fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2023.07
25
今日も、モーニングライド。今回は長南方面を攻めてみました。

先週よりちょっと早い4時に出発。
この時間はまだ暗いので、ライトをON。涼しいというより、ちょっと寒い(?)くらい。耳の先が冷えてしまうほどでした。

山倉ダムも日の出前
230724b.jpg


いつものコース。農免道路からウグイスラインで川在より県道13号。
ここからはいつもと違い、県道147号へ抜けます。

朝靄が幻想的
230724c.jpg


朝焼け。今日も暑そう。
230724d.jpg


県道147号を選んだのは、この時期のお楽しみ蓮田です。

230724e.jpg

230724f.jpg


ブンブン蜂が飛び、モーモー牛蛙の合唱。

今日は野見金公園へクライム
230724g.jpg


なぜここまで登ってきたかと言うと。

蔵持ダムへ。

230724h.jpg

230724i.jpg


なかなかの秘境感。ユートピア笠森があった頃にはハイキングコースになっていたのかな??朽ちた東屋が点在していました。
この蔵持ダム、後で知ったのですが心霊スポットだったとか。それを知らなかったのでその場にいたときは「とても静かでいい場所だなあ」なんて思っていましたが、心霊スポットときくと不気味に感じるのはなんなんだかなあ。

田舎を走っているとよく害獣駆除用の檻の罠を見かけますが、今回はじめて捕獲されたものを見ました。

230724j.jpg


柴犬くらいの猪でした。こちらに気づくと尻尾を振ってなにか訴えかけてくる感じで、こうしてみるとかわいいものなのですが、現実には農家さんは被害を受けていますから致し方なしなのでしょう。

国道409に出て牛久から養老川CRで7時ころ帰宅しました。




230724a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2023.07
19
酷暑であります。
連日35度を越える日が続いております。

そんな中でも涼しいとされている場所があります。それは勝浦。なんでも黒潮の影響で気温が上がらないとか。
それは私も体感できるくらい涼しいんです。
というわけで、勝浦をポタリングしてきました。

デポ地を御宿テニス公園駐車場とさせていただきました
230718b.jpg


海岸にある市営駐車場は、7月1日~8月31日まで有料となります。

勝浦は涼しいといいますが、御宿も涼しいんです。
なぜ勝浦だけが涼しいと言われるのかというと、勝浦にアメダスがあって数値化されるからなんだと思います。

御宿の海岸を見下ろす
230718c.jpg


海風が気持ちよかったです。

勝浦の川津港を経てまた国道に戻って、勝浦海中公園方面へ。


尾名浦
230718d.jpg


お腹が空いているので、ランチをとファミリーレストランこだまへむかったのですが・・・。

230718e.jpg


臨時休業ですと!!

仕方がないので、とりあえず鵜原海岸へ。

230718f.jpg


海の家がやっていたので、フランクフルトをひとつ頼みました。

お祭りがあるようです

230718g.jpg

八坂神社へ行ってみました

230718h.jpg

ここには初めて参りました。

この辺りには飲食店がないので、勝浦へ戻ります。

ザーザー麺という謎のメニュがあるひさご食堂へ行ってみますと・・・

230718i.jpg


こういう日もありますね。特に祭日翌日だとありがちです。

というわけで、こちらのお店へ。

たまや
230718j.jpg


勝浦たんたん麺
230718k.jpg


スパイシーカレー チキン&キーマ
230718l.jpg


勝浦たんたん麺はむせるようなこともなく、上品な辛さ。細めんも美味しく玉ねぎの甘さが際立ちました。
スパイシーカレーもいわゆるインドカレーではなく辛さも絶妙で美味しかったです。

食後にかき氷。

港こおり屋 MUGEN
230718m.jpg

230718n.jpg


このあとはデポ地まで戻りました。
やはり御宿~勝浦~鵜原辺りは涼しく、地元に帰ると溶鉱炉の前に立つような暑さにクラクラしました。




230718a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2023.07
18
ジオス号のバーテープが、ボロになってきていまして、

