x.jpg


しかしこのわらび餅が微妙な大きさです。
一人では食べられない大きさだし、お土産用にするにもサドルバックとトップチューブバックしか収納がない(しかもすでにマンパン)ので諦めました。
自販機で赤コーラを買って、ベンチで一休みします。

わらび餅屋さんを出ると、工事をしていて砂利道です。
坂を登りながらの砂利道は、後輪がズルズルすべって危ないです。
なんとか工事現場を抜けると、少し斜度が弱まってきたような気もします。峠は近いか??

エッチラコッチラ登ってゆくと建物があって、そこは柳沢峠でした。
140915y.jpg

標高
140915z30.jpg

天気がよければ富士山が拝めるはずですが、曇りなのでまったく見えず。

この峠の茶屋で早めの昼食をとろうかとも考えていたのですが、まだ10時だしお腹もあまり空いていないので、和風ソフトをばいただきます。

140915z.jpg

ソフトクリームにきな粉と黒蜜。想像通りの味でした。

バイク乗りばかりの峠の茶屋を後にします。
ウインドブレーカを着こんで、豪快にダウンヒルします。

登っているときでさえ涼しく感じていたくらいなので、下りはとにかく寒いです。
あんまり寒いので、ゆっくり下ります。
しかし、足むき出しのレイパン一丁ですから、冷えること冷えること。
サムサムサム・・・と唱えながら、標高を下げてゆきます。

下るほどに温かくなってきましたが、身体の芯まで冷えたのでしばらくはウインドブレーカーは脱げません。
下っている間は足を止めていたので、なんだか足も回りません。

秋の風景
140915z3.jpg


下りきるとぶどうの国でした。ぶどう狩りの観光客でずいぶんと賑わっています。

140915z4.jpg

ちょいと迷いながらも国道20号・甲州街道へ。
140915z6.jpg

ここからは、笹子峠へ。
笹子峠を越えなくとも笹子トンネルを通過すればいいのですが、なんでも自転車で通り抜けるのは命が縮まる思いをするとか。
そんなトンネルをわざわざ通過せずに、自転車乗りにも人気の笹子峠をチョイスしたわけです。

その前に、ランチタイムです。
昼食はコンビニではなく、ガッツリ食べたいと思ったので甲斐大和駅に寄ってみます。笹子峠の入口を通り過ぎちゃうけど。

スマホのGPS地図によれば何軒か食堂があるらしいです。
それを目当てに走ってゆくと、どこもお休み。
祭日の昼食時に開店していないとは、これいかに??

セブンイレブン 甲斐大和店 11時15分

ガーリック醤油グリルチキン弁当 麦茶1L 

いたしかたありません。
それでもお腹も膨れたので、笹子峠へ。

140915z7.jpg

林道の雰囲気。緩い登りが続きます。
140915z10.jpg

峠までの距離が200mごとに示されています
140915z8.jpg

ゲートは開いていました。ネットの情報では工事中で通行止めの記事が多くみられましたが、2014.9.15現在では通行規制はありませんでした。
140915z9.jpg

ああ、なんだか落ち着ききます。
この斜度と距離。ハイカーとたまにすれ違うのみで、車も走っていません。
安心して走れます。

そして、笹子峠。

勝沼側から、笹子隋道
140915z11.jpg

昼でも真っ暗な隋道なので、通り抜けるのに明るいライトは必須です。

大月側から、笹子隋道
140915z12.jpg

140915z13.jpg

標高は
140915z31.jpg

ここからダウンヒルします。
一応、ウインドブレーカーを羽織ります。

下ってゆくと「矢立ての杉」という看板が現れます。
なんだかこの看板から100mほど下ったところにあるらしいのですが・・・。
140915z15.jpg

こんな道なのでスルーしようかな
140915z16.jpg

だけど、たぶんもう一生この地に来る事はないんだろうなと思い直し歩いてゆくことにしました。

矢立ての杉
140915z17.jpg

はい、大きい杉です。
あえて見るべきか??微妙ですね。

ここからもグワーッと下って、国道20号に合流します。
140915z18.jpg

国道20号に入っても下りです。
ウインドブレーカーも脱がずに、まだまだ下りますよ。

ずっと気持ちよく下り基調で猿橋まできました。
猿橋もこれからの人生で来るか来ないかわからないので、一応観光しておきます。

140915z20.jpg

140915z19.jpg

うん、変わった橋。

ここからも下り基調です。
祭日なのと観光地なので渋滞に巻き込まれたりします。
でも登りとかはないので、苦もなく進めます。

相模湖
140915z21.jpg

なんか、ガリガリ君が無性に食べたくなりまして。

セブンイレブン 相模湖西店 ガリガリ君ぶどう レモンティー1L
ここで残りのあんぱんを二つ補給。

この辺りにくるとローディーさんを多く見かけるようになります。
ここを出ると大垂水峠の登りが始まってきます。

大垂水峠はたいしたことないと高を括っていたのですが、なかなかどうしてちゃんと登る感じです。
速いローディーさんに抜かされ、遅いローディーさんを抜かし大垂水峠へ。

140915z22.jpg

サイコンの標高と看板の標高が違う
140915z23.jpg


大垂水峠はウインドブレーカーとかいらないです。
この下りは気持ちよかったです。今回下った峠の中で一番気持ちよい下りでした。
勾配も緩やかで路面も良かったので、最高です。

