RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.08
25
朝、起きると快晴。

宿から富士山がクッキリハッキリ見えます。

140820c.jpg


今日は子供たちを御殿場アウトレットに放して、その隙に富士スカイラインをヒルクライムしてきます。
ツイッターでお誘いしてまるおさんもご一緒していただくことになっております。

東富士五胡道路で御殿場にむかいます。
途中、山中湖までは絶好の天気で富士山の姿も見えたのですが、長いトンネルを越えると天気は一変しておりました。
霧に包まれて辺りは真っ白。霧雨も降っています。

これは自転車は無理か?と思うほどの悪天候です。
御殿場に向かうにつれ、霧は晴れてきますが雨は止みません。
御殿場のアウトレットは曇の合間から青空も顔を覗かせていました。
子供たちをおろして、富士スカイラインの入口を目指します。
御殿場付近ではパラパラと雨が落ちていましたが、山に向かうと雨は止み天候も回復してきました。

まるおさんは、御殿場まで輪行してそこから走ってくるという豪脚コース。
どこかで捕獲できるかと車を走らせておりますと、御殿場登山口で会うことができました。
もうこんなところまで来ているとは。約束の時間にこちらが間に合いそうにありません。

集合場所の富士スカイライン入口にぐらだけ降ろして、私は西臼塚駐車場に車を置きに行きます。

西臼塚駐車場から富士山
140820d.jpg


ここから集合場所まで登らなきゃです。
ワッセワッセと登ってゆくと、すでにまるおさんは到着していました。

140820g.jpg


まるおさんのアンカー号
140820e.jpg


ぐらはぐら号。クロスもロードもかわんないとのことです。下りが苦手なぐらなので、ブレーキがかけやすいクロスの方がいいとの判断です。
140820f.jpg


しばし、休憩時間をいただいてスタートします。

富士スカイライン入口
140820h.jpg


ここから13kmの登りが始まります。
しかし、天気も最高!景色も最高!!

富士山がドーン
140820j.jpg


のんびりまったり登りましょう
140820a1.jpg

140820a2.jpg


良い景色をみると写真撮影というミッションで止まります
車もあまり通らず(一般車両規制中)、勾配もそれほどきつくないので平和にジワジワ進みます。

もちろん水分補給も忘れずに
140820a4.jpg


フーフー言いながらも、2合目。
140820k.jpg


トイレはこちらで済ませましょう。この先、5号目までありませんよ。

さて、まだ先は長いのでリスタート。
しばらく行くと、眼下に雲が広がる絶景が目の前に広がっていました。

140820l.jpg


絶景にご満悦のおじさん達
140820n.jpg


3合目も近いぞ!と勇気百倍で再びサドルに跨ります。
しかし、なかなか3合目看板が出てこないのです。

それでも行く手になにやらそれらしきものを発見します。

140820m.jpg


七曲駐車場でした。
ここでお菓子を補給。ベンチに座ってしばしティータイムです。
気圧が高いのでしょう。お菓子の袋がパンパンでした。

そろそろ3合目だろうから、がんばろーと気合を入れなおして、坂を登ります。
しかし、なかなか3合目は来ません。
もう3合目なんてないんじゃないか?と疑い始めた頃、それは唐突に立っていました。

いや、あわててないです・・・ってか、あわてられません
140820o.jpg

ガードレールしかないので、ちょいと休んで出発します。
この頃から雲がかかってくるようになります。
今まで見えていた富士山も、隠れてしまいました。

140820p.jpg


風が吹いていて、雲が風に乗って流れてきます。
雲の中を進んで行きます。
これは上は何も見ないかな?と不安になりながら走って行きます。

やはり4合目も遠かった。
ひたすらペダルを回してたどり着きます。

140820q.jpg


「展望広場はもうすぐ」だそうですが、本当か??