230717m.jpg

230717n.jpg


バーテープを買っていました。

230717o.jpg


不器用な男なので、こういう作業はぐら担当。
私は助手としてがんばりますよ。

で、完成。
よくできました。

230717p.jpg



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2023.07
17
海の日。
災害級の酷暑ときいて、日中のライドは諦めました。

しかし、休みだし晴れだしということで、早朝の涼しい時間帯にちょこっと走ってきました。
そんな時は定番の高滝湖です。

4時半過ぎに出発。
もう明るいです。そして涼しい。

山倉ダム
230717b.jpg


農免通りからいつもの道を。
田んぼで何か飛んでいたので見てみると。

農業散布のラジコンヘリでした。こういうのもドローンにとってかわられるのでしょうね。

230717c.jpg

230717d.jpg


ウグイスラインから原田へ。そして鶴舞方面へ登り返し。
久しぶりにこの道通ったけれど、なかなか山岳。最近、房総では坂を避けたコースを走っているので効きます。

キタローハウスにも寄り道。もうキタローもツリーハウスもないので、何て呼ぶべきか?

230717e.jpg

230717f.jpg


大多喜街道を経由して高滝湖へ。

230717g.jpg


ここからは、上総久保駅から上総川間駅と毎度おなじみのコース。この道楽でいいんです。
上総牛久から養老川CRはいつもの通りですが、ここから光風台方面へ。

鶴峰神社へ。

230717h.jpg


夏参り開催中。

230717i.jpg

230717j.jpg

230717k.jpg


生きた狛犬・こまちゃん。頭なでなでさせてくれました。

230717l.jpg


今日は養老川沿いの道を開拓。
路面は悪いけど、のんびり行くにはいいかも。バイパスの方が時間短縮にはなるけど。

7時過ぎに帰宅。
すでに暑くなってきました。





230717a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2023.07
12
「自走で伊豆イチ」というチャレンジを初めにしたのは、2016年の3月。
この時は、チェーンのオイル切れで伊東の街中で自転車屋を探しまわったり、仁科峠まで登る途中土砂降りにあったりとかあり心折れDNF。
次に挑戦したのは、2017年11月。この時はなんの問題もなく計画通りことは進んでいたのに、前回DNFして泊まった宿に吸い込まれてそこで終了。

その時に、もうロングライドはしないと宣言し、また骨折などもしたのでロングライドは封印していたのですが、ブルベに出る機会があり復活。
自己最長距離のブルベ600kmも経験しているので、放りっぱなしにしていた宿題(走行距離500kmくらい)をかたずけるかと思い立ったわけであります。

このライドのクライマックスは、夕景の西伊豆スカイライン。
振り返ってみれば、最初に挑戦した3月でも二度目の11月でも日の入りが早く、スタートがそもそも遅いということ。今は一年でも一番日の入りが遅いので余裕があるうえに、今回は少し早めに出発することにしました。

午後十時過ぎに出発。
前日から風が強く懸念していました。やはり風は吹いていたのですが、追い風。快調なスタートが切れました。
関東は梅雨明けしていませんが、連日真夏のような暑さ。しかしこの時間なら涼しく快適。都内に入ると風向きが変わって向かい風になるのではと危惧していましたが、風自体が弱まった感じでした。

行徳橋からスカイツリー 23:46
230710b.jpg


スカイツリーもクッキリ。これは雨の心配はなさそう。念のためサドルバックにゲリラ豪雨に備えレインジャケットだけ持ってたけれど。
午前零時ちょうどに今井橋から都内にIN。スカイツリーのライトアップはこの時間に消えるのですね。

新大橋通りから国道15号。

神奈川県へ。六郷橋 1:46
230710c.jpg


横浜から国道1号に入ります。まあ、なにごともなく淡々と進みます。
家を出るまえに、ご飯を軽く食べてきたので、補給は4時頃牛丼でもと考えていたのですが、ずっと休憩なしで疲れてきたので、コンビニに入ります。

