RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.08
14
そんなつもりはなかったのですが、衝動買いでLOOKのペダルを装着することになってしまいました。

鹿野山に行ったときにLOOKペダルをデビューさせたのでインプレなど。
ただし、比較はSPDだし、私自身「違いのわからない男」なので、考慮お願いいたします。
またこの日は風が強かったので、時に向かい風、時に追い風で評価がしにくかったとう悪条件のなかでのインプレです。

感覚的には、SPDとあまり変わらないと感じました。
特に「踏み面が大きい」とか「がっちりペダルをつかんでいる」とかは私には体感できなかったです。
ただし、鹿野山を登ったときに今までないくらい疲労したので、もしかしたらタイムは良かったのかもしれません。普段タイムなんて気にしないから比較できませんが。

クリートの脱着は、着けるときは軽く外すときは重いです。
重いと言っても、SPDのマルチクリートよりはということです。ちょいと力を加えれば外れないということはないです。

LOOKのクリートは痛みやすいというクチコミを見ていたので、あらかじめクリートカバーを用意していました。

140811h.jpg

このクリートカバーは千円しないのですが、ネットで買おうとすると送料が商品代と同じくらいかかってしまいます。
どうにか送料がかからない方法を考えて、リアルあさひの店舗で取り寄せてもらえば商品代だけで買えるとお願いしました。リアルあさひ店舗が我が家から近いので。
しかし、ネットあさひで扱っている商品でも、リアル店舗では扱っていないということで断念。
イオンサイクルテラス・幕張新都心店に在庫があるときいてそちらで購入しました。
やっぱりリアル店舗で買うほうが、現物が見れる安心感と送料という無駄なお金がかからないのでいいですね。まあ、あまり遠くで交通費がかかるなら同じですが。

で、このクリートカバーの威力は絶大ですね。
クリートにはめれば、すべる気がしません。普通に歩けます。
コンビニ休憩もクリートカバーは必須です。

LOOKペダルにして一番困ったのは、クリートキャッチです。

平地や下り坂では問題なく、ちゃんとキャッチできます。
しかし、ちょいっと登り坂信号などで停車した時が困ります。

緩い傾斜ならなんとかいけます。
しかし、ちょいきつい登りで停車してしまうとクリートキャッチの難易度は俄然上がります。
平地・下り坂なら右足で漕ぎ出して惰性で動いている間に左足のクリートをはめればよいのです。が、登りの場合はその惰性の距離が短い、あるいはないのでクリートをさぐる時間がないのです。
いきおいペダルが裏返ったままツルツルのソールの靴でペダルを漕いでしまいます。

結果は火を見るよりも明らか。

ペダルの裏に足を乗せる→ツルツルソールがペダルを捕らえる→ツルッとすべる→脚・脛・ふくらはぎのどこかを強打→立ゴケ

という危険性をはらんでおります。
そう考えると、登り坂の途中の信号停車で脇に自動車が止まっている場面では、一生走り出せません。
実際、何度か坂でクリートキャッチの練習をしましたが、ガクッと脚をすべらすことはもちろん、落車しかけそうになりました。

皆さん、どうやって登り坂からクリートキャッチしているのでしょう???

ここでグーグル先生に聞いてみました。
すると、私が愛読している自転車ブログに解決策があったのです。
シューズの裏側に、ゴムシートを貼り付けるといものでした。

さっそく真似します。
しかし、不器用な男の私がやるといかにも失敗しそうなので、我が家のDIY担当・ぐらにやってもらいます。
我が家では、電気工事も日曜大工もぐらが担当しています。

まず、靴の裏の型紙をとって、ゴムシートを切り出します。
140811c.jpg


切り出したゴムシートに両面テープをびっしり貼ります。
140811d.jpg


接着してできあがり
140811e.jpg


大き目のゴムシートをかったので、予備三兄弟もできました。
140811f.jpg


で、結果はどうだったのかというと・・・・。

3本ローラーで乗った限りですが、ばっちりペダルの裏でも漕げます。
これで、安心して坂の途中でも足つきできますね。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

なんだかSPD-SLの扱い、難しそうですね。クリートカバーというのはその都度履いたり脱いだりするんですか?
また、坂道の途中でのクリートキャッチも難しそうですね。最初はどういう状況かよくわかりませんでしたが、ゴムシートの工作でよく理解できました。

nobsun3さん、こんばんは。
SPD-SLはSPDに比べると扱いづらいですね。クリートカバーは歩くたびに付けています。
坂のクリートキャッチは、ちょっと不安ですね。

No title

踏み込むスタイルではなくて、
クルクル回すスキルが身に付いているぐりさんには、ペダルは関係ないのかな…?

個人的には、楽と感じてますよ~!

kuroさん、こんにちは。
トルク型とケイデンス型では違うでしょうね^ ^まだファーストインプレなので、これからどうなるか自分ても謎です^^;