もうこの辺からはゴールはまだか?ということだけ頭の中でループして淡々と進みます。
そして「あと○KM]という看板を心の支えにしてやっとこゴールしました。

5合目からの山頂はやっぱり近いです
140820r.jpg


まるおさんとぐらも力走
140820a6.jpg


5合目で記念撮影
140820s.jpg


とにかく何か食べたいのです。
アイスとかソフトとかお饅頭とか豚串とか・・・。

しかし、なにもありません。
食堂があったので、吸い込まれてゆきます。

メニューは一般的な食堂のそれ。
私は山菜蕎麦をチョイスしました。

値段は高級・味は庶民的
140820t.jpg


まあ、富士山の5合目なんだから致し方なしです。
身体が塩分を欲していたので、蕎麦の出汁が五臓六腑に染み渡ります。
光の速度で完食。ごちそうさまでした。

さて、ここからは下りです。
ぐらは降るも登るも同じスピードなので、これから横浜まで自走するというまるおさんにお付き合いさせるわけには参りません。
なので、この場でぐらとはお別れします。

まるおさんと私はバビューンと下って、スタート地点に舞い戻ってきました。
まるおさんとは、ここでお別れします。本日はお付き合いいただきありがとうございました。またいろんなところをご一緒してください。

まるおさんと別れたあと、私は駐車所まで下ります。
朝はハッキリと見えていた富士山も、今は雲のなかでした。

140820u.jpg


ここで自転車を積んで、ぐらが待つスカイライン入口まで。

本日の走行は、34kmでした。

ここでぐらの一句

「呼ばれたら 登ってみよう 富士の山」

私も一句

「絶景を 鑑賞しながら 富士の道」

ところでこの富士山ライドで、ぐらのクライム熱着火。

山岳賞ジャージを、獲得しました。
140820aaa.jpg

これから、山に目覚める・・・のか??





140820b.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

山岳賞おめでとうございま~す^^
剛脚のぐりさんは置いといてww
ぐらさんのヒルクライムは凄かった~^^
もう坂は怖いものなしですね^^v
また、よろしくお願いします。

まるおさん、こんにちは。
先日はありがとうございました。
御殿場から登ってきて、五合目まで走破するまるおさんこそ豪脚でしょう^ ^私はサラ脚だったので なんとかかんとか^^;
ぐらは山に行きたがっておりますので、またお付き合い下さい^ - ^

こんにちは

4時間ですか!?
頑張りましたねぐらさんまるおさん
でも晴れの富士山なら楽しく苦しく登れたんでしょうねw
富士宮口は売店が貧相なので悲しくなりますよね(笑)
その分中国人が少ないのが好きなんですけどね

KIKUさん、こんにちは。
景色が最高で、疲労も半分くらいは吹っ飛んだかな?
売店は残念ですね^^;ほぼ登山の人で観光客はいない感じでした。甘味が欲しかったです。

No title

富士ライドお疲れ様でした。あざみ+富士イチ、スカイラインと連日の苦ライムさすがです!
ところで、スカイラインてスバルラインと比べてどうですか?9/28のレースで登るのですが、ぶっつけなので(^^;

にしやんさん、こんにちは。
スカイラインとスバルライン。料金所からの印象はあまり変わらないかな??のんびり登ったので、よくわからないです^^;
でも、KOHのスタートって、かなり下からですよね。それ入れるとかなり大変そうですよ。

No title

富士山スカイラインのクライム、お疲れ様でした。天気はまずまずだったようでなによりです。
ぐりさんやまるおさんはともかく、ぐらさん、すごいですね。以前は那須岳にも登ってるし、まさに山岳賞ジャージがピッタリの走りですね。
登りのコツをご教授していただかないといけないですね。(^_^;)

nobsun3さん、こんにちは。
ぐらの登りの極意は「ゆっくり登る」だと思います。景色もよく見えるので、いいかもです^ ^

天気が読み辛そうですが、いい景色ですね〜。
しかし、ロードとクロスの違いも、登りと下りの違いも無い ぐらさんが一番すごい気がします^^;

ひろさん、こんにちは。
この時期限定かどうかわかりませんが、午前な大体晴れて午後から曇るみたいなパターンみたいです。
ぐらはロードもクロスもロード並みに走れるというのではなく、どちらもクロス並みというところが泣けます^^;

No title

こんにちは。

ぐらさん、軽々と登っているようでビックリ!

先日の私のヘタレ具合とは大違いです。

山の天気って、平地とは違って難しいですね。

個人的には、標高が高いところは当分避けて通りたいです。

kuroさん、こんにちは。
単純にゆっくり走っているだけです。ゆっくり走ると疲れないんですよ^ ^
山は天気が読めませんね。あきらめも肝心ですかね^^;