ファミリーマート横浜権太坂店 2:58

ホットコーヒー 水 あんぱん 梅おにぎり

カフェインを摂取して、これからくるであろう眠気を防止。ここまで家から持参したゼリー飲料やミニ羊羹は口にしていたけど、やっぱり腰かけて休憩するのとは違います。

国道1号から県道30号へ。だいぶ東の空が明るくなってきました。
国道134号に入ると富士山が見えてきます。富士山はやっぱり雪をかぶっていないとなあ・・・。

朝靄の江の島
230710d.jpg


サザンビーチ
230710e.jpg


大磯港より日の出
230710f.jpg


ここからまた国道1号へ復帰。なんとなくマックが食べたいなと思っていると、マクドナルド・1号線酒匂店の看板を発見。
行ってみると開店は6時からとのこと。6時まではあと30分あります。ここは諦めて小田原で朝食をとることにしました。

小田原 5:41
230710g.jpg


朝食がとれる店はないかと検索。湯河原と熱海にもマックがあることを発見。湯河原まで行くことにしました。
ちょっと前までは、24時間営業のファミレスやらファーストフード店やらがあったのですが、最近は24時間営業はコンビニか牛丼屋かの二択です。

夜の内、風は落ち着いていましたが日が昇るとまた吹いてきました。しかもかなり強めです。
真鶴辺りでは下り坂でも自転車が一瞬進まなくなるほどの風にあおられます。海岸線がうねうねしているので、ずっと向かい風というわけではないのですが、追い風区間と向かい風区間がランダムにきて辛いです。

そして、マクドナルルド・135湯河原店に着くと開店前。
こちらの店は7時から営業ということで、開店まで30分あります。ここまでくると意地になって熱海店へ爆風の中走りだします。

静岡県へ
230710h.jpg


そして熱海へ。熱海のマックは駅前にあるので国道を離れます。

熱海駅
230710i.jpg


マクドナルド・熱海駅前店に、7時開店の5分前に到着。やっと朝食にありつけました。
230710j.jpg


国道135号に復帰します。日差しが強く暑さが増してゆきます。
ドリンクが乏しくなり自販機で補充しようと立ち寄った道の駅。

道の駅・伊東マリンタウン
230710k.jpg


細かいお金がなく、自販機で買えなかったのでコンビニへ。
ここまですべて支払いはSuicaでしていたのですが、ここからもっと田舎になってゆくので現金は必要ですね。

セブンイレブン伊東ベイサイド店 8:49

ゆずサイダー 水 ミニ葛餅 ミニ羊羹

伊東港
230710l.jpg


先に進むにつれ景色にダイナミックさが加わってきます。

230710m.jpg


ただ、ずっと同じような景色とアップダウンの連続。そして風。目の前に坂を迎え、向かい風で自転車があおられたりすると心が徐々に無となってきます。

ちょっと楽しみにしていた伊豆オレンヂセンター
230710n.jpg


飲むと寿命が3年延びるというオレンジジュースを頂く
230710o.jpg


確かにおいしい。けど、のどが渇きすぎて半分くらい一気飲みしてしまいました。

海が青い
230710p.jpg


下田に着いて、お昼にします。

ゆっくり座って食べたかったので、ジョナサン。

ジョナサン下田店 12:27

230710q.jpg


ネコチャンロボで運ばれた龍田チキンを頂く
230710r.jpg


ここからはいつものコースだと石廊崎には回らず、蛇石峠をゆき松崎まででています。しかしgooglemapによれば、婆娑羅峠周りの方が近道らしい。
婆娑羅峠を走ったことがなかったので、今回はそちらを行くことに計画を変更しました。