高尾は人で溢れていました。
ここが輪行のひとつの目安でした。
初めから調子が良ければ自走、疲れちゃったら高尾くらいから輪行とゆるふわな企画だったのです。
ここ高尾での走行距離は260kmほど。・・・なんか中途半端。

それにこの混雑。
輪行するにしても満員電車じゃ嫌だし。

ということで、とりあえず八王子くらいまで行ってみっかということにします。
あからさまな下りではないですが、やっぱり下り基調です。
このまま進むことにします。

すると日野バイパスという標識が出てきます。
ん??これって自転車通れるのかしらん?とスマホで調べると通行可能ということで、そちらにハンドルを切ります。
しかし、ここから渋滞が始まるのです。

往路の都内は信号引っかかり地獄でしたが、復路は渋滞巻き込まれ地獄。
思うように進めません。
時間ばかりが過ぎてゆくのです。

新宿に近づくにつれ、渋滞は緩和されてゆき(というか車線が増える)まともに走れるようになってきます。
このあたりからライトオンです。

帰ってきたぜ新宿
140915z24.jpg


都心に入ると、自転車無法者の姿が目立ってくるのです。
30代と思われるチョイポチャの女性。ママチャリに乗るようなスタイル(ノーヘル)でロードバイクに跨り完全無欠の信号無視。
クロス風ママチャリの初老男性。必死のバッチでペダリングして信号を無視。私が追い抜き赤信号で止まっていると赤信号を突っ切ります。
私が青信号になって初老バッチを追いぬいてまた信号で止まると、また赤信無視して抜かされます。
又抜き返すと、今度は幹線道路なので初老バッチもさすがに信号無視できなくて止まります。ちょっと気を抜いて時速25kmくらいで走っていたら、後ろから初老バッチが追随。あーうざったい!!

ドリンクがなくなって補給。

ファミリーマート 麹町一丁目店 18時14分

お茶 1L

すっかり夜の帳が降りました。皇居のお堀に浮かぶビル郡。
140915z25.jpg

東京駅
140915z26.jpg

しかし、お腹空いたのです。どこかで夕飯食べなきゃとキョロキョロしながら走ります。
どこも帯に短し襷に長し。

結局、吉野家 東小岩店 19時40分

牛バラ野菜焼き定食 大盛り

ここまで来れば千葉県入りは近し。

市川橋 20時
140915z27.jpg

国道14号から船橋港、第二湾岸と繋いで22時頃、帰宅しました。


本日の走行は、369km。

あれ?400km行かなかったや・・・。

なぜか高尾から琵琶湖経由になっていますが・・・


140915a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

お疲れさまでした。

毎度、スケールの大きさにビックリしました。

てっきり、帰りは輪行なのかと......。

距離もそうですが、
走ろうとするルートの発想が尋常ではない、です。

そしてそれを実行しちゃうなんて......。

恐れいりました。

kuroさん、こんにちは。
疲れたら輪行しちゃおうと、輪行袋は持参しておきました^ ^
笹子峠の下りから大垂水峠をちょっと登るとずっと下り基調なので自走出来たんだと思います^^;

こんにちは。

相変わらずブッ飛んでますね(笑)
都内はそういう奴ばっかりなので、精神衛生上良くないと思います^^;
高尾まで輪行して350km走ったらトンでもないとこまで行けて楽しいかもしれませんね。

のりおさん、こんにちは。
都内は夜中も昼間も走りづらいので輪行ワープは有効かもですね。
地図みて直線距離だけ確認すると「なーんだ、これくらいか」と思うことが多いので、順調に距離感は壊れつつあります^^;

No title

お疲れ様でした!何も言えねぇ〜(笑)。千葉から柳沢峠行こうなんて思いませんよ!理解不能です(^^;
この先、ぐりさんがどこまで壊れちゃうか楽しみにしてまーす♪( ̄▽ ̄)

ナイスランです。
連休でちょうど甲府に行ったのですが、
電車でも結構遠かったですよ^^;
奥多摩、面白そうなので自走以外で(笑)いってみたいなーと思います。

にしやんさん、こんにちは。
あまり遠くの地図は見ないようにします^^;っても、この辺りが限界そうなので、これ以上は身体が壊れます^^;

ひろさん、こんにちは。
甲府、電車で行ったら遠く感じるでしょうね。でも自転車なら思いのほかすぐですよ^ ^
奥多摩周辺は走りごたえがあります。紅葉シーズンに是非^ ^

No title

本当にお疲れ様でした。しかし369kmって・・・(^_^;)
てっきり奥多摩まで輪行で柳沢峠に向かうのかと思ってましたが、いやはや、もう自分の世界では想像もできないスケールの大きさに感心するばかりです。
柳沢峠、笹子峠、さらには松姫峠もいつか走ってみたい峠ですが、笹子峠がとても良い雰囲気ですね。無性に行ってみたくなってきました。もちろん輪行でです。(^_^;)

nobsun3さん、こんばんは。
今回登った峠では、笹子峠が一番好きですね^ ^斜度や交通量、距離がちょうどいいです。見晴らしがイマイチなのが惜しいですが。
晴れていれば違う印象なのかな?とかおもいますが。