伊豆急下田駅
230710s.jpg


ここから国道414号、県道15号と繋いで婆娑羅峠へ。
走り出すと房総チックな田舎道です。

230710t.jpg

230710u.jpg


斜度は緩いですが婆娑羅峠までずっと登りでした。
なかなかきつかったです。もちろん海沿いの比ではないですが。

婆娑羅峠
230710v.jpg


脇にあった湧水でリフレッシュ。命の水です。
230710w.jpg


蛇石峠はもっと走っていて楽だったと思ったのですが、データでみてみると走った感想とは別のものでした。
下田から松崎まで、蛇石峠は32km/741m up 婆娑羅峠は26km/464m up でした。
どう考えても婆娑羅峠の方が楽なはずなのですが、私の記憶だと蛇石峠の方が楽な気がしました。違いは、婆娑羅峠は標高は低いものの、ひとこぶです。蛇石峠を使うと、蛇石峠までにこぶがふたつあって脚が休めたのかもしれません。
ただ、時間短縮はできました。ということはやはり婆娑羅峠ほうが楽なのでしょう。

婆娑羅峠をくだって休憩。

セブンイレブン松崎町江奈店 14:25

水 アイス おにぎり どら焼き 羊羹

これからラスボスの仁科峠に向けエナジーチャージしておきます。どら焼きと羊羹は補給食として携帯。

しかし、風が強い。仁科峠に向かうは追い風かもしれないけど、峠は爆風なのでは?と不安です。

そして長い登りが始まります。
230710x.jpg


私は仁科峠を登るのに、きっちり2時間かかります。
そう考えると17時前には登り切れそうです。つまりまだ明るく夕景に間に合いそうです。
しかし山を見るとガスっています。それは標高を上げるにつれ濃くなってゆきました。
マイペースで淡々とペダルを踏み続けて、やっぱり2時間かかってたどり着いた光景はというと。

国道410号との交差点

230710y.jpg


霧が濃いです。懸念していた風はそれほどでもなかったです。

230710z.jpg

230710z2.jpg


真っ白で夕景など期待できません。
基本的には風は感じないですが、風が抜ける場所では爆風。

さて、どうするか考えます。
以前、ナイトライドで濃い霧のなかを走ったことがあります。ライトの光が霧に乱反射してまったく先が見えませんでした。その時も怖かったですが平坦路でした。今回は下りもあり、またいつ突風に襲われるかわかりません。
日没まであと1時間。西伊豆スカイラインから大瀬崎の先まで抜ける予定です。距離は30km/658m upなのでとてもじゃないけど無理なのです。

というわけで、伊豆市方面へ降ります。
半分も降ると霧は晴れて、夕焼けがきれいでした。これを西伊豆スカイラインから見たかったなあ。

予定では、駿河湾沿いに走り沼津の快活クラブで仮眠。復路は函南経由で鷹ノ巣山トンネルをくぐり熱海にぬけて、海沿いを葉山まで。葉山から久里浜にでてフェリーで金谷までゆき帰宅する160km。
しかし、ここまで来てしまったので、沼津の快活より近い三島の快活に変更することにしました。



が、走りながら「もう伊豆イチでもないし、夜中の海沿いを走る(早いフェリーに乗るつもり)だけもつまらない。なんどか走ったことのあるコースだし意味あるか?輪行袋も持ってるし、普通この場面では輪行だよね」という気持ちに傾いてきます。
でも、私は輪行が苦手。しかも帰宅ラッシュ時間帯に当たりそう。満員電車で輪行するのは避けたいところです。
泊まるか輪行かで葛藤します。結論は出ないまま修善寺駅の標識まで来てしまいました。

で、結局のところ。

230710z4.jpg


輪行してしまいました。
「してしまう」というと後悔しているようでもあり、そうでもなかったり、まあどうすべきだったのかは今でもよくわかりません。

幸い、修善寺から三島への電車も空いていて、
230710z5.jpg


三島から東京までの新幹線もガラ空き。
230710z6.jpg


京葉線は混んでるあろうと思いつつも、案外空いていて無事問題なく22時過ぎに帰宅しました。

結局、またDNFというお話でした。

しかし、常々思っていたのですが、ロングライドってどこまでがロングライドなのでしょう?
今回も350kmと160kmの一泊二日のサイクリングなのではないかと。泊まったところでその日は終わり。また次の日のサイクリングが始まるのと違うのかなとか。
ブルベ600のように制限時間が決まっている場合、仮眠をとるとらないにかかわらずロングライド感はあるのですが、その辺りの感覚がどうも微妙な気がしています。まあ、ブルベ600も5時間仮眠したとかいう一泊二日サイクリング的な速い人もいますが。

もう伊豆イチをすることはないでしょう。そして、私のなかでのロングライドは400kmまでとします。





230710a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2023.07
04
Category : 動画
撮影も編集もメンドーなので、ずーと動画は撮っていなかったのですが、まあせっかくのハワイだしということで、とりあえず撮影してみました。
案の定うまく撮れていません。でも、個人的な記憶の補佐役としてアップしてみました。
まったく映えておりませんので、ご了承を。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2023.07
03
ちょこっと朝練。
旅行疲れもあって、自転車乗らなくていいかなとも思ったのですが、乗らないなら乗らないで後悔しそう。なのでちょこっとだけ走ってきました。

6時出発。
この時間はまだ涼しいですね。

向うは高滝湖。
定番コース。

山倉ダム
230626bb.jpg


ここから農免道路で光風台へ。

鶴峯八幡宮

230626cc.jpg


好きな神社。最近はやりの映えスポットも意識しているようです。

230626dd.jpg


養老川CRに戻って、牛久へ。
川間駅をすり抜けて、高滝湖。

高滝湖

230626ee.jpg


今回は県道186号~県道189号を経て戻ります。

あじさいとお馬さん

230626ff.jpg



この辺りはちょいと山岳。

西国吉から帰りますが、地図に「あじさい公園」とあったので寄り道してみます。

あじさい公園

230626gg.jpg


公園の全景

230626hh.jpg


たぶん日本で一番あじさいがない「あじさい公園」

あじさいは10株もないかも。

一番咲いてる個所がこれ。

230626i.jpg

230626j.jpg


わざわざ来たけど、ご近所のお庭のあじさいのほうが立派なくらいでした。

光風台からバイパスを使って8時半に帰宅。
朝のうちは涼しくて、身体を動かすと気持ちよかったです。





230626kk.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2023.07
01
スワンジー・ビーチパークから折返す。

その前にランチタイム。

スワンジー・ビーチパークの前にセブンイレブンがある。
ランチはそこで調達した。ハワイまで来てコンビニ飯である。

7-Eleven Kaaawa

ゲーターレード・レモン マンゴージュース スパムおにぎり($1.85)、ブリトー($4.59)、サンドウイッチ($3.99)

230629z2.jpg


これだけ買って、だいたい$18くらいだったかと。つまり日本円で2500円ちょい。
ハワイの物価は、インフレと円安のダブルパンチで感覚的に日本の倍。
小さく折りたためるリュックにそれらを詰めてランチスポットまで走る。

ハワイでのライドで困るのは、補給。日本なら自販機はだいたいどこにでもあるし(例外あり)、コンビニもある、スーパーもある。
ハワイには自販機がない。自販機自体はあるにはあるが、ホテルの中とかで外にはない。店自体も少ない。ワイキキなど街中ならいくつもあるけれど、街を離れると極端に減るし営業時間も限られている。
今回、私は補給食として羊羹とゼリー飲料を持参して道々補給してきた。

困るかなと思っていたトイレ。ライド中はそこいらに公園のトイレがあって助かった。ただし自転車はトイレに持ち込んだ。
地味に便利なのは、ごみ箱がTheBusの停留所や公園内にあること。最近の日本だとライド中にゴミ箱がなくて苦労することがある。

ハワイではどんなぼろい自転車でも(っていうかぼろい自転車しか駐輪しているのをみない)路上に駐輪している場合、厳重にカギをかけてある。
私も念のため太めのワイヤーロックを2つ持ってきた。そのために大型サドルバックを付けてきた。そこまで用心したのはyoutubeでハワイに自転車を持ち込んだ初日に盗難されたという動画を見たからだけど、それは大袈裟ではないようだ。


ちなみにワイキキではこのような自転車のオブジェのようなものに駐輪する。ここにU字ロックなどで固定するのだ。それ以外の場所に(たとえば電柱みたいなもの)に自転車を括り付けておくと駐車違反で捕まるというネットの情報を得ていた。しかしワイキキを離れるとこのような駐輪オブジェは見られず、普通に電柱みたいなものに皆駐輪していた。

230629z4.jpg


カメハメハ・ハイウエイ沿いの海岸でランチ。

絵葉書の中のような絶景でコンビニ飯をいただく。

230629z3.jpg

230629z5.jpg


気温は高いと思われるが、日影に入ると涼しい。湿度も低いので走っていれば快適だ。
カハウル湖辺りから、往路のコースを離れ海沿いへ。
カハルウ辺りはさらにのどかな海岸沿いの道でとても気に入った。

クアロナとチャイニーズマンハットを望む

230629z6.jpg


ヘエイア州立公園

230629z7.jpg


とても素敵な景色が広がっていた。

230629z8.jpg


ここから少しずつ街中に入ってゆき、パリハイウエイへ。
パリハイウエイは登っていて、8.1kmで平均勾配は3%,最高勾配は7%ということで、まあ普通の坂って感じ。

途中で良い景色

230629z9.jpg


ヌウアヌパリ展望台に行きたかったのだが、迷いに迷った。
一方通行のトンネルの中の歩道を押し歩いたりしたけど結局かなり先まで行って折り返さないと行けなかった。
そこはパリハイウエイができる前に使われていた旧道・オールドパリ。

230629z10.jpg


その先にあったヌウアヌパリ展望台。

230629z11.jpg

230629z12.jpg

230629z13.jpg


いつも風が強いとあったが、この日はそうでもなかったかな。

ここから降ってゆくと、街中へ入ってゆく。ちょうど3車線の道路を1車線に規制する工事をしていたので大渋滞。

ちょこっと道を逸れて、ハワイ大神宮へ。伊勢神宮の分社だそう。

230629z14.jpg


手水舎は水道

230629z15.jpg


お賽銭はセントで。

230629z16.jpg


ここからタンタラスの丘へ向かうのだけど、もうドリンクボトルが空なんだ。
丘なのでヒルクライムするのだけど、水がないのでかなりつらい。街中に入ったとはいえ商店らしきものはなし。もちろん自販機もないので、我慢。
もうずっと登って景色が開けてくる。喉の渇きは誤魔化しきれない。
途中、展望スポットがある。もうここで折り返すことにする。なんでもこの展望スポットからの眺めはタンタラスの丘展望台より良いという口コミをみていたから。
 
230629z17.jpg

230629z18.jpg


気持ちは、一刻も早くホテルに戻りビールを一気飲みしたいということだけ。
丘を降ってホテルに向かう。途中にセブンがあったけど、またカギをかけたりサイコンをしまったりという作業が面倒でスルー。もうここまで来たらホテルも近いし。

ということで、無事ホテルに到着。

230629z19.jpg


冷蔵庫を開けて、プシュッとプルタブをひねり黄金の水を喉に流し込む。最高!!
シャワーを浴びて、ラナイでもう一本。

ハワイ・オアフ島を自転車で走ってみた。
美しいビーチ、様々な青い海の色、緑濃い高い山、広い空。まさに自然の醍醐味を肌で感じられるすばらしいコースだった。
自転車道路が整備されていたり、乱暴な車もいないので安心して走ることができた。GPSサイコンやスマホMPAがある現代では、海外で自転車を走ることもそういったデバイスがない時代から比べれば格段にハードルが低くなったことだろう。
ただし、比較的安全なハワイという場所柄ゆえのことなのかもしれない。自転車の盗難のリスクや夜間の危険度などは日本とは違うことを感じざるを得なかった。

ほいほいと海外ツーリングや飛行機輪行などできはしないだろう。今回の旅は人生においても自転車歴としても貴重なものとなったことは確かである。



230629z1.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村